TrueNAS 12.0-U7 がリリースされました

1つ前のバージョン TrueNAS 12.0-U6.1 がリリースされました

CPU温度がレポートで表示されない
ブート時にZFSプールをロードできず、ブートループに陥る
は体験しました。
ブートループはシステムドライブを再セットアップして、CONFIGファイルを読み込んで復旧。(TrueNAS のブート用デバイスを交換する(環境のバックアップとリストア)

新規インストールはTrueNAS 12.0 のインストール
アップデート手順はTrueNAS 12.0 へのアップデートあたり参考に。

マニュアルアップデート用のファイル TrueNAS-12.0-U7-manual-update.tar はhttps://download.freenas.org/から
12.0>STABLE>U7 にあるみたいです。

(12未満の)以前のFreeNASからアップデートする際は、「まず11.3-U5にアップデートしてから」アップデートするように書かれています。

12.0-U7

5分で読めます。

TrueNAS品質ライフサイクル

表は割愛。
TrueNAS 12.0-U2 がリリースされましたを参照してください)

2021年12月8日

TrueNAS 12.0-U7がリリースされ、多数の修正、たくさんの(dozen)の改善、およびいくつかのプラットフォームの強化が含まれています。これらには以下が含まれます:

  • OpenZFS 2.0.6
  • 様々なSMBオプションを用いた、より広範なSMB回帰テストを実施
  • 大規模なドライブ数に対するUIとミドルウェアのパフォーマンスの継続的な改善
  • ダッシュボードのCPU温度レポートの修正
  • MシリーズおよびRシリーズの多数のウェブUIの改善

システムにFreeNASがインストールされている場合は、最初にFreeNAS 11.3-U5にアップデートまたはアップグレードしてから、その後ロールバックオプションを保持するためにワンクリックでTrueNAS 12.0-U7にアップグレードすることをお勧めします。これはウェブで簡単に更新できますが、システムの zpool 機能フラグの更新は、パフォーマンスと機能の検証が終わるまで待つことをお勧めします。

TrueNAS HAシステムとサポート契約をお持ちの方は、iXsystemsサポートに連絡してアップグレードの予定を立てることをお勧めします。iXsystems では、サポート契約に付随する「ホワイトグローブ」サービスの一環として、システムの健全性や構成を確認し、アップグレード作業をサポートします。

iXsystemsサポートへの連絡先は割愛

今日アップグレードしなくても、更新されたTrueNASドキュメントをチェックしてください。これまでに寄せられたすべての貢献に非常に感謝しており、今後さらに多くのユーザーの提案を奨励しています。


TrueNAS12.0-U7変更ログ

セキュリティパッチ

改善

  • NAS-111801 ] -asigraプラグインをasigraが提供する最新バージョンにアップグレードします
  • NAS-112436 ]-クラウド同期エラーダイアログテキストをモノタイプにし、複数行のエラーテキストをサポートする
  • NAS-112627 ] -DiskStatsはスケーリングしません
  • NAS-112668 ]-大規模システムでのenc_daemonCPU使用率
  • NAS-112678 ]-大規模システムでのkern.conf.geomxmlCPU時間
  • NAS-112679 ] -bsd / diskモジュールとget_size_in_bytes関数を追加します
  • NAS-112681 ] -COREのミドルウェアでpy-bsd / diskモジュールを使用します
  • NAS-112691 ] -get_ident_with_ *メソッドをbsd / diskモジュールに追加します
  • NAS-112692 ] -device.get_disk(s)を最適化する
  • NAS-112698 ] -list_partitionsとgptid_from_part_typeを最適化します
  • NAS-112699 ] -pool.get_disksが非常に遅い
  • NAS-112726 ]-コア:zfs-2.0.6をマージ
  • NAS-113219 ]-エンクロージャUIは、ディスクモデルなどのディスクの詳細を提供する必要があります

バグ

  • NAS-108783 ]-プールのインポート後にクラッシュして再起動する
  • NAS-109711 ] -zvolの作成エラー処理を改善
  • NAS-110483 ]-インターフェースが、読み取り専用のデータセットに子データセットを作成できる
  • NAS-111409 ]-ACLマネージャに最初の7つのカスタムグループのみが表示される
  • NAS-112290 ]-最近ブートドライブを変更した場合、ネットワーク統計が表示されなくなる。
  • NAS-112351 ]-エラー:「Disk 103369891386576613 is FAULTED" - 103369891386576613とは何ですか?
  • NAS-112357 ] -smart.test.disk_choicesは、スマートテストをサポートしていないディスクを返します
  • NAS-112397 ] -Microsoft Onedriveを使用したクラウド同期タスク中のPythonスクリプトの失敗、エラー:「InvalidAuthenticationToken:RPSを初期化できません」
  • NAS-112425 ]-タスクが無効になっている場合、クラウド同期タスクは「次の実行」時間ではなく「無効」と表示されるべきです。
  • NAS-112471 ] -PoolDatasetServiceの__common_validation()はCOREでは壊れています。
  • NAS-112516 ] -SMBDコアダンプ
  • NAS-112577 ] -hook_setup_ha の無限ループ
  • NAS-112709 ] -12.0-U6でシステム/サポートページが壊れている
  • NAS-112711 ]-データセットパスワードのプロンプトを解除すると、再び保存されたUIパスワードを更新するようにChromeが誘導される。
  • NAS-112728 ] -U5.1-> U6の後にAD / SMBが失敗する
  • NAS-112733 ] -webUIダッシュボードがpool.get_disksを呼び出しています
  • NAS-112744 ] -12.0-U5.1 -> U6からのアップデート後、ログインごとに「Looking for help」ポップアップ画面が表示される
  • NAS-112790 ] -NFSサービスは、選択されていない場合も、再起動時に自動的に開始されることがある。
  • NAS-112819 ]-レポートUIとAPIでCPU温度レポートが壊れています
  • NAS-112920 ]-無関係なエラーに対して「レポートデータベースが壊れています」というメッセージが表示されます
  • NAS-112973 ]-ブート時にZFSプールをロードできず、ブートループに陥る。
  • NAS-113000 ] -idmap_rfc2307フォームが無効なペイロードを送信します
  • NAS-113090 ]-時間が追跡されない場合、バグクラークはチケットを閉じません
  • NAS-113157 ]-クロスリネームとリサイクルの順序を修正しました。
  • NAS-113174 ] -komodo NVDIMMでのixnvdimmファームウェアアップデートの修正
  • NAS-113177 ]-コアの環境ファイルを修正しました。
  • NAS-113198 ] -FreeBSD EN-21:27-29をマージします
  • NAS-113310 ]-コアのダンプにミドルウェアを追加
  • NAS-113251 ]-不安定なNISドメインを回避する
  • NAS-113325 ] -OneDriveの問題を回避するためにrcloneを更新します
  • NAS-113326 ] -12.0-U6.1でwidelinks = yesが壊れている。
  • NAS-113336 ] -TrueNAS-12.0-U6.1へのアップデート後にSambaパニックが発生する。
  • NAS-113352 ] -HAシステムでSEDディスクがアンロックされていることを確認する
  • NAS-113353 ] -WebUIでは末尾にスペース" "を持つプールを許可するが、フェイルオーバーではそれをインポートしない。
  • NAS-113381 ] -beadm は BE/nicknames を正しく解析せず(".1 "と"-1 "を混同)、アップグレードを中断することがあります。
  • NAS-113389 ] -beadmのポートビルドを修正しました。
  • NAS-113413 ] -ライセンス警告に R50B モデルを追加しました。
  • NAS-113460 ] -LDAPプラグインでのnsswitchの生成順序を変更。
  • NAS-113466 ] -サービス開始時にLDAPサービスの状態を管理する
  • NAS-113514 ] -コアファイルが見つかる

既知の問題点

(今までと変わってないと思います)
キー 概要 回避策
Asigraプラグインのアップグレード

バージョン14.2.0.2以前を実行しているAsigraユーザーは、プラグインを新しいバージョンにアップデートするために TrueNAS CLIアップグレード手順が必要です。TrueNASウェブインターフェースで、**Shell** を開き、iocage upgrade asigra-plugin-name と入力してください。asigra-plugin-name は、プラグイン用に作成された一意の名前に置き換えてください。

NAS-106992 永続L2ARCはデフォルトで無効になっています。 根本的な問題は修正されていますが、パフォーマンスをさらに調査するために、この設定はデフォルトで引き続き無効になっています。永続的な L2ARC を手動で再アクティブ化するには、TrueNAS Web インターフェイスにログインし、System > Tunables に移動して、次の値で新しい調整可能項目を追加します。
  • Type = sysctl
  • Variable = vfs.zfs.l2arc.rebuild_enabled
  • Value = 1
TrueNAS の「root」ユーザーアカウントは、SMB ユーザーにはなれません。 これは、ソフトウェアのセキュリティを向上させ、さまざまな環境での展開に適したものにするための意図的な変更です。SMB 設定を更新して、別のユーザーアカウントを使用してください。

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2021年12月11日 09:46に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「TrueNAS Looking for help? (何かお困りですか?)」です。

次の投稿は「新入社員に支給するパソコンに求めるスペック(非IT系) 2022」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM