TrueNAS SCALE 23.10(23.10.0.1)

TrueNAS SCLAE 23.10 (Cobia)

Cobia はスギっていうスズキの仲間の魚らしいです。
22.12.4 の Bluefin は本マグロらしいです。
22.02.4 は Angelfish でそのままエンゼルフィッシュ。

truenas_scale.png

SCALE 23.10 Release Notes - Upgrade Paths

TrueNAS CORE 13.0-U5 からのアップグレードパスは、TrueNAS SCALE 12.22.4 (Bluefin)経由になることが示されているので、そろそろメインストリームは TrueNAS SCALE に移っていくのでしょうか。
また、TrueNAS CORE から TrueNAS SCALE 23.10 (Cobia) への直接アップグレードはなんか不具合あるんですかね。

新規インストールの手順を確認してみました。
TrueNAS SCALE 23.10.0.1 のインストール


リリースの入手
Web インターフェースにログインし、システム設定 > アップデートを選択すると、TrueNAS-SCALE-Cobia-BETA アップデート トレインに切り替えるオプションが表示され、最新の BETA リリースのダウンロードが開始されます。

代わりに、SCALE 23.10-BETA.1 (Cobia) をインストールまたはアップグレードするための .iso ファイルまたは .update をダウンロードするには、https://www.truenas.com/truenas-scale/ にアクセスして Download をクリックします。

SCALE 23.10 (Cobia) へのアップグレードは、主にウェブインターフェースのアップデートプロセスで行います。もう一つのアップグレードオプションは、システムに新規インストールを実行し、システム構成ファイルをリストアすることです。

詳細は 23.10 Upgrades を参照してください。

SCALE 23.10 (Cobia) 主な機能

TrueNAS SCALE の体験に多くの新機能と継続的な改善が加えられています:

アプリの再設計:アプリ画面のオーバーホールとバックエンドの改善により、より完全なエクスペリエンスを提供します。

ストレージプール作成の再設計:プール構成の詳細を提供し、より大規模な SCALE デプロイメントをサポートします。

ドライブ数の最適化: SCALE 23.10では、1つのシステムで最大1255ディスク、または25PB以上の管理が可能になりました。

Samba のアップデートと速度の向上。

SMB/NFSv4 マルチプロトコルのデータセット共有。

フィードバックとバグ報告の簡素化

Linux Kernel 6.1とハードウェアサポートの向上。

iXsystemsの多くの貢献によるOpenZFS 2.2。

NVIDIA 535.54.03 ドライバアップデート。

SCALE Enterprise: TrueNAS SCALE Enterprise に iSCSI ALUA サポートが追加されました。

システムサービスの置き換え:SCALE Bluefin に組み込まれていた多くのシステムサービスが、オプションの TrueNAS SCALE アプリケーションとして再構築されています。

システム レポートは全面的に見直され、現在では Netdata をバックエンドとして使用し、レポーティン グ画面にシステム統計を提供します。

ZFS スクラブ コントロールの一時停止/一時停止解除。

SMBとNFSファイルコピー用のZFSブロッククローニング(重複排除)(23.10以前のメジャーバージョンで作成されたプールのアップグレードが必要です。)

ZFS dRAIDプールレイアウト。

他のシステムからのSMB共有のインポート(近日公開予定!)

TrueCommand 3.0 のリリース時(近日公開予定) に、TrueCommand 経由での SMB クラスタの拡張を簡素化する予定です。

アップグレードに関する注意事項
23.10 (Cobia) ISO インストーラがサポートするインストールオプションはフレッシュインストールのみです。ISO インストーラのアップグレードオプションは機能せず、将来の SCALE メンテナンスアップデートで削除されます。引き続き TrueNAS SCALE アップデート プロセスを使用して、SCALE のメジャー バージョンから別のメジャー バージョンにシームレスにアップグレードしてください。
システム設定 > サービス にある SCALE 22.12 (Bluefin) または TrueNAS CORE 13.0 のいくつかの組み込みサービスが、コミュニティ アプリケーションに置き換えられています。SCALE 23.10 (Cobia) にアップグレードする前に、これらのビルトイン サービスを無効にし、同等のアプリケーショ ンを使用する必要があります。

置き換えられたサービス
ダイナミックDNSはddns-updaterに置き換えられました。
OpenVPNサーバーは複数のVPNアプリに置き換えられました。
OpenVPN クライアントには同等のアプリケーションがありません。
Rsyncd サーバーは rsyncd に置き換えられました。
S3はminioに置き換えられました。
WebDAVはwebdavで置き換えられました。
TFTPはtftpd-hpaに置き換えられました。

S3サービスの置き換え
Minioのファイルシステムモードの非推奨と更新方法のため、Minioの古いバージョンは新しいバージョンに更新できず、追加の更新手順が必要です。これは、組み込みの S3 サービスから Minio アプリケーションへの移行に影響します。組み込みの S3 サービスからコミュニティ App カタログから入手可能な最新の Minio バージョンに設定とストレージデータを移動するための TrueNAS 固有の詳細なチュートリアルは、近日公開予定です。

TrueNAS SCALE は、特定の Linux パッケージで構築されたアプライアンスです。apt または SCALE ウェブ インターフェイス以外の方法で SCALE を更新しようとすると、システムが機能しなくなることがあります。

すべての補助パラメータは、セキュリティや開発の変更により、TrueNAS のメジャー バージョン間で変更される可能性があります。アップグレードする前に、TrueNAS 構成からすべての補助パラメータを削除することをお勧めします。

多数のアタッチ ディスクがあるシステムでは、プールを作成または変更するときに、新しいプー ル作成ウィザードを使用することをお勧めします。

このリリースでは、新しい OpenZFS 機能フラグが使用できます。以前の TrueNAS SCALE バージョンで作成されたストレージ プールをアップグレードして、新し い機能フラグを有効にすることができます。

ストレージプールのアップグレードについて
ストレージプールのアップグレードは、新しいOpenZFS機能フラグが必要または改善されたシステム運用のために必要と判断されない限り、通常は必要ありません。ストレージプールを最新の OpenZFS 機能フラグにアップグレードする前に、以下の要因を考慮してください。

アップグレードはデータに影響を与えます。ストレージディスク上のデータに影響を与える操作を行う前に、必ず最初にデータをバックアップし、バックアップの整合性を確認してください。

新しい OpenZFS 機能フラグは、アップグレードされたプールに永続的に適用されます。アップグレードされたプールを以前の OpenZFS バージョンに戻したり、ダウングレードしたりすることはできません。最新の機能フラグを持つストレージ・プールは、その機能フラグをサポートしていない別のオペレーティング・システムにインポートすることはできません。

ZFSプールのアップグレードはオプションです。以前の TrueNAS バージョンに戻すか、ZFS をサポートする別のオペレーティング システムでディスクを再 利用する必要がある場合は、プールをアップグレードしないでください。

TrueNAS SCALE 23.10 (Cobia) システム接続に対する TrueCommand のサポートは、TrueCommand 3.0 リリースで提供される予定です。TrueCommand クラスタリングを使用しているシステムでは、互換性のある TrueCommand および SCALE バージョンが後日リリースされるまで、23.10 (Cobia) にはアップグレードせず、22.12 (Bluefin) のままにしておく必要があります。

暗号化されているストレージ プールがあり、TrueNAS SCALE アプリケーション ストレージに使用されているシステムをアップグレードする場合は注意してください。これがクリティカルな使用例である場合は、後の SCALE Cobia メンテナンス リリースでアプリケーション ストレージと管理に使用される暗号化プールの問題が解決されるまで、TrueNAS SCALE Bluefin のままにしておいてください。

TrueNAS SCALE 23.10 (Cobia) では、システム時間管理に ntpd から chronyd を使用するように変更され ました。ntpq または同様の ntp コマンドの代わりに chronyc コマンドを使用してください。

23.10.0.1 変更履歴
2023年10月31日

iXsystems は TrueNAS SCALE 23.10.0.1 をリリースします!これは、23.10.0 リリース後にコミュニティから報告された問題に対処するための小規模なホットパッチです。

変更点:

アプリケーション管理に使用されるプールが暗号化されている場合に TrueNAS SCALE アプリケーションのデプロイがスタックする問題を修正しました (NAS-124776)。

システムログがリモートロギングサーバへの送信を停止する問題を修正しました (NAS-124825)。

23.10.0リリース後に発見された問題の詳細については、以下の「23.10.0継続中の問題」リストを参照してください。

23.10.0変更履歴
2023年10月24日

iXsystems は TrueNAS SCALE 23.10.0 をリリースします!

主な変更点:

SMB/NFSv4 マルチプロトコルによる同一データセットの共有がサポートされました。
アプリ画面の改善 NAS-124339 および NAS-124335
Reports Config フォームが Reporting 画面から削除されました。NAS-124345
23.10.0リリースに含まれる完了したチケットの完全な変更履歴は、ここをクリックしてください。

変更ログの詳細表示とリスト表示を切り替えるには、t キーを押してください。Jira で変更ログを開くと、エクスポートメニューが表示され、変更ログを印刷したり、さまざまなファイル形式でダウンロードしたりできます。


23.10.0 継続中の問題
TrueNAS SCALE Bluefin から TrueNAS SCALE Cobia へのアップグレード時に、一部の TrueNAS Enterprise システム NIC の名前が変更され、NIC 構成が機能しなくなる (NAS-124679)。
回避策: SCALE 23.10 (Cobia) へのアップグレード時にこの問題が発生する場合は、SCALE Web インターフェイスを使用して、機能していない NIC から新しい名前の NIC のエントリに設定を手動で移植します。システムに影響を受ける NIC が 1 つしかなく、Web インターフェースにアクセスできない場合は、システムのシリアルコンソールに接続し、以前の設定を新しい名前の NIC に手動で移植します。
将来の TrueNAS SCALE リリースで解決される 23.10.0 で発見された問題についての最新情報は、ここをクリックしてください。

コメントは無効になっていますので、何かありましたらフォームかTwitter(X)で。

About

2023年11月14日 19:25に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Error key:2564,Extruder not heating as expected.」です。

次の投稿は「TrueNAS SCALE 23.10.0.1 のインストール」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35