在宅勤務で自宅PCをパワーアップ(3)

在宅勤務していると自宅PCを触っている時間が長くなるのでついついカートに入れる練習がはかどる。

在宅勤務で自宅PCをパワーアップ(1)(2)

でメインPCと旧艦これPCのグラボをパワーアップしたわけですが、
もちろん前兆があったわけです。

ゲーム用のRyzen 5 3400G PCに 1660 Super を積んでみました(笑)。
(在宅勤務に使ってるわけじゃないけど)


MSI GeForce GTX 1660 SUPER VENTUS XS OC グラフィックスボード VD7111

ビデオカードはなんとなくMSI、AEROのシングルファンじゃなくて、VENTUSっていうデュアルファンのグレードで、予算的には3万円程度、ということでコレ。

ゲームっていっても、 Unrailed! しかしないけどね。

最近のUnrailed! クライアントのアップデート後、たまにガクッと画面が固まるときがあって、一緒にプレイしていた人が、それなりのスペックのゲーミングPCで「止まらないよ」って言っていたので。

MSI Afterburner で見てると、Vega 11はフルHDで高設定くらいだとけっこういい線の負荷なので、買ってみたわけ。


で、実はゲーミングPCはmini-ITXのケース、


IN WIN Chopin

に入っているのでビデオカード刺さんないんですよね。


長尾製作所 グラフィックボード ディスプレイ台 NB-VGA-DP01

でコレ。

ディスプレイ台と書いてあるけど、PCIeライザーケーブル使えば外付け化できるんじゃね?
とフタの閉まってない IN WIN Chopin を見ながら思いました。


EASYDIY FD R6 ケース用 新しいPCI Express PCIe3.0 16xフレキシブルケーブルカード拡張ポートアダプタ高速ライザーカード 垂直GPUライザーケーブル - 20cm 90度

90度タイプがちょうどいいんじゃないかなと。
IN WIN Chopin から引っ張るには、20cmだとちょっと長いんだけど、15cmとか見かけないのでコレで。

あと、150W電源じゃ無理だと思うので、ATX電源を購入。
ケースに収まらないのでフルプラグイン。


玄人志向 STANDARDシリーズ 80 PLUS GOLD認証 550W フルプラグインATX電源 KRPW-GK550W/90+

ケースに収めようとすると、小型のケースはみんなSFX電源とか要求してくるので、あとでケースに収めることを考慮するとSFX電源かなあ、としばらく考えたあげく、いったんバラバラ構成(笑)。

入れ替えるケースとかも検討してたんだけどイマイチ決まらない。
で、IN WIN Chopin が Ryzen 5 3400G のリテールクーラーが側板が外しっぱなしなのでそのまま拡張するという。

ちなみに Unrailed! は美麗2でも負荷が余裕になっただけで、60FPSで、ガクッと引っかかる症状は変わらず(苦笑)。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1787

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2020年05月04日 19:23に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「在宅勤務で自宅PCをパワーアップ(1)(2)」です。

次の投稿は「HopeWant 3Dプリンター(IUSE IUM1)にUltimaker Curaでスライスして印刷する」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM