スマートスイッチ Buffalo BS-GS2016 を試す

居間のHUBがいっぱいでポート数が足りないので、
自室の16ポートをスマートスイッチに交換して、チーミングをきちんと動作させて、それを居間に転用すればいいかなと

Buffalo のスマートスイッチ BS-GS2016 をポチ。
管理がウェブベースオンリーな点を除ければインテリジェントスイッチの全ての機能を持っているといっていい商品ではないかと思います。(参考:BS-GS20 BS-G21M 仕様比較
カタログスペック上はよくなっている部分もありつつ、それでお値段半額。

個人でシリアルコンソールが必要な人なんてめったにいないと思うので、その分コストダウンできているのは歓迎です。


R0014576.jpg

こんな感じの簡素な段ボール。

R0014577.jpg

本体と19インチラック取付用の金具がついています。

R0014578.jpg

本体。

DSC01418.jpg

これまでの16ポートのスイッチングハブ(LSW3-GT-16NSR)の3倍ぐらいの大きさでしょうか。


ビジネススイッチ設定ツールで設定したIPアドレスにブラウザでアクセスして、

bs-gs2016-02.jpg

トランキングの設定を済ませます。(詳細設定 - ポートトランク)
トランクモードは LACP
トランクキーは1~8で
トランク名は適当に識別用につける
システム優先度はデフォルトで
グループにチーミングさせるポートにチェックを入れて適用。

さっそく、チーミングのモードを「IEEE 802.3ad 動的リンク・アグリゲーション(DLA)」に変更。
これまでは非対応のスイッチだったので、アダプティブ・ロード・バランシング (ALB)にしていました

bs-gs2016-05.jpg

Windows 7 ではサクッと変更完了。スイッチのテストが押せないですが…。

Windows 10 ではうまくいきません。
前はできたはずなのに…。

調べてみると、現在のWindows 10とIntel PROSetのバージョンではうまく動かないらしく(元々は 20.2、この時点で 20.3 どちらもダメでした。参考:Windows 10で Intel 個別 LAN カードのチーミング設定が完了できない - Lenovo)、
アップデート待ちか、Windows 2012と同様にコマンドラインでチーミングを設定する模様。

2015年10月25日追記
Intelのドライバのダウンロード画面にも日本語は変ですが、ANSチーミングとVLANがWindows 10で現在サポートされていない旨の注意書きが出ています。

重要: インテル® ANS チームを作成すると VLANs Microsoft*Windows*10 は、現在サポートされていません。 結果として、作成されたときに、チームは、 VLANs ANS はサポートされていましたことが予想されるトラフィックしないでください。 Microsoft*Windows*10 のクライアントでは、将来のリリースです。

Important Note: Creating Intel® ANS teams and VLANs on Microsoft* Windows* 10 is currently not supported. As a result, when created, teams and VLANs do not pass traffic. We expect that ANS will be supported on Microsoft* Windows* 10 client in a future release.

Windows® 10 用ネットワーク・アダプター・ドライバー

とりあえず

SE'S BOOK: Windows Server 2012 NICチーミングを構成

こちらの情報を参考になんとか設定してみました。

New-NetLbfoTeam -Name NetTeam1 -TeamMembers 'イーサネット 2', 'ローカルエリア接続' -TeamNicName TeamNic1

ちなみに解除するコマンドは

Remove-NetLbfoTeam -Name NetTeam1
Remove-NetLbfoTeam - TechNet

bs-gs2016-06.jpg

とりあえず、チーム用のNICが出現して、通信できているようです。

bs-gs2016-03.jpg

そして、Windows 7機とWindows 10機間でベンチをとってみたものの、チーミングしたPC同士でも1Gの壁は越えず。
(というかいつもと同様の数字か、気持ち数字がいいような、程度…)

bs-gs2016-04.jpg

結局3台を相手に同時にコピーを実行したときに一瞬だけ突破してみせてくれました。

ということで、あんまりめざましい効果はないです。

フツーのスイッチングHUBで十分なようですが、一応、各ポートが通信先をちゃんと学習しているようで、全体が点滅する頻度が低いのはいいのでは、と自分を慰めています。

ちなみに居間は、
液晶TV
BDレコーダー2台
nasne 2台
リビングパソコン
リビングApple TV
AP化したルーター
で9ポート

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1525

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2015年09月28日 22:41に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「包丁選び 藤次郎DPコバルト合金鋼割込(口金付)」です。

次の投稿は「FreeNAS 9.3.1 リリース」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM