2020年11月21日

TrueNAS のハードディスク交換手順

FreeNAS のハードディスク交換手順 11.3-U4.1版の焼き直しになります。

truenas_120_disk_replace_01.png

TrueNAS のテストをしているマシンで、ディスクに回復不能セクタが出始めました。
ちょうどいいディスクがないので、しばらく放置している間に、回復不能セクタ数が増えています。

画像では /dev/ada0 のディスクのようです。


truenas_120_disk_replace_02.png

Storage > Disks
より、対象のデバイスのシリアルナンバーを確認します。

続きを読む » "TrueNAS のハードディスク交換手順"

2020年11月18日

TrueNAS 12.0 用のハードウェアを考えてみる

TrueNAS 12.0 を利用して新規にNASを構成するために、どのようなハードウェアを選ぶか。
中古のパソコンなどを転用するようなベースがある場合を別として、

FreeNAS 11.3がリリースされた時に公開されたFreeNAS Hardware Guide(部分的に日本語訳したFreeNASハードウェアガイド)や、
TrueNAS 12.0 のハードウェア要件

などを考慮して家庭用で構成するとしたら…と考えてみたものです。
この構成で運用している訳ではないのであしからず。

続きを読む » "TrueNAS 12.0 用のハードウェアを考えてみる"

2020年11月17日

TrueNAS の SMB を ACL Manager で説明してみる

TrueNAS になって画面が若干変わったので
FreeNAS の SMB を 11.3 の ACL Manager で説明してみるの焼き直しです。

Dataset を作成するときに、SMB用にすると、ACLが適用されます。

Windows パソコンのために SMB 共有フォルダの ACL を設定する方法について考えてみます。


続きを読む » "TrueNAS の SMB を ACL Manager で説明してみる"

2020年11月15日

Ryzen 3 3200G + ASRock A320M-ITX に NVMe SSD を搭載する

IMG_0361.jpg

Ryzen 3 3200G + ASRock A320M-ITX でマシンを組む

で組んだあと、

Ryzen 5 3400G + ASRock A320M-ITX でマシンを組む

Ryzne 5 3400G + Fatal1ty B450 Gaming-ITX/ac
でウッカリRyzen 5が2台になっちゃって追い出された状態でしたが、
Windows 10 20H2 が来たのでテストする機体が欲しいなあ、と思ったところ、
SATA SSDだと、UltraFast Bootが設定できないことに気がついたので、
NVMe SSDをポチって、クリーンインストールし直した。


シリコンパワー SSD 512GB 3D TLC NAND M.2 2280 PCIe3.0×4 NVMe1.3 P34A80シリーズ 5年保証 SP512GBP34A80M28

SSDは値段の割には性能が出てる気がするシリコンパワー製。
Samsung 970 EVO Plus も1個持ってるけど、体感的にはあまり違いが分からない。


Samsung 970 EVO Plus 500GB PCIe (最大転送速度 3,500MB/秒) NVMe M.2 (2280) 内蔵 SSD MZ-V7S500B/EC 国内正規保証品


続きを読む » "Ryzen 3 3200G + ASRock A320M-ITX に NVMe SSD を搭載する"

TrueNAS に SSD を搭載する

FreeNASでは、USBメモリをブートデバイスにして、ハードディスクで共有用のストレージを構築する構成において、キャッシュやログ用にSSDを追加する、というアイデアを試したがる人が多く感じられました。(試してどうなったのかあまり見ないので効果のほどはわかりませんが、文献や理論的には、相当負荷の高い運用で、メモリ増設もできる限りやりきった場合の手法だと思っていました。また現在の1000BASE-TX程度のネットワークはネットワーク速度こそがボトルネックなので、ある程度以上は結局効果がないはずです)

TrueNAS 12.0 がリリースされて(厳密には FreeNAS 11.3 のリリースの頃から)、
ブートデバイスにはUSBメモリではなくSSDを使うべき
という論調になってきているため、

ある意味これも、TrueNAS に SSD を搭載する、ということだな、と思いました。

なお、
TrueNASのブートデバイス(システムデバイス)は共有フォルダを作成する為の領域には使えないので、あまり莫大な容量があっても仕方ないですが、
最低限8GB、できれば16GB以上のほかに、64GB以上あると、16GBのスワップもとることができるようなので、ほどほどの容量のSSDを使うのがいいでしょう。

TrueNAS 12.0 のハードウェア要件

アーカイブ

最近のコメント

Android スマホを小型モバイルモニターにする
└ 通りすがりのお礼 (2020.08.19)
└ きりしま (2020.08.19)
FreeNAS 9.3 に PlexMediaServer をインストール
└ にこたん (2016.09.07)
└ Kirishima (2016.09.13)
└ れんりる (2020.06.06)
└ きりしま (2020.06.07)
FreeNAS 11.2 のインストール
└ れんりる (2020.06.05)
FreeNAS 11.3 へのアップデート
└ もっくん (2020.04.05)
Radeon X1250 に Windows 10 用のドライバがない
└ 中級者 やす (2019.01.29)
ドアホンの子機の電源が入らない
└ Kirishima (2016.02.01)
└ ぽんた (2016.12.22)
└ 通りすがり (2017.06.24)
└ Kirishima (2017.06.27)
└ 名無し (2018.04.22)
Lepy LP-2024A+ (TAA2008搭載) を改造する
└ 通りすがり (2017.11.16)
└ Kirishima (2017.11.17)
└ 通りすがり (2017.11.17)
FreeNAS でブートデバイスをミラー
└ 岩崎 (2017.03.31)
└ Kirishima (2017.03.31)
└ 岩崎 (2017.04.27)
└ Kirishima (2017.04.28)
MicroServer に 5台目のハードディスクを搭載するために
└ 毎目 (2017.03.19)
└ Kirishima (2017.03.20)
YOGA BOOK が届いた
└ sapo (2016.12.16)
└ Kirishima (2017.02.01)
Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁.COM