TrueNAS CORE 13.0-U1 がリリースされました

より新しいバージョン TrueNAS CORE 13.0-U1.1



TrueNAS CORE 13.0-U1 がリリースされました。

TrueNAS 13.0-RELEASE にアップデートしたあと ZFS Feature Flag のアップグレードに失敗する

は解消しているようです。

TrueNAS 13.0-U1は、パフォーマンス、スケーラビリティ、および信頼性の向上を実現します

(中略)

TrueNAS 13.0-U1には、以下の主要な項目を含む100を超えるバグ修正と改善が含まれています。

  • キャパシティモニタリングのプロアクティブアラート
  • ZFSレプリケーションの信頼性の向上
  • 単一システム上の1200以上のドライブのドライブスケーリングのさらなる改善
  • Azureバックアップカスタムエンドポイントのサポート–政府のクラウドの使用を許可
  • UI駆動のディスク交換に関する問題を修正しました
  • いくつかのメモリリークのエッジケースを修正しました
  • Realtek RTL8125ネットワークデバイスのすぐに使用可能なサポートを有効にしました

(以降略)

変更ログは続きで。



2022年7月5日

iXsystemsはTrueNAS13.0-U1のリリースを発表できることを嬉しく思います。

TrueNAS13.0-U1変更ログ

改善

  • NAS-116743 -後方に重複したmemmove()を最適化する
  • NAS-116648 -SCALEトレインの選択を許可する前に明示的な警告を表示するようにしました。
  • NAS-116647 -マイグレーションのためにバックSCALEトレインを有効にする
  • NAS-116203 -Proactive Support を介した TrueNAS 容量監視
  • NAS-116126 -reporting_db 警告の最適化
  • NAS-116053 -truenas.get_chassis_hardwareの結果をキャッシュする
  • NAS-116049 -dmidecodeプラグインにdmidecode-t0データをキャッシュする
  • NAS-115740 -Azureカスタムエンドポイント
  • NAS-115713 -webUIのレコードサイズの選択に使用される新しいAPIエンドポイント

バグ

  • NAS-116986 -m_series_nvdimm_firmware_freebsd.pyを更新します
  • NAS-116967 -エンタープライズアップグレードのセーフガードを追加
  • NAS-116904 -disk.temperatures エンドポイントをレート制限する
  • NAS-116903 -FreeBSDリリースバージョンを13.1にアップデート
  • NAS-116887 -afpコア
  • NAS-116850 -zfs.pool_eventsフックトレースバック
  • NAS-116739 -sysutils/openzfs*: ほぼ zfs-2.1.5 にバンプ。
  • NAS-116735 -net/samba - map_modify の挙動を修正
  • NAS-116728 -Lightroom Classic カタログを Truenas Scale 上のマップされたドライブに直接バックアップできない。
  • NAS-116714 -net/samba - stable/angelfish と再同期する。
  • NAS-116667 -13.0-RELEASEへのアップグレードで、データドライブの検出に失敗する。
  • NAS-116654 -NVMeドライブのgeomデバイスのリードモードを保持しないようにfencedを更新する
  • NAS-116643 -プールを拡張することができない
  • NAS-116626 -disk.sync_allでのAttributeErrorクラッシュを修正
  • NAS-116623 -プールアップグレードエラーは表示されません
  • NAS-116585 -日付による並べ替えが正しくありません
  • NAS-116531 -ADデバッグスクリプトを修正
  • NAS-116520 -新しいグループに対して gid 0 を設定することを許可する
  • NAS-116500 -CI用サンプルAUXパラメータのリストからwidelinksを削除する
  • NAS-116486 -NFS SPN の追加プロセスを簡素化する
  • NAS-116461 -"UPS - No Communication Warning Time "の設定を解除するとエラーが表示される
  • NAS-116420 -ディスクレポートの全てのメトリクスの選択を解除すると、ページがフリーズする。
  • NAS-116374 -手動ssh接続の作成に失敗する
  • NAS-116366 -RTL8125をサポートするベンダーのRealtek NICドライバをロードする
  • NAS-116365 -定期的なタスクの呼び出し中に例外が発生しました(smb.sharesec.synchronize_acls)
  • NAS-116361 -disk.sync_all が少し改善されました。
  • NAS-116325 -zfs: FreeBSD 用に libspl getmntent と getmntany をスレッドセーフにした。
  • NAS-116310 -TM プリセットの自動クォータを削除する
  • NAS-116283 -pool.is_upgraded_by_name を修正しました。
  • NAS-116275 -boot_/format.py から osc プラグインを削除しました。
  • NAS-116266 -snapdirが表示されている場合は、vfs_shadow_copy_zfsを無効にします
  • NAS-116220 -UIのデータセットオプションを更新できません
  • NAS-116217 -TrueNAS Core 13.0 でディスクを交換すると、JavaScript エラーで失敗する
  • NAS-116208 -Core と Scale での i225 FW1.79 サポートの問題、Freebsd 14 と Ubuntu 22.05 での修正
  • NAS-116178 -login.conf と motd は FreeBSD 13 に更新する必要があります。
  • NAS-116142 -Truenas 13 エラー - プール xyz のアップグレード
  • NAS-116070 -SSHログイン失敗の通知
  • NAS-116066 -IoThreadPoolExecutorを修正
  • NAS-116063 -system_is_enterprise_ix_hardware呼び出しを最適化する
  • NAS-116029 -smb.sharesec.queryは、範囲外のリストインデックスを返します
  • NAS-116015 -bhyve VirtIO ドライバの非互換性。Windows 10 21H2 は、TrueNAS 13.0 RC1 上の VirtIO ドライバーを使用する bhyve VM に新規にインストールすることができません。
  • NAS-115884 -SMB共有内でカット操作を実行できません
  • NAS-115875 -13 RC1 は、ブート時に collectd エラーを報告します。
  • NAS-115834 -pool.do_update で disk.swaps_configure が 3 回呼び出されています。
  • NAS-115826 -hook_sync_geliは不要です
  • NAS-115825 -disk.sync_allは、〜1.2k + HDDシステムで実行するのに〜6〜12分かかります
  • NAS-115823 -pool.do_update で disk.synz_zfs_guid が最低でも4回呼ばれている。
  • NAS-115771 -非推奨のサービスが動作している場合、ワンショット警告を追加する。
  • NAS-114926 -collect.dはすべてのRAMを消費しています
  • NAS-114924 -インポートCSRがパスフレーズでエラーになる
  • NAS-114798 -OSを12.0 U7にアップグレードした後にNISアラートが表示される
  • NAS-113750 -アップデート後、ispドライバがロール2イニシエータに変更される
  • NAS-113514 -コアファイルが見つかりました
  • NAS-113513 -SMB共有にコピーされたファイルのファイル変更時間が調整されました
  • NAS-113441 -専用ユーザーでのレプリケーションが壊れた TrueNAS Core -> TrueNAS Scale /usr/sbin は PATH にありません。
  • NAS-113393 -zfs_fsrvpでのスナップショット列挙中にクラッシュ-samba4.13へのポートでのリグレッション
  • NAS-113359 -Minioサービスは起動時にバケットメタデータを削除します
  • NAS-113336 -TrueNAS-12.0-U6.1にアップデートした後のSambaパニック
  • NAS-112344 -SSH アラートのスクレイピングが .fail tld にマッチする
  • NAS-112049 -ブート時にサービスアナウンスメントを適切に初期化する
  • NAS-109751 -リグレッション: 名前に / (スラッシュ) が含まれるフォルダが SMB 共有で空に見える

安全

13.0-U1セキュリティレポート

About

2022年07月13日 17:21に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Ender-3 S1 Pro のフィラメント交換手順」です。

次の投稿は「Ender-3 S1 Pro に eBox を載せる台を作る」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM