3Dプリンターのフィラメントスプールアタッチメントを作る

R0018503.jpg

3Dプリンターのフィラメントは、Amazonでいろいろなメーカーのものが手に入ります。
というか、狙った色のフィラメントを集めようにも同じメーカーで揃えきることができない、
あるいは、それこそ最初は何色も用意されていたんだろうけど、今となっては数色しか選べない、なんてのがザラにあります。

まあ、それはそれとして、フィラメントのスプールがまた各社やりたい放題。
1kgのフィラメントなので、大まかには似たような寸法をしているのですが、
特に気に入らないのが内径。
私はダイソーの鍋フタ置きにシャフトを差し渡したスプールホルダーや、
ダイソーのザ・BOXにシャフトを装着するブラケットをつけたスプールホルダー
使っているのですが、そのまま装着するとフィラメントが下についてしまいます。

そこで、内側に装着して内径を整えるフィラメントスプールアタッチメントを作成しました。

まあ、おおまかな構造はワンパターン化してて、新しく買ったフィラメントの内径が合わないと新しく作る、を繰り返しています。
内径の数値をパラメータ化して、任意の内径用のアタッチメントを作り出せるようにしたほうがCADっぽいと思うんだけど、パラメータと連動する部分と非連動の部分を定義している間に何個も作れるし、結果としては数パターンで解決しそうなのでやめた。

結局今のところ、大まかには52mm、56mm、70mmの3パターンでなんとかなる感じ。
シャフトの内径は20mm。
4方向に突っ張りを出して、出力時間があまり長くならないように1mm厚。
底(?)の部分は2mmにして、スロットを作って出力時間を節約。
あと途中から気休めに寸法のテキストとか彫り込んでみたり。

で、Fusion 360使ってすぐ作れるけど、せっかくだからSTLファイル置いておこうかなと。


attachment_56.jpg

56mm。
今回の記事を作成するにあたりモデリングし直してる。


attachment_52.jpg

52mm。


attachment_70.jpg

70mm。
あまり出番がないので割と初期に作ったままかな。


attachment_56_12.jpg

56mm+12mm
今使ってるPRILINEのスプールは、内側に段差があるので、
その部分の突っ張りを作ってあるもの。


PRILINE 3Dプリンター用 PLAフィラメント【1kg 1.75mm】直径精度+/- 0.03mm、ホワイト

R0018500.jpg

ダイソーなべフタ置きタイプのスプールホルダー。


R0018501.jpg

R0018502.jpg

これが、PRILINEのスプールの内側の段差。

filament_spool_attachment.zip

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1804

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2020年07月18日 21:33に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「AMD Radeon Software Adrenalin 2020 Edition でHDCPを無効にする」です。

次の投稿は「ロジクール 有線 マウス M100rBK」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM