TrueNAS SCALE 22.02.0

LinuxベースのTrueNAS、TrueNAS SCALE が 22.02.0 でリリース版となったようです。

SCALE 22.02.0

読むのに15分かかります。

最終変更日 2022年02月22日(火) 23:46 JST

TrueNAS品質ライフサイクル

リリース段階 完了したQAサイクル 典型的な使用法 説明
NIGHTLY 0 開発者 未完成
ALPHA 1 テスター フィールドテストは少ない
BETA 2 愛好家 主な機能は完了しましたが、いくつかのバグが予想されます
RC 4 ホームユーザー クリティカルでない展開に適しています
RELEASE 4 一般的な使用 それほど複雑でない展開に適しています
U1 5 ビジネスでの使用 より複雑な展開に適しています
U2 + 6回以上 より大規模なシステム より高い稼働時間の展開に適しています

2022年2月22日

iXsystemsは、TrueNAS SCALE 22.02.0をリリースすることを発表します!

リリースの入手

SCALE 22.02.0 をインストールするための .iso ファイルをダウンロードするには、https://www.truenas.com/truenas-scale/にアクセスし、Downloadをクリックします。

既存のSCALEインストールをアップグレードするには、SCALE Webインターフェイスにログインし、[システム設定]> [アップデート]に移動します。

SCALE はアプライアンスとして開発されており、リリースごとに特定の Linux パッケージを使用します。apt など SCALE ウェブインタフェース以外の方法で SCALE をアップデートしようとすると、システムが機能しなくなる可能性があります。

22.02変更点

改善

  • NAS-105865 ]-「Add Dataset」フォームで親データセット名をGUIに表示します
  • NAS-109278 ] -ixボリュームのプロパティを指定できるようにする
  • NAS-109638 ] -zpoolイベントに基づいてfencedに信号を送信します
  • NAS-110488 ] -allowedCommonJsDependenciesを確認します
  • NAS-110533 ] -ページをリロードするときのエクスペリエンスを改善
  • NAS-111045 ] -SCALE: truenas/linux レポの CI が必要です。
  • NAS-111100 ]-バルク代替データストリーム修正ユーティリティの追加
  • NAS-111419 ] -xattr_fallback = onを自動的に強制的に調査して、デフォルトでオフにできるようにします
  • NAS-111842 ]-データ保護ダッシュボードの同期の改善
  • NAS-111872 ]-トグルスライダーを使用して共有ステータスを制御します
  • NAS-111964 ] -fullTemplateTypeCheckを有効にします
  • NAS-112096 ]-エンゼルフィッシュのスプラッシュスクリーン
  • NAS-112767 ] -IxComboboxを使用したIxUserComboboxのより良い実装
  • NAS-112919 ] -JIRAフォームを新しいixフォームにリファクタリングします
  • NAS-112945 ] -新しいixフォームにix-file-uploadを追加します
  • NAS-113296 ] -拡張可能な行のサポートを追加
  • NAS-113433 ] -get_remote_os_version()のAttributeErrorを無視します
  • NAS-113575 ] -NFSサービスフォームを新しいixフォームにリファクタリングします
  • NAS-113649 ] -azureでのみ動作するwaagentを調査する。
  • NAS-113671 ] -ロードインジケーターにコンソールを表示するためのサポートを削除します
  • NAS-113679 ] -不要なパスワードチェックを削除します
  • NAS-113689 ] -プールプラグインからoscを削除します
  • NAS-113702 ] -SCALEのpool.import_poolを改善
  • NAS-113716 ] -ホストはTFTPサービス構成フォームのドロップダウンである必要があります
  • NAS-113734 ] -[優先度の調整]ボタンの名前を変更
  • NAS-113793 ] -SCALE HAdbからint_pass列を削除します
  • NAS-113821 ] -LLDPフォームを新しいixフォームにリファクタリングします
  • NAS-113847 ] -ネットワークプラグインを整理します
  • NAS-113855 ] -zstdパッケージをSCALEに追加します(コアダンプを解凍するため)
  • NAS-113914 ] -Minioをエンタープライズプラグインリポジトリに追加
  • NAS-113915 ] -OpenZFS2.1.2と他のいくつかのコミットをマージします
  • NAS-114011 ] -SCALE用のPlexのPlexPassバージョン
  • NAS-114028 ]-「tls_server_uri」の入力フィールドをS3設定フォームに追加します
  • NAS-114043 ] -TrueNASカタログアプリのUIにTTYを公開する
  • NAS-114137 ] -S3設定フォームに入力フィールド「console_bindport」を追加します
  • NAS-114297 ] -更新ページからドキュメントへのリンクを追加
  • NAS-114379 ] -ミドルウェアの再起動後のvm.queryのパフォーマンスを改善
  • NAS-114448 ] -エクスポート/切断ダイアログを別のコンポーネントにリファクタリング
  • NAS-114492 ] -Linux v5.10.93をマージする。
  • NAS-114500 ] -SCALEのsnmp-agent.pyget_Kstatでのマイクロ最適化
  • NAS-114531 ] -debian upstream からプルする。
  • NAS-114638 ] -TrueNAS/Linux CIで重複するアクションの実行をスキップする
  • NAS-114697 ] -構築物の中の SCALE アップデートファイルはバージョン文字列で命名する必要があります。
  • NAS-114773 ] -xattr_compat を zfs_xattr_compat という調整変数にする。

新機能

  • NAS-105932 ] -ACMD DNS Authenticatorをいくつか追加しました。
  • NAS-108574 ] -MinioチャートのTLSサポートを追加
  • NAS-108575 ] -Dockerイメージの更新を無効にすることを許可する
  • NAS-108577 ] -nextcloudチャートでpostgresのバックアップを取る
  • NAS-108689 ] -チャートリリースリソースの変更に関するチャートリリースイベント
  • NAS-108691 ] -Apps用ミドルウェアで次に使用されないポートを取得する機能
  • NAS-108692 ] -ミドルウェアで k8s pods のログを取得する機能
  • NAS-109470 ] -ix-chartでのセキュリティ権限の設定を許可する
  • NAS-111274 ] -ボリュームの永続性のため、Nextcloudサーバーアプリを構成できません
  • NAS-112591 ] -多数のスナップショットのアラート
  • NAS-112741 ] -TrueNASダッシュボードのヘルプウィジェット
  • NAS-113095 ] -Machinaris Chart v0.6.x(新しいアーチには複数のコンテナが必要です)
  • NAS-113455 ] -systemdプリセットがどのように機能するかを文書化してください
  • NAS-113675 ] -ダッシュボードウィジェットの並べ替えを許可する
  • NAS-113759 ] -新しいFTPオプション:timeout_notransfer
  • NAS-114241 ] -レプリケーション構成
  • NAS-114454 ] -cryptoプラグインのユニット/apiテストの追加
  • NAS-114619 ] -22.02 用のビルドをブランチアウトしました。

大作

  • NAS-108382 ] -ローカルで結合されたGluster Volumesをマウントします
  • NAS-109636 ] -検出されたzpoolに基づいてフェンスで囲まれた予約ディスクを作成する機能を追加
  • NAS-111870 ] -ネイティブAPIのDemocratic CSIの使用をサポートするためのミドルウェアの追加変更。
  • NAS-111907 ] -OSサービスリポジトリへのバグクラークの可視性

バグの修正

  • NAS-108202 ] -nginx構成ファイルでOCSPステープリングが有効化されていないため、不正な署名が発生する。
  • NAS-108333 ] -glustersmb統合用のctdbプラグインを作成します
  • NAS-108334 ] -ctdbリカバリデータベース用のgluster共有ボリュームを作成します
  • NAS-108939 ] -ダッシュボードメモリの凡例の色が変わります
  • NAS-109118 ] -公式カタログアイテムにライブラリチャートを使用
  • NAS-109138 ] -ctdb.shared.volume と gluster.volume/peer CRUD API を修正した。
  • NAS-109194 ] -SCALE HA の k3 と VM を適切に処理するようになりました。
  • NAS-109206 ] -ctdb.public.ip.create でインターフェース検証を追加。
  • NAS-109304 ] -zfs.dataset.create は pool.dataset.create のようにデフォルトで xattr=sa に設定されるようになりました。
  • NAS-109322 ] -SCALEでフェンスされたreset_keys()のタイプミス
  • NAS-109325 ] -グラスターパスに関するcheck_path_resides_within_volumeを修正しました。
  • NAS-109451 ] -ctdb.general.ipsを修正
  • NAS-109456 ] -system.is_freenas の内部使用を非推奨とする。
  • NAS-109491 ] -システムが HA 用にライセンスされているかどうかをキャッシュする (failover.licensed)
  • NAS-109497 ] -イベントに基づいて全てのglusterボリュームをマウントするために cluster_events APIを変更する。
  • NAS-109498 ] -gluster FUSE api を追加しました。
  • NAS-109597 ] -FailoverService HA_MODE/HA_LICENSED が動作しない。
  • NAS-109599 ] -jail_freebsdのトレースバック
  • NAS-109602 ] -libvirt event_loop_connection でトレースバックが発生しました。
  • NAS-109617 ] -gluster.peer.status API の改善点
  • NAS-110853 ] -データセットからキーをエクスポートしてもjson出力がレンダリングされない
  • NAS-111581 ] -アップストリームxattrの互換性
  • NAS-111680 ] -ユーザーがキャプチャを入力する必要がある場合、サポートフォームは正しく機能しません
  • NAS-111800 ] -レプリケーションに失敗しました:レジュームストリームを受信できません:スペースクォータを超えました。
  • NAS-111810 ] -MINIO_ACCESS_KEYとMINIO_SECRET_KEYを交換することで#116を修正
  • NAS-111814 ] -コンテナ内のアプリによって生成されたコアダンプを報告しない
  • NAS-111851 ] -TrueNAS Scale マニュアルページの URL が不正確または古くなっています。
  • NAS-111858 ] -TrueNAS-12.0-U4.1 アラートメールは「警告」と「即時」に設定されていますが、失敗したSSHログインのために毎日(真夜中に)アラートを送信しています。
  • NAS-111989 ] -アップデートサーバーへのダッシュボードコールをロードする。
  • NAS-111998 ] -CLI:ネットワークインターフェースのセットアップは非常に直感的ではありません
  • NAS-112122 ] -クラウド同期タスクは構成済みのサブフォルダーを無視します
  • NAS-112189 ] -K8S IngressのSSL証明書を選択するためのスクロールバーがない。
  • NAS-112307 ] -プロキシホスト使用時にダッシュボードのCPUレポートが破損する。
  • NAS-112334 ] -アプリケーションはルートを追加します-デフォルトルート-truenasスケール
  • NAS-112371 ] -暗号化を使用して新しいプールを作成するための誤解を招く曖昧な説明
  • NAS-112667 ] -python3.9: middlewared (zettarepl)でコアが生成されました。
  • NAS-112912 ] -SCALEでWebUIおよびSSHアクセスが失われました
  • NAS-113041 ] -FTPタイムアウトが受け入れられません
  • NAS-113212 ] -カーネルのバグ後にシステムがフリーズ/再起動しない
  • NAS-113277 ] -SCALEで再現可能な仮想化システムのクラッシュ/ブートループ
  • NAS-113314 ] -デュアルソケットEPYCシステムのGUIでCPU使用率レポートが正しくない
  • NAS-113406 ] -Truenasスケール-情報メッセージは、Freebsdに基づいていることを示しています。
  • NAS-113441 ] -専用ユーザーによるレプリケーションが壊れたTrueNAS Core -> TrueNAS Scale /usr/sbin がPATHにありません
  • NAS-113453 ] -ブラウザタブを開いたままにすると、システムは継続的に正常なシャットダウンを実行します
  • NAS-113490 ] -[SCALE] 証明書のダウンロードが正しく動作しない。
  • NAS-113492 ] -プラグインのインストールは不可能です
  • NAS-113494 ] -一部のディスクでディスクのワイプが非常に遅い
  • NAS-113520 ] -次の実行可能ファイルのコアファイルが見つかりました:smartctl
  • NAS-113527 ] -TFTPを開始できませんでした
  • NAS-113560 ] -ジョブリストのタブを変更しても、テーブルは更新されません。
  • NAS-113564 ] -インストーラーがUEFIを起動しない
  • NAS-113568 ] -ネットワークUPSツールにSNMPドライバーがありません
  • NAS-113570 ] -スケール-ブートプールのスワップパーティションが新しく使用されました
  • NAS-113583 ] -プールを拡張できません
  • NAS-113588 ] -パスワードは必須のFTPクレデンシャルフィールドではありません
  • NAS-113590 ] -クラウド同期タスクを編集する方法が不明確です。
  • NAS-113609 ] -M60には「SATADOMWear」のトレースバックアラートがありますが、システムにはSATADOMがありません
  • NAS-113615 ] -ioctlを介したimmutableフラグの設定に関する実装を追加。
  • NAS-113630 ] -Kubernetesは新規インストールで起動しません
  • NAS-113641 ] -[表示]ボタンをクリックするとバインドIPアドレスが無視されます
  • NAS-113642 ] -TrueNASスケールUPSサービスを開始できません
  • NAS-113651 ] -クレデンシャルの修正ボタンは何もしません
  • NAS-113652 ] -アプリを開くときのContainer_imagesエラー
  • NAS-113664 ] -SCALEでfsrvpに必要なパラメーターを追加します
  • NAS-113682 ] -共通ライブラリを更新
  • NAS-113687 ] -ドキュメントブートCDおよびPythonパッケージ
  • NAS-113700 ] -アプリが機能せず、チャートジョブが完了しない
  • NAS-113706 ] -クラウド同期タスク:ヌル認証は許可されません。
  • NAS-113708 ] -検索フィールドのオートコンプリートを修正
  • NAS-113709 ] -RebootページでTrueNASのロゴがボックスに収まらない。
  • NAS-113720 ] -SMBサービスはアルファベット順にリストされていません
  • NAS-113727 ] -数日後にWe​​bGUIが応答しなくなる
  • NAS-113733 ] -VMデバイスがUIで削除に失敗した場合に適切に報告する
  • NAS-113740 ] -mail.sendタスクが失敗します。問題のあるメールアドレスが見つかりません
  • NAS-113753 ] -ネストされた `Dict`検証エラー属性名を修正
  • NAS-113754 ] -ファイルシステムAPIテストでのパラメータ化の不要な使用を削除します
  • NAS-113756 ] -フォームチップを修正
  • NAS-113757 ] -LetsEncrypt証明書がアプリケーションチャートに表示されない
  • NAS-113758 ] -データセットの暗号化サマリーのバグ修正
  • NAS-113760 ] -データセットからキーをエクスポートしてもjson出力がレンダリングされない
  • NAS-113772 ] -仮想化:エージェントのサポートがないため、SPICEはディスプレイのサイズ変更をサポートしていません
  • NAS-113781 ] -TrueNASスケール-iftopは巨大なCPU負荷をかけています
  • NAS-113785 ] -SCALE NIGHTLY:デバッグを作成できません
  • NAS-113789 ] -API検証を通じてマルチチャネルSMBの有効化を許可
  • NAS-113790 ] -「vdevで異なるサイズのディスクを混合することは許可されていません。」
  • NAS-113791 ] -空のfromemailを許可する
  • NAS-113798 ] -machinaris構成の更新を修正+追加の環境変数を追加(ワーカーセットアップのベース)
  • NAS-113811 ] -TrueNASは、あるzpoolのHDDを使用して別のzpoolを作成することを提案できます!
  • NAS-113812 ] -NFSラージファイル転送がsec = krb5pまたはkrb5iで終了することはありません
  • NAS-113816 ] -wsdd構成の生成を修正
  • NAS-113817 ] -EntityJobComponentのエラーを閉じることができません
  • NAS-113838 ] -クラウド同期ドライランWebSocketパフォーマンスの改善
  • NAS-113848 ] -VMはISOが接続された状態で起動できません
  • NAS-113853 ] -VDEV削除エラー-ディスクのワイプに失敗しました:2) sdi: [ESERVICESTARTFAILURE] smartdサービスを開始できませんでした
  • NAS-113856 ] -SQLAlchemy 1.4は、alembicを介して列を追加するときに `default =`を使用しません
  • NAS-113861 ] -SQLAlchemy1.4との互換性
  • NAS-113867 ] -ユニットテストは実際のネットワーク要求を行うべきではありません
  • NAS-113890 ] -KeyErrorを修正: 'naming-schema'
  • NAS-113892 ] -GUInvme手動スマートテストValidationErrors
  • NAS-113903 ] -Firefoxでtype = "number"検証を入力
  • NAS-113907 ] -Ganesha v4.0を使用してビルドする。
  • NAS-113912 ] -ボタンのフォントが異なります
  • NAS-113918 ] -TrueNASスケールアップグレードのインストールが失敗する
  • NAS-113921 ] -オプションでget_user_obj出力を拡張してgrouplistを含めることができます。
  • NAS-113937 ] -ユーザーコンテキストを実装したコマンドの実行を改善しました。
  • NAS-113943 ] -[SCALE RC2] WebUIがIフレームへのロードを防止
  • NAS-113953 ] -ロケールが「English (en)」でない場合、CPU以外のレポートはダッシュボードにリダイレクトされるため、アクセスできません。
  • NAS-113961 ] -使用されているデータベースのサイズ1.07GiBが1.01GiBより大きい
  • NAS-113967 ] -TrueNASの更新に失敗しました
  • NAS-113970 ] -ディスクレポート固有のドロップダウンにコンテンツが表示されない
  • NAS-113987 ] -「インストール済みアプリケーション」画面の読み込みに時間がかかる
  • NAS-113995 ] -大きなデバッグファイルでチケットを作成できませんでした
  • NAS-113999 ] -アプリはロックされたデータセットのパスにディレクトリを作成し、マウントできないようにします
  • NAS-114005 ] -PCIパススルーを備えたVMが起動しない
  • NAS-114012 ] -CoreからScaleへのアップグレード、非常にマイナーなネットワークバグ(DHCP)
  • NAS-114013 ] -CLIメニュー:メモリリークとスレッド使用率
  • NAS-114015 ] -エクスポート/ディスコネクトに失敗します。PoolDatasetが存在しない
  • NAS-114020 ] -NAS-110600が解決済みとしてマークされているにもかかわらず、同じバグにより、2つの古いプールを切断できない状態が続いています。
  • NAS-114022 ] -[SCALE] WebUIは既に終了しているにも関わらず、"Unlocking Datasets "を表示し続けます。
  • NAS-114024 ] -空の/不正な形式のチャート/質問のyamlファイルを適切に検証します
  • NAS-114025 ] -デフォルトでaptを無効にします
  • NAS-114026 ] -存在しないPCIデバイスが原因でVMの削除が失敗する
  • NAS-114029 ] -初期化されるプラグインのフルネームを出力します
  • NAS-114031 ] -Nextcloudのアップデートが終了しない
  • NAS-114032 ] -エンティティが空の場合は中央に配置する必要があります
  • NAS-114034 ] -プラグインとしてNextcloudをインストールすると、phpエラーが発生します
  • NAS-114045 ] -TruenasスケールPCIeパススルーの問題-RAIDカードが表示されない
  • NAS-114047 ] -コアファイルが見つかりました
  • NAS-114058 ] -プール作成での重複ドライブ
  • NAS-114074 ] -SCALE22.02-RC.2でのホスト名データベースのリグレッション
  • NAS-114076 ] -プール内のドライブを交換すると、プールが異常として表示されます
  • NAS-114084 ] -ZFSメタデータの破損-ダッシュボードのプール状態が緑色
  • NAS-114087 ] -VM-RAWファイルタイプが壊れている/ VMを実行できません
  • NAS-114088 ] -クラウド同期タスク-WebUIが壊れています
  • NAS-114092 ] -子を持つデータセットを削除します-100%のlsof
  • NAS-114113 ] -zettareplのメモリリーク
  • NAS-114116 ] -minioコンソールポートを構成可能にする
  • NAS-114122 ] -SCALE Nightlies-アプリのアップグレード画面の読み込みがまだ遅い
  • NAS-114130 ] -wg / macvtapインターフェースを複製されたインターフェースとして正しく認識します
  • NAS-114135 ] -APIテストでアサーションエラーを正しく発生させる
  • NAS-114144 ] -ユーザーrootのアップグレード後、SSHのログインシェルがありません
  • NAS-114146 ] -「プールの作成」ダイアログの改善
  • NAS-114149 ] -SSDにSCALEをインストールできません「サイズパーティションテーブルエントリは0バイトです」
  • NAS-114159 ] -ビルドドキュメントを修正
  • NAS-114170 ] -カタログデータセットがロックされていることを適切に確認する
  • NAS-114171 ] -ScaleとCore:「Serial Shell 」フランス語訳
  • NAS-114176 ] -スナップショットが有効で既存のZvolでクラウド同期が失敗する
  • NAS-114187 ] - Avahiコンフィグにallow interfacesディレクティブを追加しました。
  • NAS-114189 ] -統合テストの実行中に発見されたいくつかのスキーマエラーを修正…
  • NAS-114207 ] -読み取り専用モードでエクストラをマウントする機能
  • NAS-114208 ] -Kubernetes/Docker 環境変数に "y" の値を指定すると "true" になる。
  • NAS-114212 ] -レポートダッシュボードが動作しない
  • NAS-114214 ] -データセットを削除すると、レプリケーションタスクが削除されます
  • NAS-114215 ] -[SCALE] ディスクレポートにプール内の正しいドライブが表示されない
  • NAS-114223 ] -アプリのバックアップを作成するときにDockerデータセットのスナップショットを取得しないようにしました。
  • NAS-114224 ] -APPS: 起動Dockerイメージと設定のドロップダウンの修正
  • NAS-114226 ] -waagentを自動的に有効にしない
  • NAS-114228 ] -zettarepl.create_recursive_snapshot_with_exclude
  • NAS-114248 ] -Dockerクライアントで認証ヘッダーを選択的に処理します
  • NAS-114279 ] -ミドルウェアログのpyrouteログのフットプリントを削減
  • NAS-114280 ] -特定の sysctl を設定して、システムの挙動を適切に構成する。
  • NAS-114302 ] -エンクロージャーが見つからなかったことを1回だけログに記録します
  • NAS-114306 ] -Windowsでsmb共有が開いている間に、アプリを削除する。
  • NAS-114338 ] -パススルーデバイスを分離するための警告が表示されない
  • NAS-114347 ] -仮想マシンの起動または停止時に仮想マシンリストが更新されない
  • NAS-114353 ] -zvolの作成/削除時に `disk.sync_all`を実行しないでください
  • NAS-114356 ] -開いたスナップショットハンドルを確実に閉じる。
  • NAS-114358 ] -UI + CLI全体の様々なタイムスタンプで誤ったタイムゾーンが発生する。
  • NAS-114359 ] -`replication.run_onetime`f…に `exclude_mountpoint_property`を提供します
  • NAS-114360 ] -ディスクのバス属性を正しく取得する
  • NAS-114375 ] -再起動後に静的ルートが追加されない
  • NAS-114378 ] -起動時に kubernetes 上で常に no-execute taint を追加することを調査する。
  • NAS-114381 ] -acme.clientのログレベルを増加させる。
  • NAS-114391 ] -レプリケーション中にランダムにエラーになる。"Timeout in head()"
  • NAS-114393 ] -App Catalog Syncが遅すぎる。
  • NAS-114394 ] -guiのhttpsの証明書を更新できない。
  • NAS-114404 ] - cryptoプラグインを別のサービスパーツに移動します
  • NAS-114405 ] - [SCALE] データ損失:バックアップが復元されるとPVCが破壊される
  • NAS-114410 ] -カスタムcronジョブのモーダルは小さい画面で切断される
  • NAS-114417 ] -オリジナルの作成プロパティのdictを修正しないでください。
  • NAS-114420 ] -Cloud Sync Task UIでディレクトリ/ファイルのチェックボックスがチェックされたままにならない。
  • NAS-114428 ] -Include Dataset Propertiesの設定を解除した場合の検証エラーのトレースバック。
  • NAS-114431 ] -VMパフォーマンスの向上
  • NAS-114435 ] -`IoThreadPool`を修正
  • NAS-114444 ] -MachinarisのShibgreenサポートを追加
  • NAS-114481 ] -Linuxでのxattr互換フォールバック処理を修正
  • NAS-114501 ] -services / nfs-カーネルNFSサーバーに変換
  • NAS-114503 ] -スナップショットマウントポイント用のメモリを解放します
  • NAS-114506 ] -GPUが存在しない仮想マシンを削除できません
  • NAS-114513 ] -nightliesビルドの13.0freenas / webuiを修正
  • NAS-114519 ] -2番目のネットワークブリッジをスケールに追加した後、Kubernetesが使用できなくなりました
  • NAS-114529 ] -py-libzfsイテレータのメモリリークを修正
  • NAS-114533 ] -レプリケーションはナイトリービルドでは機能しなくなりました
  • NAS-114541 ] -「スペース」を含むNFSパスが表示されない
  • NAS-114546 ] -UIの一部のテーブルは、空の状態と読み込み状態で整列されたままになっています
  • NAS-114555 ] -イテレータでzpoolハンドルが確実に解放されるようにする。
  • NAS-114567 ] -py-bonjourの依存関係を削除します
  • NAS-114569 ] -未使用のパッケージを削除します
  • NAS-114573 ] -プロセスプールのデッドロックを修正
  • NAS-114581 ] -法外なミドルウェアサービスのメモリ使用量を修正
  • NAS-114594 ] -12.0-U8へのアップデート後、S3が起動に失敗する。
  • NAS-114596 ] -SMB_HA_MODE用のcache.getへの余分な呼び出しを排除する。
  • NAS-114601 ] -TrueNASからFreeBSD13.0オフサイトサーバーへのプッシュレプリケーションの問題
  • NAS-114620 ] -UIで中間CAを作成できません
  • NAS-114622 ] -証明書をインポートするときにCSRを言うようにUIの詳細を修正
  • NAS-114623 ] -get_smartd_schedule_piecesを修正
  • NAS-114632 ] -WebSocketのリグレッションを修正
  • NAS-114635 ] -修正 `22.02-MASTER-20211206-192929から22.02-Cにダウングレードできません…
  • NAS-114655 ] -nfsv4 acltypeがNFS 4クライアントで機能しない
  • NAS-114667 ] -SCALE Nightlies - アプリケーションのkubernetesクラスターの起動に失敗しました
  • NAS-114689 ] -hostPathスキーマ検証用の$refを追加します
  • NAS-114702 ] -「mail_html」がsys.moduleエラーにありません
  • NAS-114704 ] -[SCALE] nfsサービスを開始できません。(少なくとも /etc/exports が生成されない)
  • NAS-114710 ] -エラー:22.02-MASTER-20220207-112927から22.02.1-MASTER-20220208-034252にダウングレードできません
  • NAS-114721 ] -タイプセーフなジョブの進行状況のデフォルト
  • NAS-114722 ] -ジョブの進行状況をより安全に報告
  • NAS-114723 ] -TrueNASスケール-sdparmコマンドがありません
  • NAS-114732 ] -`disk_entry`スキーマを修正
  • NAS-114733 ] -有効なシリアルをチェックするときのシリアルコンソールテストを修正
  • NAS-114734 ] -NFSカーネルサーバーのACLチェックを修正
  • NAS-114784 ] -NFSエクスポートがマウントポイントであるかどうかのサブツリーチェックを無効にします
  • NAS-114795 ] -allow_nonrootの動作を修正しました
  • NAS-114807 ] -構成の更新時にNFSサービスを再起動します

既知の問題点

キー 概要 回避策
ZFS機能フラグは削除されました。 詳細については、 ZFS機能フラグの削除を参照してください。
SCALE Gluster/Cluster Gluster / Clusterの機能はまだテスト中です。管理者は、展開する際に注意を払い、重要なデータでの使用を避ける必要があります。
NAS-110263 AFP共有はTrueNAS SCALEから削除されます。このプロトコルは非推奨になり、開発努力やセキュリティ修正は受けられなくなりました。 TrueNAS SCALEは、既存のAFP共有をAFP共有のように機能するように事前設定されたSMB構成に自動的に移行します。
NAS-111055 カスタムカタログのインストールによるUIの速度低下 TrueCharts はリポジトリが大きいため、レポを初めて TrueNAS に追加するとき、またはアップグレード後に追加するときに、パフォーマンスの問題があります。Apps カタログを更新する必要があるユーザーは、最初の同期が完了するまでの少しの時間待つ必要があります。
NAS-111547 ZFSは、ホットプラグの削除時にvdevIOエラーをカウントするべきではありません プールのステータスは、ディスク交換イベントですぐには更新されません。

ZFS機能フラグの削除


エグゼクティブサマリー

  • ZFSxattr_compat機能フラグが削除されました

この変更の影響を受けているかどうかを確認する方法

  • 2021年6月29日から2021年7月15日までのTrueNAS SCALE nightly ビルドを使用してプールを作成またはアップグレードしたユーザーは、この変更の影響を受けます。
  • データセットに xattr_compat=all を手動で設定し、xattr を書き込んだユーザーは、この変更の影響を受けます。
  • 不明な場合は、プールのxattr_compat機能フラグのステータスを確認できます。フラグがアクティブ状態の場合、この変更の影響を受けます。

ZFSFeatureFlagsRemovalExample5.png

影響を受けた場合の解決方法

  • この機能が有効なプールは、バックアップを取り、この機能がないバージョンのZFSで作成されたプールにリストアする必要があります。データ保護手順を実行する方法の詳細については、TrueNAS SCALE Data Protection のドキュメントを参照してください。

変更の背後にある技術的な詳細

詳細については、ZFS機能フラグの削除に関する記事を参照してください。

 

About

2022年02月23日 23:05に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「TrueNAS on Linuxを初公式リリース!(TrueNAS SCALE)」です。

次の投稿は「カシオ光ナビゲーションキーボードのプリキュアの収録曲を調べる」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM