FreeNAS 11.2-U2.1のインストール用USBメモリを作成する

FreeNASのISOファイルをダウンロードしてくる

https://www.freenas.org/
から
DOWNLOAD→
No thank you, send me to the Download page please.→
希望するバージョンの Download


https://download.freenas.org/
から入手する。

11.2-U2.1は
https://download.freenas.org/11.2/STABLE/U2.1/x64/
にある
FreeNAS-11.2-U2.1.iso
(約600MB)
でもいい。
(こっちなら過去の特定のバージョンのISOファイルも入手可能。)

これをUSBメモリに書き込んで利用する。
(プラスチックゴミをいとわないならCD-Rとかに焼くのもアリ)


USBメモリに書き込むには、
Win32 Disk Imager
を使う。
このソフトの使い方自体は特殊なものではないので、
インストールして起動して、イメージファイルを参照して(その際「すべてのファイル」にしないとISOファイルが見えない)、
USBメモリが装着されたドライブを転送先に指定して、
「Write」
で終わるまで見守るだけ。

できあがったら、
BIOSやUEFIでUSBメモリからブートしてインストールする。

FreeNAS 11.2 のインストール

なお、9.2.1.9以前だと、
.img.xz っていうファイルを7zで展開して書き込むと、そのまま起動ディスクになります。
FreeNAS 9.2.1 Release on hp MicroServer N54L


なお、インスートルが終わったUSBメモリは、
FreeNAS のインストール用にしたUSBメモリを再利用する
で元通りUSBメモリとして再利用したり、
FreeNAS でブートデバイスをミラー
でブートデバイスのミラーに利用したりしてもいいでしょう。


TrueNAS 版は Rufus で作成してみました。

TrueNAS のインストールUSBを Rufus で作成する

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2019年03月16日 23:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「FreeNAS 11.2-U2.1 へのアップデート」です。

次の投稿は「20Wサークライン型のLEDランプを買ってみた」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM