花見

さて、そろそろ花見のシーズンですね。

開花期間を考えると、1週か2週くらいしかベストタイミングがないのでなかなかシビアですが、独特の浮ついた感じが好きですね。

なぜ人は、桜の下で酒を飲むのか

まあ、発祥が神事であるとするのなら、大手を振って飲みあか…


どんちゃん騒ぎをすればよいと言うわけではないですね。

面白いサイトを見つけたよ。: 桜100選

マピオン:桜100選!を見に行こう

が紹介されていました。

花見の会場になる場所がメジャーな花見スポットなら、露店もいっぱい出てて、そこで買い食いするのもいいですし、ちょっとオツに野点に参加するということもあるでしょうが、

やはりメインストリームはブルーシートでアウトドア宴会ですよね(力説)。

ちなみに花見に合わせて販売される花見弁当も

現代より豪華!? 江戸時代の花見弁当

にあるようなデラックスなものもあるのでしょうが、各自手持ちのネタをなんか持ち寄ったりするだけでも立派なものになると思います。

もっとも私の場合は、花冷え対策も兼ねて熱源である七輪を持ち込むので精一杯ですが、風が強くなければカセットコンロも十分活躍してくれますね。

デラックスなお肉を用意して炭火焼き肉をしたり、
鍋でおでんを温めて熱々なところをいただいたり、
酒の肴を炭火で軽くあぶったり。

バーベキューとかアウトドア下火なので、こういう機会にちょっとは溜飲を下げてみるのもオツなのでは。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/183

コメント (2)

さかき:

やりたいことって、例年やってるお花見と変わりませんなぁ。(;´∀`)
ご所望の千葉公園の写真はまた別途ー。
と書き込みテストも兼ねてみました。

書き込みありがとうございます。
Moblogに登録しておきましたので、
ケータイ写真、楽しみにしています。

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2004年03月18日 11:37に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ウェブログで何をするのか?」です。

次の投稿は「MP3プレイヤー」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM