iPhone の写真の保管方法

iPhone のカメラ性能が高くなってきて、写真はことごとくiPhoneで撮る、ということも多くなってきたと思います。
ですが、そのかけがえのないデータを、撮影したデバイス1つの中に入れているだけだと何かあったときに取り返しがつきません。

そこで、iPhone で撮った写真の保管方法ですが

1. iCloud

2. その他の写真向け「クラウド」

3. パソコンに接続してパソコンにコピー

4. USBメモリやSDカードなどを iPhone に接続してコピー

などが上げられると思います。


iCloud は Apple 社が使うことを想定して提供しているサービスなので、まあ無難ですが、少し写真が多くなれば簡単に無料範囲を突破するでしょう。
有料で契約するというのももちろんいいのですが、価格体系、容量制限が今のままかの保証はありません。
(とはいえ、Appleさんの戦略としては全てiCloudに囲い込んで、容量追加のための課金で回していこうとしてると思うので、一気に顧客を失うような改悪はしないでしょうが…)

その他Apple以外の提供元の写真向けクラウドサービスも同様で、さらにこちらの場合はiPhoneの対応をいつまで続けるか、というのも問題になってきます。
iOSのアップデートにともない利用不可になってしまったりすることも考えておかなければなりません。

写真は画像ファイル1つ1つのデータですので、レガシーな方法で保管しておくのに越したことはないと思いますので、
パソコンに接続してコピーしておくのは、他の手段を取るとしても、行っておいたほうがいいのではないかと思います。

手元のパソコン上にコピーするだけでバックアップが1つ。
パソコンからNASや外付けハードディスクにコピーしておくとバックアップが2つ確保できます。

また、パソコン上のデータになっていれば後加工もしやすくなります。

また、USBメモリやSDカードなどをiPhoneに接続できるデバイスもいかんせんiOSのアップデートの際に使えなくならないかびくびくしなければならないところがあります。

About

2022年09月26日 09:17に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ノートパソコンの選び方」です。

次の投稿は「放電機能付き充電器 EBL RM-72」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM