Xiaomi Redmi Note 10 Pro を買った

Xiaomi Redmi Note 3 Pro

Xiaomi Redmi Note 7 Pro
ときてまた、
XiaomiのRedmi Note Pro(笑)。
数字的には
3→7→10

今回は、OCNモバイルのミュージックカウントフリーオプションがYouTube Musicだと効かないのに対し、BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションなら対応しているので、そろそろ乗り換えついでに同時に契約したら安くなるスマホでもつけようか、と思ったところ、
BIGLOBEモバイルの手続きが面倒臭くて、スマホだけ買ってきたという本末転倒っぷり。

IMG_0885.jpg



Redmi Note 7 Pro はグローバル版がなく、中国・インド向けなので、日本語化するのにMorelocale2を使ったりとかする必要があり、地域に日本が選べない、UIの漢字フォントが中華フォント(一部の字体が異なる)みたいなことはあるもののまあまあ快適に使ってはいましたが、ウマ娘がヘビーアプリ過ぎる(笑)。

それに比べると、ちゃんと日本語フォントになってて、
カメラも小さいながらシャッター音がして、サイレント設定がない。
(地域を日本以外にするとサイレント設定が出てくる)
設定>追加設定>地域
(Redmi Note 7 Pro で日本が選べなかったのであまり抵抗感ない)
設定>アプリ>システムアプリ設定>カメラ>一般設定内に「シャッター音」が出てくる

画面が一回りデカい。

リフレッシュレートはデフォルトでは60Hzになってて、120Hzはわざわざ設定変更が必要。
設定>ディスプレイ>リフレッシュレート 60Hz

OCNモバイルは「2019年11月20日以降に「新コース」をご契約された場合」でない場合は自動で出てくるAPNじゃだめ。(きりしまは「新コース以外」だった)

「新コース以外」のAPN lte-d.ocn.ne.jp

インターネット接続設定|Android 10|スマホ・タブレット|OCN モバイル ONE|OCN | NTT Com お客さまサポート

IMG_0886.jpg

Androidはバックアップして復元、というわけにはいかないので、
Redmi Note 7 Pro と並べて、使ってるアプリをインストールしては、必要なのはログインし直したり、初期設定しなおしたりする。

Googleアプリが移行を手伝ってくれるっぽい雰囲気だったけど、「何が?」って位効果を感じない。
結局ほとんどイチからって感じ。


コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2021年06月12日 18:35に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「TrueNAS 12.0-U4 がリリースされました」です。

次の投稿は「ツイン液晶電卓 MV-220W」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM