FreeNAS 11.2-U2.1

https://www.ixsystems.com/blog/library/freenas-11-2-u2-1/

Samba回りの不具合修正のホットフィックス(バージョン遡行?)らしいので、11.2-U2ユーザーはさっさと当てた方がいいようです。
(チャレンジングな環境の人以外はまだ11.1-U7の方が…)

重要(Important):
現在、11.2- U2を vnet_default_interace に何も明示的にセットしない状態で運用しているユーザーは、11.2- U2.1に更新処理の後、その変更を再び適用する必要があります。

既知の影響(Known Impacts)
SMBは、LDAP使用可能でリードオンリーのバインド・アカウントである環境である時スタートさせることができません。
これは、Sambaが BUILTIN\Guests エイリアスをつくろうとするからで、失敗を致命的エラーとみなします。
現在の緩和は、どちらかになります:
1)Sambaに ― 読み書きアカウントを一時的に使うことにより、ゲスト・エイリアスをLDAPサーバーへ書き込むのを許すか、
あるいは、
2)Services→SMBのAuxiliary Parameterとして「winbind nested groups = no」を設定します。

インストールは
FreeNAS 11.2 のインストール
で行けるんじゃないですかね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1705

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2019年03月10日 22:37に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「FreeNAS 11.2-U2」です。

次の投稿は「FreeNAS 11.2-U2.1 へのアップデート」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM