TrueNAS 12.0-U4 がリリースされました

1つ前のバージョン TrueNAS 12.0-U3.1 がリリースされました

マニュアルアップデート用のファイルはhttps://download.freenas.org/から
12.0>STABLE>U4にあるみたいです。

12.0-U4

9分で読めます

最終更新日 2021-06-01 14:12 EDT

TrueNAS品質ライフサイクル

表は割愛。
TrueNAS 12.0-U2 がリリースされましたを参照してください)

2021年6月1日

本日リリースされたTrueNAS 12.0-U4は、品質向上の道をさらに一歩進めたものです。TrueNAS 12.0-U3.1は、TrueNASファミリーの中で過去最高の品質を誇るリリースであり、現在最も広く展開されているバージョンのソフトウェアであり、多くのミッションクリティカルな企業の展開に適用されています。TrueNAS 12.0-U4は、この基盤の上に構築されており、保守的なユーザーに適しています。

TrueNAS 12.0は、FreeNASとTrueNASを統一されたソフトウェアイメージに公式に統合したもので、機能性能の改善が数多く盛り込まれています。TrueNAS 12.0-U2では、ほぼすべての重要なバグが解決されています。TrueNAS 12.0では、OpenZFS 2.0が、ラボ環境とユーザー環境の両方で、以前のバージョンのZFSよりも優れた性能を発揮しており、大規模なデプロイメントではさらに堅牢であることが証明されています。

TrueNAS 12.0は、半年あまりで管理しているデータが1エクサバイト(EiB)に達しました。FreeNAS 11.3のインストールベースの半数以上がすでにTrueNAS COREに移行しており、12.0-U4ではそのプロセスがさらに魅力的でわかりやすいものになっています。この移行を可能にしてくれたコミュニティに感謝しています。

TrueNAS 12.0 をリリースする際に、TrueNAS CORE および Enterprise のリリースのための新しいライフサイクルモデルを作成しました。TrueNAS 12.0のリリースの歴史を振り返ってみましょう。

  • TrueNAS 12.0 RELEASEは、2020年10月20日に公開され、OpenZFS 2.0のサポートとともに多くの新機能が搭載されました。

  • TrueNAS 12.0-U1は、12月にリリースされ、最も重要なバグを解決し、Fusionプールやより効率的なスクラビングとリシルバリングなどのいくつかの新機能を有効にしました。

  • TrueNAS 12.0-U2は、2月にリリースされ、多くのバグフィックスといくつかのマイナーな機能が含まれています。12.0-U2.1へのマイナーアップデートでは、ユーザーに見られるいくつかのアラートを軽減しました。

  • TrueNAS 12.0-U3 は 2021 年 4 月 13 日にリリースされ、多くのバグ修正といくつかのマイナーな機能が含まれています。このリリースは、ミッションクリティカルなユーザーに推奨されています。TrueNAS 12.0-U3.1 は、セキュリティアップデートのために提供されました。
  • TrueNAS 12.0-U4は、2021年6月1日に正式にリリースされ、いくつかのバグ修正と堅牢性の向上が含まれています。変更点やバグの全リストは、TrueNAS Jiraのバグトラッカーにアカウントをお持ちの方はご覧いただけます。

TrueNAS 12.0-U4 で解決された問題:

  • 12.0-U4の詳細なセキュリティスキャンは、TrueNAS Securityサイトでもご覧いただけます。
  • 18件の改善と81件のバグフィックスが含まれています。
  • Python のアップグレードといくつかの改善により、メモリリークとコアミドルウェアプロセスのクラッシュの確率が減少しました。この問題はまれにしか発生せず、進行中のデータサービスには影響せず、再現が難しいことがわかっています。
  • 小規模なシステムと高性能なシステムの両方に対するOpenZFSの改善。CPU負荷が高い状態でのスクラブのパフォーマンスがより確実になりました。
  • OpenVPN、Samba、およびその他様々なポートのセキュリティアップデート。
  • レプリケーションのWebUIを改善し、プロセスを簡素化してミスを防ぎます。
  • Minio(S3ターゲット)を、APIv3のサポートを含む最新バージョンに更新しました。
  • ページごとに多くのジェイルが表示されることを含む、ウェブUIとレポートに関するマイナーな問題。
  • Realtek RTL8125/RTL8111イーサネットデバイス(2.5GBase-T)用の新しいドライバーをサポートしました。

企業のお客様は、お使いのTrueNASシステムのアップグレードについて、iXサポートにお問い合わせください。

今日アップグレードしない場合でも、新しい TrueNAS のドキュメントをご覧ください。これまでにいただいたご意見に感謝するとともに、今後もユーザーの皆様からのご提案をお待ちしています。


TrueNAS 12.0-U4 の変更ログ

改善

  • NAS-105205 ] - 複製先データセットリストのソート順
  • NAS-105480 ] - WebUIで画面が有効に使われていない (Jails list)
  • NAS-108091 ] - Realtek RTL8125/RTL 8111 のサポート
  • NAS-109450 ] - エンクロージャのUIは、ディスクの状態変化を検出するために更新を必要としない
  • NAS-109955 ] - AD 参加の進行状況をエンドユーザーにとってより明確にする
  • NAS-110029 ] - 一意のシステム ハッシュを取得するための公開 API エンドポイントを作成します
  • NAS-110054 ] - Huskyおよびeslintのインストール
  • NAS-110107 ] - TRUENAS-R20Aのダッシュボードとエンクロージャ管理のサポートを追加
  • NAS-110117 ] - Jiraチケットが作成されたらPRにリンクする
  • NAS-110134 ] - ダッシュボード上のエンクロージャ管理へのリンク
  • NAS-110177 ] - 非侵襲的なリンター ルールを追加
  • NAS-110179 ] - ports rootのMOVEDファイルからgrub2ポートを削除する
  • NAS-110198 ] - 12.0-stableブランチがマスターと同様の動作をするようにする
  • NAS-110289 ] - VSCodeでのインポートに絶対パスを使用する
  • NAS-110328 ] - DialogServiceのリファクタリング
  • NAS-110331 ] - 翻訳システムの簡素化
  • NAS-110471 ] - ws 呼び出しの型安全性を改善
  • NAS-110546 ] - setup_env.js で URL をサポート

バグの修正

  • NAS-107364 ] - Scrubを実行するとシステムが「緊張状態」になりますが、これは明らかに CPU リソースの極端な枯渇が原因です。
  • NAS-107676 ] - lockd デバッグを有効にすると、nfsd の再起動時にコールタイムアウトが発生する
  • NAS-108044 ] - デバッグ ファイルを生成できません
  • NAS-108370 ] - krb5i で転送が失敗する
  • NAS-108847 ] - zfsd で POLLHUP を繰り返す
  • NAS-108995 ] - WebUI ビルドを再現可能にする
  • NAS-109033 ] - 証明書のインポート中のエラー
  • NAS-109388 ] - disk.get_unused が完全なリストを返さない
  • NAS-109397 ] - RRDCacheDへの接続に失敗しました
  • NAS-109522 ] - 同じデータセットで S3 AkSk を再構成できません
  • NAS-109545 ] - 遅い (iSCSI) API
  • NAS-109635 ] - 2 つの共有間でファイルを移動中に smbd.core ファイルが見つかる
  • NAS-109664 ] - UI コンポーネントは、冗長な disk.query イベント サブスクリプションを避ける必要があります
  • NAS-109672 ] - スケジューラのプレビューで夏時間が正しく処理されない
  • NAS-109696 ] - クラウド同期タスク Dropbox が完了せず、100% でスタックする
  • NAS-109720 ] - 中断された完全なレプリケーションが静かに再開できない
  • NAS-109755 ] - 「SMB サービスの再起動」ボタン文字列内の迷った疑問符
  • NAS-109756 ] - 共有を削除した後、フィルタリングされた SMB 共有リストが更新されない
  • NAS-109769 ] - HAジャーナルEOF エラー pickle.load()
  • NAS-109778 ] - 破損したジェイルを削除できません NAS-109776
  • NAS-109799 ] - UIの一部のテキスト(ストレージ > プール > ACLの編集)が.POファイルに表示されない
  • NAS-109803 ] - TrueNASのnetbios名をアップデートすると、WindowsクライアントでSMBユーザー/グループが正しく表示されない
  • NAS-109828 ] - SNMP UCD-SNMP-MIBのCounter64が32bitの値でラップする
  • NAS-109830 ] - cloudsync のミドルウェア エラー
  • NAS-109831 ] - タスクマネージャで、vmware.periodic_snapshot_task_beginが10分ごとに表示されます
  • NAS-109837 ] - Truenas 12.0 U2.1 がPlugin/Jailのインストールができない -- DNSエラー
  • NAS-109846 ] - 12.0-U2.1でフェイルオーバーが完了するまでに6時間かかる
  • NAS-109849 ] - フェイルオーバー ログ スパム
  • NAS-109885 ] - チケットを提出するための警告メッセージ
  • NAS-109903 ] - {id} エンドポイントの誤った openapi スキーマ
  • NAS-109907 ] - リッスン インターフェースがカスタマイズされている場合、TrueCommand Cloud は追加されたシステムにアクセスできません
  • NAS-109910 ] - 一意の制約を追加
  • NAS-109912 ] - PMC8003/pms(4) での ZFS チェックサム エラー
  • NAS-109928 ] - 最後のアップグレード後にレプリケーションが失敗する (ZFS スナップ)
  • NAS-109932 ] - 無効なクライアント証明書に対するエラーメッセージを適切に表示する
  • NAS-109959 ] - 代替文字セットでのADキャッシュフィルを修正する
  • NAS-109967 ] - SMB protoを介したZFSクォータのテストを追加する
  • NAS-109971 ] - レプリケーション エラーの一貫性のない表示
  • NAS-109972 ] - zettarepl.datasets_have_encryption は常に recursive=true で呼び出されます
  • NAS-109976 ] - デバッグ生成プロセスの変更
  • NAS-109979 ] - zvol のレプリケーションが失敗する
  • NAS-109989 ] - [EFAULT] LDAP キャッシュはすでに存在します。キャッシュの生成を拒否
  • NAS-109993 ] - ダークテーマでの間隔とボーダーカラーの修正
  • NAS-110000 ] - デバイスのデタッチ時に zfsd がクラッシュする
  • NAS-110038 ] - ソース上で大きな削除を行った後、データセットのレプリケーションが失敗する
  • NAS-110097 ] - HA システムで netcli が carp パスワードを生成しない
  • NAS-110133 ] - 実行されなかったクラウド同期の成功ステータスを表示しません…
  • NAS-110140 ] - 12.0-U4 で Python 3.9 にアップグレード
  • NAS-110162 ] - s3:modules:ixnas - ベース ユーザー クォータの回帰を修正
  • NAS-110171 ] - 12.0-U3 へのアップデート後に 2 つのダッシュボードウィジェットがハングアップする
  • NAS-110174 ] - SSH サービスが無効な場合でも SSH の警告が表示される
  • NAS-110201 ] - 古いコア ファイルをクリアするとクラッシュする
  • NAS-110214 ] - 12.0-U3 へのアップグレード後、起動時にアクティブなネットワークがありません。
  • NAS-110234 ] - すべてのレプリケーションは、SSHException の後、システムが再起動するまでハングします。
  • NAS-110240 ] - HDDの温度が表示されない
  • NAS-110243 ] - GET /api/v2.0/system/general/ui_restart が 405 で失敗する: メソッドが許可されない
  • NAS-110244 ] - スナップショット ライフタイム ヘルプ テキストがデフォルト値と矛盾する
  • NAS-110246 ] - プール > Zvol の編集フィールドが正しくないデータを表示するか、データが入力されていない
  • NAS-110247 ] - SMART に「強制 HDD スタンバイ」がないため、ドライブがスリープ状態にならない
  • NAS-110258 ] - net/samba - tevent_kqueue - ロギングの削減
  • NAS-110259 ] - ミドルウェア コードが NFS マウントの場合、sentryを無効にする
  • NAS-110294 ] - nmbd コア ダンプ
  • NAS-110311 ] - smb でのコア ダンプ
  • NAS-110317 ] - 保持シェルを修正
  • NAS-110351 ] - mpr(4): 破損した DPM リカバリ
  • NAS-110362 ] - AD Idmap で SSSD 互換性を有効にすると、TypeError「「int」オブジェクトをバイトに変換できません」が発生する
  • NAS-110433 ] - xmrig プラグインが mdns レスポンダを破壊する
  • NAS-110448 ] - Minio を API v3 互換リリースに更新
  • NAS-110461 ] - net/samba - Samba 4.12.15 への更新
  • NAS-110465 ] - OpenVPN CVE-2020-15078
  • NAS-110474 ] - Firefox 88 のダッシュボード CSS バグ
  • NAS-110478 ] - サイドメニューから「ストレージ」をクリックしても何も起こりません。ストレージ ページにアクセスできません
  • NAS-110503 ] - ドライブの選択ミス
  • NAS-110505 ] - SMARTテストの結果、結果が出ずにクルクル回っている
  • NAS-110509 ] - テスト実行時にエラーが発生する
  • NAS-110575 ] - フェイルオーバー後も、HAシステムのパッシブノードにWireguard Tunnelが残る
  • NAS-110596 ] - net/samba - tevent_kqueue で EINTR を適切に処理する
  • NAS-110598 ] - 新しい Python 拡張フォーマット用にいくつかの Python ポートを修正
  • NAS-110606 ] - zettareplポートの更新
  • NAS-110607 ] - (ほぼすべての) 単体テストの失敗を修正
  • NAS-110714 ] - multipath.query() のメモリ割り当て/リークを修正

既知の問題点

キー 概要 回避策
NAS-109842 エンタープライズに 2FA 認証がありません 回避策として、次の CLI 手順を使用してください。
  • オーセンティケータに秘密鍵を追加します。 midclt call auth.twofactor.config {"id": 1, "otp_digits": 6, "secret": "3FVIQJ6ESUVRLRXR", "window": 0, "interval": 30,"services": \{"ssh": false}, "enabled": false}
  • 2FA サービスを有効にする: midclt call auth.twofactor.update '{"enabled": true}'
NAS-110785 データセット作成時の暗号化を上書きする継承オプション データセットを作成するときは、最初に暗号化の継承のチェックを外してから、保存する前に暗号化のチェックを外してください。最初に暗号化のチェックを外すと、継承暗号化が表示されなくなり、暗号化の継承がサイレントに有効のままになります。
NAS-106992 永続的な L2ARC はデフォルトで無効になっています。 根本的な問題は修正されていますが、パフォーマンスをさらに調査するために、この設定はデフォルトで引き続き無効になっています。永続的な L2ARC を手動で再アクティブ化するには、TrueNAS Web インターフェイスにログインし、System > Tunables に移動して、次の値で新しい調整可能を追加します。
  • Type = sysctl
  • Variable = vfs.zfs.l2arc.rebuild_enabled
  • Value = 1
TrueNAS の「root」ユーザーアカウントは、SMB ユーザーにはなれません。 これは、ソフトウェアのセキュリティを向上させ、さまざまな環境での展開に適したものにするための意図的な変更です。SMB 設定を更新して、別のユーザーアカウントを使用してください。

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2021年06月02日 17:53に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「TrueNAS 12.0-U3.1 がリリースされました」です。

次の投稿は「Xiaomi Redmi Note 10 Pro を買った」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM