SwitchBot Hub Mini がしばしばインターネットにつながらない

家の温度計として、
SwitchBot を設置していて、ついでに別のスマートプラグも動作が怪しくなってきたので、
SwitchBot プラグミニを買って交換したのですが、あるときから
SwitchBot Hub Mini がしばしばインターネットにつながらない状況になってきました。

特にWi-Fiの設定を最近になって変えたりはしていないので、
ググるといっぱいヒットする
「ルーターを買い換えたら Hub Mini がインターネットにつながらなくなった(Wi-Fi設定が変わったのに再設定していない)」
という話ではない。
(そもそもAPには接続できてて、AP側からクライアントリストにも出てくるし、SwithBotアプリでも、ルーターに接続中はクリアしてインターネットに接続する段で時間がかかってエラーになる)

ウチのネットワーク環境で逸般の誤家庭的なのは、
DHCPサーバーとDNSサーバーがCentOSで構成されててルーターの機能使ってないのと、
ルーターはルーター、AP用に別のルーターをAPモードで設置していることかな。

で、Wi-Fiの設定をあれこれいじる度に Google Nest Hub とかがインターネットからぶち切れるのが煩わしいので、トラベルルーターを用意して、2段ルーター構成にしてやってみる。

変わらず(笑)。



ということで、そろそろ面倒になってきたので解決策を書く。

2段ルーターになっている方でDHCPサーバーを作動させて、このDHCPが配る設定を、DNSはCentOSではなく、プロバイダーが1段目のルーターに割り当ててきてるIPアドレスを直接記述する。
(2段ルーターのWi-Fiの配下には SwitchBot Hub Mini しかいない)

なお、2段ルーター自身をキャッシュDNSにするのもうまく動作しなかった。
(設定用に同様に配下に一時的に入るスマホは問題ないんだけど。)

パソコンとかスマホ、iPadや Google Nest Hub とかは何事もなくCentOSのDHCPとDNSを受け入れて何事もなく動作しているので、SwitchBot だけ何かデリケートみたい。

(参考)
見たけど役に立たなかった。
SwitchBotハブミニがWi-Fiルーターに接続できない時の対処方法
ハブミニはよくインターネットに接続できない

 

 

以前は
Netatomo
使ってたんだけど、近所の電波が混雑してきたのか、自分のWi-Fiが強力なのにしたせいなのか、室外子機・室内子機が別の部屋に持っていくと通信しなくなっちゃうので諦めた。

また、スマートプラグは1個リレーがおかしくなって捨てたのと、時折 Google Nest Hub から音声で操作できなくなったり、本体のボタンで反応しなくなってコンセントを抜き差ししたりしなければならなくなってきてたので、寿命と思って交換。

2段目にしたトラベルルーター


TL-WR902AC

まあ、とにかく安いのってだけですが。
USB給電なのですが、アダプターが付属しているのも実質的に据え置きで使うつもりだと地味にいいかも。

About

2022年08月22日 21:27に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「カラーサンプルカード」です。

次の投稿は「Kenko 顕微鏡 Do・Nature STV-120M の3Dプリンターノズル観察用アタッチメント」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM