Kenko 顕微鏡 Do・Nature STV-120M の3Dプリンターノズル観察用アタッチメント

do_nature_adapter.png


Kenko 顕微鏡 Do・Nature 60-120倍 LEDライト内蔵 コンパクト携帯型 STV-120M

というアウトドア向け(?)簡易顕微鏡で、
3Dプリンターのノズルを観察しようとしたところ、
ノズルの先端に位置合わせするのが面倒なので、
ノズルの位置合わせ用の治具を作ってみました。

do_nature_nozzle_adapter.zip


DSC02193.jpg

R0019051.jpg

こんな風にノズルをはめた上から本体をはめて観察します。

本体を外さずにノズルを交換できる機構とかは考えなかった。

ender-3_s1_pro_spare.jpg

Ender-3 S1 Pro の予備ノズルを見てみました。

About

2022年08月28日 16:57に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「SwitchBot Hub Mini がしばしばインターネットにつながらない」です。

次の投稿は「eBox に温湿度計をつけてみた」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM