Windows 2012 on hp ProLiant MicroServer N54L

DSC00229.jpg
hp ProLiant MicroServer N54L

サーバーの実験用に、250GBモデルを購入。

Gen 8っていう新モデルが出てるから投げ売りなのか、スゴイお買い得な気がする。

hp Direct だと、この記事執筆現在37,800円、リモートアクセスカードは+6,300円、光学ドライブは+4,200円、キーボードマウス+2,100円、追加のNICが+6,300円という感じのようです。こちらも同時発注なだけで、別梱包で納品されるらしいので、個人用の場合は手持ちや別途調達がアリなので、安いところから買って組み合わせればいいのではないでしょうか。

Gen 8はディスクレスで66,150円。CPUがインテル系になって、リモートアクセスカードをわざわざ別途調達しなくてもiLO4が利用できるらしいですが、このくらいだと特にお得感を感じないですよね。


後継商品が開発されなくなるらしい、
Windows Home Server 2011 と組み合わせるのに最適かと。
でもAmazonのDSP版に付属するパーツがいらないもの感満載っぽい。まあ、あわよくばN54Lに使えれば、なんて期待をしなければいいかと。

NTT-X Storeのバンドルセットがいいかもしれません。

HP ProLiant MicroServer Turion II NEO N54L DSP Home Server 2011 セット 7049410-AAKM
(この記事執筆時点では完売)

ちなみに自分はTechNetのサブスクライバーダウンロードを使います。
(サービス終わってしまうの残念)

あとは、
TechNet Evaluation Center から180日の評価版を使うか。


リモートで電源オンができるというカードにも惹かれるが、おそらく実験用ならあまり必要ないかと。
遠隔地のサーバールームに置きっ放しにして本格稼働するときは必須といってもいいオプションかも。

セットになっているのもあるけど、リモートアクセスカードキットが欠品中なのかな?
また、以前はもっと安かったみたいですが、現時点では9800円と、本体の価格に比べてかなり強気なのでちょっと手が出ませんでした。
(Windows Server入れてれば、リモートデスクトップであらかたのことはできるはず)

Amazonのレビューで箱に直接伝票が貼付されていたってマイナスしている人がいたけど、hpのサーバーの箱なんて、納入されるときなんてだいたいそんな扱いなのに…。
(コンシューマー向け商品は「化粧箱」とか言ったりするからかなあ。でも「サーバー」なんですけどね)

箱から出してみると、案外、チョイ前のちょっと大きかったころのTeraStationより一回り大きいかな、って位で、まあこんなもんかな、ってくらい。

質感は結構いい感じ。

重量は割と軽い、かな。ハードディスクをガッツリ4台増設するとそれなりに重くなりそうだけど。

 

同時に non ECCメモリを4GBx2購入して、到着と共にいきなり交換。
サーバーの実験用なので、ECCメモリは必要ない。

メモリDIMM はPC3-10600 (最大1333MHz 対応)ですが、HP ProLiant MicroServer では800MHz で動作します。

とのことで、ECCでなくとも、速くなくとも、手に入る適当なメモリでよさそう。

初代MicroServerでは、ECC付きメモリが採用されていた(ECCなしのUDIMMも使用可能だった)
【仮想化道場】ハードウェア性能が強化された新しい小型サーバー「HP MicroServer Gen8」 - クラウド Watch


(どっかで見て使えるって確信した気がしたんだけど、わからなくなってしまった)

とりあえず、ヒートスプレッダのあるのがいいかなと。あとはAmazonで「人気」ってなってて、一番安かったので。

そういやAmazonでよく一緒に購入されている商品でもnon ECCのメモリか。

また、8GBx2の16GBも難なく認識するようなので是非好きな人はトライして頂きたく。

MicroserverのBIOSにて、16GB(表記上は16384 MB)として認識されたことを確認しました。
HP Microserverのメモリ増設(16GB) - インフラ検証覚書
16GB搭載に失敗したという記事さえあったと記憶しているので、まったく期待しない半ば諦めつつの搭載であったが、何のことは無いこちらもあっさり認識した。(N36L)
旧型のMicroserverの搭載可能メモリ 一京庵/ウェブリブログ

とか書いておいて自分でトライしてしまいました。

hp MicroServer N54L に 16GB のメモリを搭載する

システムボードを抜くのにケーブル類をひとしきり外さなければならないのはちょっとめんどうだけど、だからこそ最初に交換して以降触らない方がいいかな。

光学ドライブ非搭載モデルなんだけど、
光学ドライブ用のSATAケーブルと電源ケーブルは付属してないっぽい。
hp純正の光学ドライブを購入すると付属してくるのかな。
バルクの光学ドライブなどを搭載しようとする場合は4ピン-SATA電源ケーブルと、SATAケーブルが必要。

 

SATAケーブルはマザーボード側のコネクタ部のクリアランスが厳しいので、L型がいいっぽい。

光学ドライブ搭載用の5インチベイはあるわけで、ここにもともとついてくるHDDをマウンタをつけて移植してシステム用にして、4つのRAIDベイはデータ用にする運用なんかもありらしい。

HP ProLiant MicroServer Turion II NEO N54L « RootLinks Co., Ltd.

に5インチベイの写真があります。

で、このサーバーは、

CTOなどが存在せず、ユーザーがハードウェアをセットアップする前提らしい。

だから、4つのRAIDベイにもHDDのトレー(?)や固定用のビスなどがちゃんと付属している(フロントの扉に収納されている)


電源コードは3ピンタイプが付属していて、2Pに変換するコネクタはついてない。まあ、適当な電源ケーブルで代用してしまおう。

キーボード、マウスは、Dell Dimension 9200C のものが両方ともUSBなのでそれを利用。
光学ドライブも適当な外付けDVDドライブを利用。

HP Microserverの組み上げ - インフラ検証覚書

作業手順が写真で説明されている。
まあ、付属の数少ないドキュメントで分かるっちゃあわかりますけど。

USBの外付け光学ドライブって1台持ってると重宝する…。
(最近はUSBメモリにインストールディスクを構成すれば光学ドライブなしでセットアップできるし、いっぱしのサーバーならリモートからネットワーク越しにインストールできるのか)

と、ここでトラブル発生。
Windows Server 2012 R2
をインストールしようとすると、オンボードのNICが有効だとセットアップが完了しないらしい。
TechNet版でも同様だった。
デバイスの準備中 82% のところで止まったままになる。

2013年12月4日追記
ファームウェアを 2013.10.01 (A) (15 11 2013) SP64420.exe でアップデートすると問題なくセットアップできるようになります。
ProLiant MicroServer N54L の新しいファームウェアで Windows Server 2012 R2 でオンボードNICが利用可能に

ググると、R2のRCの時点から発覚してて、いまだ解決策が見えていない現象らしい。

しかしながら、再起動後に "デバイスの準備中 82%" という画面でインストールが止まってしまいます。
HP MicroServer N54L を買ってみた。TIPS とか。

とりあえずBIOSでNICを無効にするとインストールが完了できる。

でも、インストールを終えてから再び有効にすると、
ログオンのところでフリーズするっぽい。
(Ctrl+Alt+Deleteを押してログオンってわりに反応しない)

インストール時にパーティションを選択する画面で [ドライバーの読み込み] をクリックして、HP Broadcom 1Gb Driver for Windows Server x64 Editions からダウンロードし、展開したドライバーのディレクトリを選択し [HP NIC107i PCIe Gigabit Server Adapter] を追加しインストールを実行
MicroServer N40L に Windows Server 2012 R2 をインストール

内蔵のNC107iは、Broadcom BCM5723 らしいので、
Broadcomのサイトからドライバをダウンロードして、
USBメモリに展開して、
セットアップ中のインストール先のパーティションを設定する画面左下の
「ドライバーの読み込み」からUSBメモリに展開したドライバを読み込ませてやると、
Windows Server 2012 R2のインストール自体は完了するが、LANケーブルをつないでも検出されない。

Broadcomのサイトの最新版らしい

Ethernet NIC NetXtreme Server Driver Downloads

win_b57_x64-15.6.0.10.zip
もダメだったし、一個前の
win_b57_x64-15.4.0.17.zip
でもダメ。

hpのサポート&ドライバーで「N54L」で検索して出てくる、

HP ProLiant MicroServer G7 (N54L 1P 2GB-U ホットプラグ非対応 SATA 250GB 150W PS)

から

HP Broadcom 1Gbドライバー for Windows Server 2008 x64 Editions 15.4.0.19 (B) 13 5 2013

をダウンロードして、USBメモリに展開して読み込ませてみたがフリーズする。

NICの型番の「NC107i」で検索して、

内蔵 HP NC107i PCI Express Gigabit サーバー アダプタのドライバー、ソフトウェア、ファームウェア

HP Broadcom 1Gbドライバー for Windows Server x64 Edition 16.0.0.17 (B) (10 9 2013)

からダウンロードしたドライバなら、インストールは完了するけど、やはりリンクを認識しない。

まあ、なんかマイクロソフトかhpからリリースがなければ直らないのかな。

NC107i Broadcom

Technical white paper
Implementing Microsoft
Windows Server 2012 R2
on HP ProLiant servers

に既知の問題としてレポートされているらしい。

P.11に

The Windows Server 2012 R2 Supplement for Service Pack for ProLiant includes drivers and software for all ProLiant servers, with the exception of the ProLiant MicroServer G7.

ProLiantサーバ用サービスパック用 Windows Server 2012 R2 サプリメントは、ProLiant MicroServer G7 を除くすべてのProLiantサーバ用のドライバやソフトウェアが含まれています。


table3.jpg

P.6 の対応しているProLiantの表でもわざわざ Gen 8 と表記してる。

ということで、公式には対応しないっぽい。

試しに、Windows Server 2012 R2 Supplement Release for Service Pack for ProLiant として手順で示されている、
ftp://ftp.hp.com/pub/softlib2/software1/supportpack-generic/p1235385378/v89111
からダウンロードしてきた
MSw2k12r2-rtmsupplement-2013.09.0.B.win.exe
を新しく作ったフォルダ内で実行すると展開されるファイル群のなかから、

cp021452.exe (HP Broadcom 1Gbドライバー for Windows Server x64 Edition, 16.2.0.4)
cp021705.exe (HP Broadcomオンラインファームウェアアップグレードユーティリティ for Windows Server x64 Edition, 4.0.0.22)

を探し出して、再びWindows Server 2012 R2 のインストールに挑戦。

cp021452.exe をあらかじめ実行して解凍したフォルダをUSBメモリでインストール時に指定すると、
Broadcomの最新ドライバ同様、NICがEnabledのままでもインストールは完了するが、ケーブルの接続を認識しない、という状態。

cp021705.exe でNICのファームウェアの更新を図るも、最新版適用済みと出る。
(それでも強行しても最新版なので更新しないらしく変わらず)

Windows Server Certification and Support HP ProLiant & BladeSystem Serversを見ても、

win2012support.jpg

win2012r2support.jpg

Windows Server 2012 R2 にすると、MicroServerの表示がなくなる対応する気のなさ。

Broadcomのサイトで新しいドライバが出てるのに気づいたので、

Windows 2012-R2 (x64) 16.2.0.4b 11/05/13

入れてみたけどやっぱりリンクを検出しない。

まあ、BIOSのファームウェアのアップデートか、NICのファームウェアのアップデートがないと解決しなさそうなので、

hp MicroServer N54L でWindows Server 2012を使う対策としては、

・別のPICe NICを使う(インテル推奨)

まあ、純正の HP NC112T Gigabit サーバーアダプター を用意するまでもないのではと。
コントローラーは インテル82574L らしいし。

・R2じゃないWindows Server 2012を使う

 

かな。(ひどい)

もう1つ、

・ESXi 上の仮想マシンにインストールする

ならイケそうです。


Anyone successfully install Server 2012 R2 Essentials on a Microserver ? - HomeServerShow Forum


Implementing Microsoft
Windows Server 2012 R2
on HP ProLiant servers

が指示されているけど、この手順で突破できてるワケではなさそう。(うまくいった、というレスがないっぽい)

ということで、TechNetからR2じゃないWindows Server 2012 をダウンロードしてきてDVD-Rに焼いてインストール。
何事もなく完了。

[買い物]HP ProLiant MicroServer を購入(N54L) | harumaki.net

で画像がいっぱい見られます。

DSC00243.jpg

とりあえずこの辺に置くかな。

私はAmazonで購入しましたが、そのときの販売者のPG-Directさんはホームページでも販売しているようです。

Windows Server 2012 R2 と格闘して遊んでいる間に、PG-Directさんの価格は、
PG-Direct HP ProLiant MicroServer N54L 2GB 250GB モデル 13,980円 (品切れ)
PG-Direct HP ProLiant MicroServer N54L 4GB 250GB モデル 18,460 円
PG-Direct HP ProLiant MicroServer N54L 8GB 250GB モデル 28,680円
(メモリ増強モデルの方が在庫の減りが鈍い。差額とメモリ価格を比べるとお得かというと若干疑問ですが)

おっと」もMicroServerの購入先で名前が挙がるけど、PG-Directと同じビルの1Fと3Fで、販売業者としてはどちらも「国際産業技術株式会社」。

新品 7049410-AAAA HP ProLiant MicroServer
HP 615095-B21 マイクロサーバリモートアクセスキット

NTT-Xさんで単体モデルの在庫が復活。
NTT-X Store HP ProLiant MicroServer Turion II NEO N54L 4GB 250GBモデル 7049410-AAKM 17,980円(更に-2,000円のクーポン有)
NTT-Xさんは、在庫が減ったなあと思ってると復活したりするので、あきらめずに後日再チェックするのがいいかも。

リモートアクセスカード付きやリモートアクセスカード単体は引き続き品薄の模様。

hp Direct でもまだ売ってるようなので、販売終了までまだ時間があるのかな、と思って試しにカートに入れてみると「欠品のため納品までお時間をいただいております。」となってるので、最後の在庫調整に入っているような気がしなくもないです。
(在庫があるのは4GBのオフ特モデルっぽい)
リモートアクセスカードが必要なら、上記で単体で安いのを購入して、単品でhp Directで購入(8,000円)するのがよさそう。
(純正オプションからタワー/ラックマウント型サーバ内のMicroServerを選択すると選べる)

あと、MicroServerの記事(最後に書くな)

HP ProLiantサーバー史上最小の エントリータワーモデル「HP ProLiant MicroServer」を発表


日本HP、HDD容量を増強した超小型サーバー「MicroServer」新モデル
電源を150Wへ小容量化、送料相当分の値引きキャンペーンも

日本HP、3万円台から購入可能なAthlon II NEO搭載マイクロサーバー (2010/9/9)

マニア心をくすぐる小型サーバー「ProLiant MicroServer」のハードウェアを徹底分析 (2010/10/13)

マニア心をくすぐる「HP MicroServer」を試す【OSインストール&ベンチマーク編】 (2010/10/20)

マニア心をくすぐる「HP MicroServer」を試す【リモート管理カード編】 (2010/10/27)

怠惰を求め勤勉に行き着く... - HP MicroServerばらしてみた。

MicroServer 来ちゃった。::もくろ

HP ProLiant MicroServer 買いました! その① - とある事務員の備忘録兼雑記帳

まあ、大きささえ気にしなければ、タワー型のサーバーでも安いのありますけどね。

  

右のPRIMERGYなんか250GB HDD×2搭載モデルだし。
ちなみに

hp MicroServrer N54L H267 x W210 x D260 mm 最小構成5.98kg 最大 9.6kg
hp ML110 G7 H367 x W175 x D473 mm 14kg
Fujitsu PRIMERGY TX100 S3 H395 x W175 x D419 mm 最大 14 kg

という感じです。
N54Lはちょっと幅がありますが、高さ、奥行きは7割くらい。
ML110は奥行きが倍近くあるので相当かさばると思います。
体積比では倍くらいになります。
また、ML110はNICが2口あるのが魅力ですが、ファンが8cmなので、やややかましい模様。
N54LとPRIMERGYは12cmファン。

MicroServer N54Lは、
TeraStationより一回りデカいくらいのサイズのくせに、Windows サーバーが入るっていうことに意味があると思っています。
(クライアント用のだと性能は良くなるけど高い)

ひとしきりいじった後、ディスクのペンチマーク取ってみた。
hp MicroServer N54L のディスクの速度

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1401

コメント (3)

m:

同じ製品を買いました、勉強になります。
先日、HPで対策の新BIOS出たようです。

s:

こんにちは、Hpのホームページにbiosアップされてますよ。

Kirishima [TypeKey Profile Page]:

情報ありがとうございます。
新しいBIOSを試して新しい記事を書きました。

ProLiant MicroServer N54L の新しいファームウェアで Windows Server 2012 R2 でオンボードNICが利用可能に
http://kirishima.it/mt/2013/12/proliant_microserver_n54l.html

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2013年11月01日 23:23に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「レーザーポインター購入」です。

次の投稿は「iPad Air 到着」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM