放電機能付き充電器 EBL RM-72

単3型・単4型の充電式電池(エネループとか)を使っていると、中途半端に使って、中途半端に時間が経った電池をリフレッシュしたいときがあります。
まー、リフレッシュ機能でもいいんだけど、あれだと最後に充電されちゃうんで…。充電は既存の充電器を使おうと思ってる。

通常の充電のときはパナソニックの充電器、


BQ-CC85
機能は充電のみで、電池のヘルスチェックが厳しい気がします。


パナソニックの充電器ではハネられてしまう少しヘタってきた電池はXTARの充電器で充電しています。


リンクはVC4SLだけど持ってるのはVC4S
充電と、リチウムイオン電池を満充電から保管用に少し放電するストアリングモードと、
一旦フル充電してから放電して、空になってから再度フル充電することで電池性能を計測しようというグレーディングモードがある
電池のチェックがユルイというのか、パナソニックの充電器でハネられてしまう少しヘタってきた電池も充電してくれる。
ただ、もう少しヘタりが進行してくると、コッチでもハネられたり、あっという間に充電が完了したことになってしまう電池がある。


で、単純に放電して、改めて充電し直せる状態にできる充電器(いやこの場合放電器か)がないかなあ、と探してポチったのが



EBL 急速充電器 放電機能搭載 RM-72
電源がUSBじゃなくてACなので。

左側のスイッチを押すと、
Test Discharge
って表示が出てTestが点滅して放電していくだけ。
表示は割と素っ気ない。
放電が終了するとTest Dischargeの表示が消えて、
それまでに放電できた電力量が表示されてる。
10mAh単位らしい。まあいいけど。

期待通り放電ができるので、この充電器で一旦放電してから、
BQ-CC85 とか VC4S とかで充電します。
(一度充電してみたけど、 Full って言ってくるのが少し早くて、もうちょっと充電していいんじゃないかと思った)



EBL 単三・単四充電池充電器 8つのスロットLCD付き 放電機能付き
の方が安いんだけど。こっちは8スロットもあってかさばるのと、USB電源なのでやめた。
USB電源が必要な物が多すぎない?

で、数日後にAmazon見たら在庫切れ再入荷予定なし、になってしまったので、今から放電機能付きの充電器を買おうとしたら、上の8スロットのにするか、4スロットだと

 

Dlyfullのこのあたりかなあ。

リフレッシュ機能だと、その充電器で最後フル充電されちゃうので、単なる放電機能があるやつを使いたかった、という話です。


About

2022年10月01日 12:12に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「iPhone の写真の保管方法」です。

次の投稿は「TrueNAS をスキップしたバージョンにロールバックする」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM