TrueNAS のインストールUSBを Rufus で作成する

久しぶりに新しい物理マシンに TrueNAS をインストールするために、 TrueNAS のインストール用USBメモリを作成する必要があったので、

今回は
Rufus を使用して、 TrueNAS をインストールするUSBメモリを作成してみました。


Rufus のダウンロード

Rufus

ダウンロードのところから

今回は
Rufus 3.15 (1.1MB)

広告が表示されるので閉じる

rufus-3.15.exe

がダウンロードされるので、適当なフォルダに保存します。


TrueNAS CORE の ISOイメージのダウンロード

TrueNAS

Download

No Thank you, I have already signed up.

Download Now

TrueNAS-12.0-U5.1.iso

かダウンロードされますので、適当なフォルダに保存します。

TrueNAS CORE の ISOイメージのUSBメモリへの書き込み

インストールメディアにしたいUSBメモリを装着して、

ダウンロードした

rufus-3.15.exe

をダブルクリックします。

rufus_01.PNG

アップデートの自動確認機能はお好みで。

rufus_02.PNG

「選択」より TrueNAS CORE の ISOイメージを選択します。

rufus_03.PNG

DD イメージモードでの書き込みが適用されるらしいです。 OK

rufus_04.PNG

準備完了となったら「スタート」

rufus_05.PNG

選択したデバイスは消去される確認メッセージ。 OK


rufus_06.PNG

あとは、しばらく待つと状態のところの緑のプログレスバーが右端に到達して書き込み完了となります。

なお、起動用のUSBメモリですが、
USB 2.0 はあまり種類を選ばないですが、
USB 3.0 の場合は、Windows からしか認識されないモデルがあり、これで作成してもブートできないことがあります。


【 サンディスク 正規品 】5年保証 USBメモリ 32GB USB 2.0 超小型 SanDisk Cruzer Fit SDCZ33-032G-JA57

あまり速くないですが、SanDisk Cruzer Fit が小型で安定して使えて、後継モデルの SanDisk Ultra Fit よりシステムを選ばないので重宝しています。
Ultra Fit はプラスチックのパッケージのくせにかなり熱くなるんですよね。

また、
システムがBIOSかUSBか、
対象のマシンのUSB 3.0ポートかUSB 2.0ポートかによっても違うようです。

TrueNAS公式動画では、
balena Ethcher というツールを使用しています。

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2021年08月29日 18:04に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「TrueNAS 12.0-U5.1 がリリースされました」です。

次の投稿は「ProDesk 600 G3 SFF に NVMe M.2 SSD を搭載する」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM