TrueNAS CORE 13.0-RELEASE がリリースされました

TrueNAS 13.0 が RELEASE になりました。 BETAやRC1を軽く触った感じではあまりショッキングな変更はないかと思います。 とはいえ下記の新しいTrueNAS品質ライフサイクルの表(QAサイクル数が増えている)によると、それほど複雑でない一般的な使用に耐えるとのことですが、既知の問題点に記述されているような軽微な問題点に該当するような運用方法の場合2022年6月末を予定されているU1以降を待っても問題ないでしょう。 反面、TrueNAS CORE 12.0-U8.1までのバグ修正も含まれているように見受けられますので、TrueNAS CORE 12.0-U8.1までのバグに遭遇している人は行ってもいいのではないでしょうか。 なお、変更履歴は TrueNAS CORE 13.0 のドキュメントの一部としてRELEASEとRC1、BETAがリストアップされていますので、全部この記事に含めました。
特に変更点は感じないので、
新規インストールは、 TrueNAS CORE 13.0 のインストール(新しくしました)
アップデート手順はTrueNAS 12.0 へのアップデートあたり参考に。
マニュアルアップデート用のファイルへのリンクがダウンロードページに含まれるようになっているのもいいですね。

13.0リリースノート

  16分で 読めます。

ソフトウェアライフサイクル

TrueNAS品質ライフサイクル

リリース段階 完了したQAサイクル 典型的な使用法 説明
NIGHTLY 0 開発者 未完成
ALPHA 1 テスター フィールドテストはあまりありません
BETA 2 愛好家 主な機能は完了しましたが、いくつかのバグが予想されます
RC 4 ホームユーザー クリティカルでない展開に適しています
RELEASE 6 一般的な使用 それほど複雑でない展開に適しています
U1 7 ビジネスでの使用 より複雑な展開に適しています
U2+ 8 より大規模なシステム 高稼働率での展開に適しています

スケジュール

記載されているすべてのリリース日は 暫定的なものであり、変更される可能性があります。このリストの項目には、iXsystemsが内部作業を管理するために使用するすべての期限またはテストサイクルが表示されない場合があります。

進捗状況と特定の作業は、Jiraで開かれたチケットを通じて追跡されています。機能の提案やバグレポートがある場合は、Jiraアカウントを作成し、TrueNASまたはTrueCommandプロジェクトにチケットを提出してください。TrueNAS SCALEチケットはTrueNAS Jiraプロジェクトでも追跡されます。

バージョン チェックポイント 予定日
13.0-U1 コードフリーズ 2022年6月15日
13.0-U1 内部テストスプリント 2022年6月20日→6月24日
13.0-U1 タグ 2022年6月27日
13.0-U1 リリース 2022年6月28日
13.0-U2 コードフリーズ 2022年7月13日
13.0-U2 内部テストスプリント 2022年7月18日-7月19日
13.0-U2 タグ 2022年8月1日
13.0-U2 リリース 2022年8月2日

13.0-RELEASE

2022年5月10日

iXsystemsはTrueNAS13.0-RELEASEのリリースを発表できることを嬉しく思います。


TrueNAS13.0-リリース変更ログ

改善

  • NAS-102782 ]-VMウィザードでデフォルトまたは以前のZVolの場所を許可する
  • NAS-105814 ]-クレデンシャルセクションのダッシュボードグループ化
  • NAS-105815 ]-ストレージセクションのダッシュボードグループ化
  • NAS-105816 ]-メインダッシュボードの改善
  • NAS-105817 ]-データ保護セクションのダッシュボードグループ化
  • NAS-105818 ]-ネットワークセクションのダッシュボードグループ化
  • NAS-105819 ]-アプリケーションセクションのダッシュボードグループ化
  • NAS-105820 ]-共有セクションのダッシュボードグループ化
  • NAS-105821 ]-システム設定セクションのダッシュボードグループ化
  • NAS-105822 ]-レポート用のダッシュボードのグループ化
  • NAS-105868 ]-CPUダッシュウィジェット、温度色
  • NAS-110523 ]-プールでZFS重複排除が有効になっている場合、チェックサムアルゴリズムとしてSHA512を使用します
  • NAS-111124 ]-静的情報をキャッシュし、TN COREのsystem.infoを最適化します
  • NAS-111972 ]-COREでのエンクロージャーの書き換え
  • NAS-111974 ]-CORE用のSES cythonモジュールを取得/設定します
  • NAS-113285 ]-pathref FSPをIO FSPに変換するときにO_EMPTY_PATHを使用します
  • NAS-115640 ]-FreeBSDで利用可能な場合は、NDFREE_PNBUFを使用します
  • NAS-115700 ]-「zpool list -v」出力をデバッグに追加しました。
  • NAS-115720 ]-Azureカスタムエンドポイント
  • NAS-115743 ]-12.2-RELEASEを使用しているプラグインを12.3-RELEASEを使用するように移動する
  • NAS-115880 ]-intel-pcmポートfbsd13を更新
  • NAS-115928 ]-bsd.geom が何の利益もないのにメモリを消費しすぎる
  • NAS-115931 ]-geom.cacheプラグインでdefaultdictを使用します
  • NAS-115970 ]-pool.pyのrestart_servicesメソッドを修正

新機能

  • NAS-100422 ]-1つのファイルでのrsyncタスク
  • NAS-102185 ]-UIにそのVMのログを表示する機能を追加しました
  • NAS-113617 ]-iconikプラグインの更新
  • NAS-114888 ]-Asigraプラグインの更新
  • NAS-115502 ]-COREのTrueNASダッシュボードのヘルプウィジェット

すごい

  • NAS-102089 ]-アカウントページの改善

バグ

  • NAS-106381 ]-/tmp/failover.jsonを削除します
  • NAS-108666 ]-netcli操作がuniqでハングアップする
  • NAS-108777 ]-レプリケーションで、mountrootを/に設定できるようになりました
  • NAS-112460 ]-py-bsd/enclosure.pyxのメモリリークを修正
  • NAS-112465 ]-py-bsd/enclosures.pyxのエッジケースメモリリークを修正
  • NAS-112480 ]-13でfailover.internal_interface.detectが壊れています
  • NAS-113211 ]-FreeBSDとLinuxのsambaリポジトリをマージする
  • NAS-113284 ]-SambaCVE-2021-20316。シンボリックリンクの競合エラーにより、エクスポートされた共有の外部でメタデータの読み取りと変更が可能になる場合があります。
  • NAS-113368 ]-12.0-U6.1にアップグレードした後、utf-8デコードエラーでJailが動作しなくなる
  • NAS-114261 ]-ドメインシークレットのバックアップが不完全なエッジケースのKeyErrorを修正
  • NAS-114370 ]-MacOS SMBクライアントはinodeの再利用で悪い動作をする可能性があります
  • NAS-114380 ]-ctl collectdプラグインは、CTL_MAX_PORTSに基づく静的なサイズの配列を持ちます
  • NAS-114778 ]-SMB転送でatimeが適切に処理されない
  • NAS-114952 ]-再起動後にWS-Discoveryが機能しない
  • NAS-114960 ]-長いSMART拡張セルフテストが90%で48時間以上スタックする
  • NAS-114986 ]-レプリケーションが次の場合に失敗します:オフセットなしの日時とオフセット対応の日時を比較できません
  • NAS-114987 ]-プールを作成できません
  • NAS-115011 ]-13.0ベータ1:構成ファイルの形式が古すぎます
  • NAS-115110 ]-Webui userquotas / groupquotasは、一括変更ツールでクォータを削除するために、ユーザーがサーバー上に存在することを不適切に要求します
  • NAS-115426 ]-Active Directoryは、NetBIOS名が15文字を超える場合に保存を許可しないか警告を表示します
  • NAS-115511 ]-SMB GUIがごみ箱用の不適切な構成をアドバイスする
  • NAS-115514 ]-ネットワークレポーティングで使用されるユニットが正しくありません(オクテットとMb)
  • NAS-115607 ]-スピンダウンしたディスクへのI/Oでカーネルがパニックになる
  • NAS-115633 ]-ネットワークグラフ:誤った凡例単位
  • NAS-115639 ]-scale - zfsのレコードサイズが1Mに人為的にキャップされる。16M に調整可能であるべき
  • NAS-115663 ]-共有/SMB/共有ACLの編集で、複数のエントリが存在しても最初のエントリを削除できない
  • NAS-115790 ]-FreeBSD VOPエラーコードの修正をバックポートしました
  • NAS-115847 ]-12.2-RELEASEのEOLが原因でコミュニティプラグインが失敗する可能性があります
  • NAS-115863 ]-13.0-RC1が私のgeliデータドライブを接続しませんでした
  • NAS-115865 ] -`middleware.block_hooks`
  • NAS-115881 ]-レコードサイズスキーマの修正
  • NAS-115913 ]-`generate_ssh_key_pair`で一時ディレクトリを保護します
  • NAS-115915 ]-タイミング攻撃に対する脆弱性を軽減します
  • NAS-115938 ]-ixシステムを複製しようとする
  • NAS-115947 ]-flake8 linterでI101を無視する
  • NAS-115952 ]-sambaを4.15.7に更新します
  • NAS-115956 ]-巨大なデータボリューム(タイムマシンバックアップ800GB)の転送後にSMBDコアダンプが発生する
  • NAS-115964 ]-統合テストを修正
  • NAS-115969 ]-Samba 4.15でケースインシティブなリネームを許可する
  • NAS-115977 ]-`ReplicationContext.remove_dataset`を追加して、更新することを忘れないようにします…
  • NAS-116024 ]-net/netatalk3 - デバッグを有効にします
  • NAS-116028 ]-初期化されていないadoubleメタデータにより、シンボリックリンクの読み込みでNetatalkがアサートされる
  • NAS-116089 ]-フェイルオーバーイベントで名前によるインポート

13.0-RC1

2022年4月19日

iXsystemsはTrueNAS13.0-RC1のリリースを発表できることを嬉しく思います。

これは、機能のプレビューとテストを目的とした初期リリースであり、本番環境での使用はお勧めしません。

改善

  • NAS-111551 ]-fsavl_create で若干の最適化が可能です
  • NAS-114372 ]-シャットダウン/再起動時間を短縮します
  • NAS-114412 ]-「黄色」のプールステータスを追加
  • NAS-114564 ]-TrueNAS 13およびSCALEのNFSサーバーのデフォルト数を増やす
  • NAS-114628 ]-multipath.queryは13でgeom.cacheプラグインを使用する必要があります
  • NAS-114629 ]-DeviceServiceはgeom.cacheプラグインを使用する必要があります
  • NAS-114773 ]-xattr_compat を zfs_xattr_compat というチューナブルにする
  • NAS-114779 ]-device_* 関連のプラグインを簡素化する
  • NAS-114783 ]-geom.cacheプラグインにcamcontrol_listをキャッシュします
  • NAS-114966 ]-GEOMテイスト中のコンテキストスイッチを減らします
  • NAS-114968 ]-da(4) の書き込み保護 MODE SENSE を最適化する。
  • NAS-114970 ]-zpoolを作成するときにオーバープロビジョニングロジックを最適化する
  • NAS-114992 ]-gpart add と gpart bootcode generate xml を追加しました
  • NAS-115236 ]-zfs-2.1.3をマージします
  • NAS-115362 ]-13.0-RC1のZFSアップストリーム修正を含める

新機能

  • NAS-114275 ]-レプリケーション: 「暗号化」オプションのオプションの適用範囲に関する理解を提供する
  • NAS-114714 ]-geom.cacheプラグインでget_storage_devices_topologyをキャッシュするようになりました

すごい

  • NAS-113981 ]-大規模システムでmiddlewaredがスケールするようにしました

バグ

  • NAS-111109 ]-ネットワーク設定を変更すると、JailとVMが切断されます
  • NAS-111550 ]-zfssendでリークされたnvlistを保持します
  • NAS-111553 ]-libzfsvdevパスの処理が正しくありません
  • NAS-113231 ]-大量のデータが書き込まれた後、プールのインポートが遅くなります
  • NAS-113781 ]-TrueNASスケール-iftopは巨大なCPU負荷をかけています
  • NAS-113904 ]-WebUI-サービス/UPS/設定:設定変更後も保存ボタンは無効のままです
  • NAS-114176 ]-スナップショットが有効で既存のZvolでクラウド同期が失敗する
  • NAS-114349 ]-次のシステムコアファイルが見つかりました:zfs.core
  • NAS-114533 ]-レプリケーションがナイトリービルドで動作しない
  • NAS-114536 ]-truecommand.poll_api_for_statusジョブがキューに入る可能性があります
  • NAS-114555 ]-zpoolハンドルがイテレータで確実に解放されるようにする
  • NAS-114594 ]-12.0-U8へのアップデート後、S3が起動に失敗する
  • NAS-114616 ]-CTL HAでのパケット長の検証
  • NAS-114623 ]-get_smartd_schedule_piecesを修正
  • NAS-114627 ]-geomプラグインでマルチパスディスクをキャッシュする
  • NAS-114676 ]-CloudSyncタスク編集モードでドライランアクションが失敗する
  • NAS-114682 ]-メタデータサイズに特別なvdevで0を選択できない
  • NAS-114718 ]-WebUIメニューが一貫して機能しない
  • NAS-114724 ]-MinioサービスがUIから開始されない
  • NAS-114748 ]-vmstatのjson出力フォーマットがTrueNAS 13.0で変更されました
  • NAS-114750 ]-S3サービスの "TLS Server URI "は間違っている/誤解を招く。それは "TLS Server Hostname" であるべきです。
  • NAS-114761 ]-作成中のワイルドカード証明書の解析が正しくありません
  • NAS-114780 ]-devdイベントのgeom.cacheを更新します
  • NAS-114794 ]-レプリケーションが失敗しました。「None Command failed with code 1..」
  • NAS-114808 ]-sysdatasetプラグインのacltypeロジックを修正
  • NAS-114871 ]-net/samba-ソケットリッスンバックログをFreeBSDで設定可能にする
  • NAS-114895 ]-エンクロージャーの警告を修正 13
  • NAS-114898 ]-`hold_pending_snapshots` 機能を修正し、インクリメンタルベースに...
  • NAS-114899 ]-単体テストを修正
  • NAS-114904 ]-`zfs.snapshot.query`` {" count":True}`のパフォーマンスを改善します。
  • NAS-114922 ]-FusionIOカード(基盤となるVMへのPCIパススルー)がWebGUIでの自動更新をブロック
  • NAS-114945 ]-シェルの修正に対する警告を拡張する
  • NAS-114978 ]-デフォルトでSAベースのxattrsを有効にする
  • NAS-114986 ]-レプリケーションが次の場合に失敗します:オフセットなしの日時とオフセット対応の日時を比較できません
  • NAS-114995 ]-snmp-agent.service:メインプロセスが終了しました
  • NAS-114998 ]-net/samba-zfs_space関連のクラッシュを修正
  • NAS-115024 ]-VSS統合はナイトリーで壊れています
  • NAS-115027 ]-ローカルユーザ作成の保存に4-5分以上かかる
  • NAS-115053 ]-TrueNAS-13.0-BETA1は起動時にDHCPサーバーにホスト名を報告しません
  • NAS-115059 ]-SMB passdb syncの最適化
  • NAS-115071 ]-user.queryとgroup.queryのパフォーマンスを改善
  • NAS-115113 ]-pool.dataset.set_quota の raw uids / gids のバリデーションを修正しました
  • NAS-115136 ]-非推奨のパッケージng2-validationを更新
  • NAS-115140 ]-webdavなどのグループをrender_ctxを使用するように変換します
  • NAS-115188 ]-フェイルオーバーイベント時にgeomキャッシュを無効にします(13)
  • NAS-115198 ]-etcファイル生成でfdを再利用し、スレッドでunlinkを実行する
  • NAS-115203 ]-一時的なkeytabファイルにおけるパーミッションの取り扱いを改善
  • NAS-115205 ]-number_of_disksロギングロジックを修正
  • NAS-115215 ]-minioなどのファイルからpwdおよびgrpルックアップを削除します
  • NAS-115217 ]-プールにpmemデバイスがある場合、[プールを展開]はトレースバックを提供します
  • NAS-115234 ]-フェイルオーバーイベント時にGUIDによってzpoolをインポートします
  • NAS-115240 ]-ミドルウェアでのジョブリーク
  • NAS-115247 ]-SCALEで公開鍵と秘密鍵が一致するかどうかのチェックを修正
  • NAS-115273 ]-`flake8-import-order`を使用して、正しい順序でのインポートを保証するようにします…
  • NAS-115277 ]-`SSH+NETCAT`トランスポートが使用されている場合に`replication.list_datasets`がクラッシュする問題を修正
  • NAS-115290 ]-ディスクを接続するためのバグ修正
  • NAS-115352 ]-zettareplのメモリリーク
  • NAS-115408 ]-プールのインポート時に共有を有効にするオプションを追加
  • NAS-115422 ]-KeyErrorを引き起こすdisk_/sync.pyのタイプミスを修正
  • NAS-115432 ]-13 で net.inet.tcp.recvbuf_inc が削除されました
  • NAS-115523 ]-disk.get_part_xmlを修正
  • NAS-115524 ]-disk.list_partitionsとdisk.gptid_from_partを修正しました
  • NAS-115532 ]-net/netatalk3-複数のCVEを修正
  • NAS-115575 ]-graphics/drm-fbsd13-kmodを修正
  • NAS-115580 ]-AD参加の失敗メッセージを修正
  • NAS-115604 ]-13でTCへの接続が壊れる(安定版/マスターも可能性あり)

 

13.0-BETA1

2022年2月9日

iXsystemsはTrueNAS 13.0-BETA1のリリースを発表できることを嬉しく思います。これは、TrueNAS 13.0リリースサイクルを開始する最初のメジャーテストリリースです。

13.0-BETA1リリースのハイライトは次のとおりです。

  • OpenZFS2.1に更新
  • ディスク使用量が多い大規模システム向けの最適化(NAS-111659 / NAS-112553
  • 改善されたマシンチェックアーキテクチャのサポート(NAS-113731
これは、機能のプレビューとテストを目的とした初期リリースであり 、本番環境での使用はお勧めしません。

TrueNAS 13.0-BETA1変更ログ

改善

  • NAS-103353 ]-dns/inadyn-troglobitを2.5に更新
  • NAS-105264 ]-全ての ahci 用に ses デバイスを作成するようにしました
  • NAS-107326 ]-ドキュメントリンクはhttps://www.truenas.com/docs/を指している必要があります
  • NAS-110202 ]-OpenZFS: zfs-2.1-release でリベースする
  • NAS-111179 ]-system.dmidecode_infoを改善します
  • NAS-111552 ]-zloop.shの反復回数を制御するオプションを追加
  • NAS-111594 ]-wipe_disk/delete_partitionsを改善
  • NAS-111659 ]-FreeBSD CPUスケジューラを大規模システムと高IOPSに最適化する
  • NAS-111757 ]-モジュールのロード中にUEFIコンソールをリフレッシュさせる
  • NAS-112445 ]-DTraceを使用しないようにzilstat SNMP MIBを再実装する
  • NAS-112553 ]-CPUスケジューラの改善の数
  • NAS-112781 ]-デフォルトでatimeが無効になっているプールを作成します
  • NAS-112821 ]-interface/configure.pyをクリーンアップします
  • NAS-113263 ]-13.0の上に12.0ブランチをリベースします
  • NAS-113731 ]-マシンチェックアーキテクチャのサポートを改善
  • NAS-113766 ]-kern.msgbuf sysctlから先行するゼロを削除する
  • NAS-113796 ]-コア13のポートツリーを更新します
  • NAS-113802 ]-正しいファイル世代番号を提供します
  • NAS-113915 ]-OpenZFS 2.1.2 とその他のコミットをマージする
  • NAS-114028 ]-S3設定フォームに "tls_server_uri "の入力フィールドを追加
  • NAS-114060 ]-最大 CTL (iSCSI/FC) I/O サイズを 8MB に増加しました
  • NAS-114137 ]-S3コンフィギュレーションフォームに "console_bindport "インプットフィールドを追加しました

新機能

  • NAS-112124 ]-CPU上のIntel Virtual RAID用のvmd(4)ドライバ
  • NAS-113982 ]-ミドルウェアにgeom情報をキャッシュする
  • NAS-114103 ]-I225 Intel NIC用のigc(4)ドライバーを含める
  • NAS-114229 ]-py-bsd に get_sectorsize_with_name を追加しました
  • NAS-114241 ]-レプリケーション構成

バグ

  • NAS-106585 ]-エンクロージャディスクリプタキーがアラートで解析されない
  • NAS-106633 ]-初期設定後、cronタスクが間違ったタイムゾーンで実行されます
  • NAS-107055 ]-フォーラムのユーザーがフルーツエラーメッセージでいっぱいのログを報告しました
  • NAS-107087 ]-MiddlewaredクライアントでTCP_KEEPALIVEを調査する
  • NAS-107272 ]-generate_ha_syslogメソッドのトレースバック
  • NAS-107292 ]-期限切れのACME証明書を削除できません
  • NAS-107316 ]-UPS設定の保存バグ
  • NAS-107608 ]-snapdirが表示されている場合、ACLの変更が失敗する可能性があります
  • NAS-107884 ]-「ネットワーク接続が中断されます。」メッセージが正しくありません
  • NAS-108939 ]-ダッシュボードメモリの凡例の色を変更する
  • NAS-109397 ]-RRDCacheDへの接続に失敗しました
  • NAS-110137 ]-ZFSライブラリのABIメタデータを更新し、進捗報告の送信パッチを適用する
  • NAS-110140 ]-12.0-U4でpython 3.9にアップグレードする
  • NAS-110596 ]-net/samba - tevent_kqueueでEINTRを適切に処理する
  • NAS-110606 ]-zettareplポートを更新
  • NAS-110631 ]-FreeBSD 13.0でのpy-netifのビルドを修正しました
  • NAS-110634 ]-handle_request_update:RRDファイルを読み取れませんでした
  • NAS-110666 ]-デバッグのトップ出力にプロセスが表示されない
  • NAS-110763 ]-13.0でのミドルウェアのインストールの失敗
  • NAS-110853 ]-データセットからキーをエクスポートしてもjson出力がレンダリングされない
  • NAS-111093 ]-メモリレポートがTOPと一致しません
  • NAS-111098 ]-コアからスケールへの手動更新が0%で停止する
  • NAS-111142 ]-次のシステムコアファイルが見つかりましたrrdcached.core
  • NAS-111249 ]-net/samba-アップストリームマージリクエストと同期
  • NAS-111336 ]-OpenZFS をバンプする
  • NAS-111449 ]-inadynがDDNSサーバーの応答に致命的なエラーを報告し、再試行を続ける
  • NAS-111530 ]-xattr_compat クリーンアップのために OpenZFS ポートをバンプする
  • NAS-111569 ]-アップストリームD31207
  • NAS-111667 ]-wipe.pyのマイナーなタイプミスを修正
  • NAS-111800 ]-レプリケーションに失敗しました:レジュームストリームを受信できません:スペースクォータを超えました。
  • NAS-111996 ]-13に12をリベースする
  • NAS-112025 ]-PCIブリッジウィンドウの拡張を修正
  • NAS-112084 ]-do_ldap_queryにacceptsを追加します
  • NAS-112207 ]-zvolおよびマウントされていないデータセットの場合のデータセットリストを修正
  • NAS-112307 ]-プロキシホスト使用時にダッシュボードのCPUレポートが破損する
  • NAS-112371 ]-暗号化された新しいプールを作成するための誤解を招くような曖昧な説明
  • NAS-112408 ]-OpenZFS 2.1.1をマージする
  • NAS-112547 ]-sysctl.filter pythonモジュールが1つずつずれている
  • NAS-112552 ]-ciss(4):データのアンダーランを適切に処理する
  • NAS-112666 ]-WebUIが左側のメニュー以外全て空白になっていた
  • NAS-112667 ]-python3.9: middlewared (zettarepl)でコアが生成されました
  • NAS-112709 ]-12.0-U6でシステム/サポートページが破損する
  • NAS-112728 ]-U5.1 -> U6後にAD/SMBが失敗する
  • NAS-112776 ]-13のpy-libzfsを最新のコミットに更新する
  • NAS-113034 ]- journal_ha の sql 関連ログをより冗長にしないようにしました
  • NAS-113036 ]-OpenZFSポートをバンプする
  • NAS-113080 ]-smb共有にファイルを書き込めません
  • NAS-113240 ]-ユーザーがconnectpathにchdir()できない場合、ツリー接続を解放しているときにsmbdがクラッシュする
  • NAS-113280 ]-`{"ha_sync": False}` オプションは、同期化されるべきでないクエリに対して有効です
  • NAS-113281 ]-何も変更されていない場合はssh.save_keysを実行しないでください
  • NAS-113287 ]-`Attribute` コンストラクタ引数のタイポの修正と、'Attribute' コンストラクタで発生するバグを修正...
  • NAS-113300 ]-スキーマkwargのタイプミスを修正
  • NAS-113310 ]-不安定なNISドメインを回避する
  • NAS-113351 ]-TrueNAS U6.1にアップグレードした後、「アラート」に異常なログメッセージが表示されます
  • NAS-113409 ]-12.ou5アップデート後にiSCSiイニシエーターが接続を表示しない
  • NAS-113460 ]-LDAPプラグインでnsswitchの生成をシフトオーダーする
  • NAS-113466 ]-サービス開始時にLDAPサービス状態を管理する
  • NAS-113479 ]-Samba 4.15の変更に対応したミドルウェアの更新
  • NAS-113492 ]-プラグインのインストールが不可能
  • NAS-113494 ]-一部のディスクでディスクワイプが非常に遅い
  • NAS-113577 ]-部分的に複製されたスナップショットの処理を修正
  • NAS-113614 ]-AMDシステム用のAPEIドライバーを修正/改善
  • NAS-113631 ]-winbindd_idmap.tdbでhwmを初期化する際のバグを修正しました
  • NAS-113646 ]-Web-GUIでSMB共有を表示/編集できません
  • NAS-113727 ]-数日後にWe​​bGUIが応答しなくなる
  • NAS-113735 ]-TrueNAS 13 と SCALE を Samba 4.15.3 に更新する
  • NAS-113744 ]-COREのhook_setup_haでのリグレッション
  • NAS-113760 ]-データセットからキーをエクスポートしてもjson出力がレンダリングされない
  • NAS-113776 ]-/usr/local/etc/rc.d/minio は、minioサービスを起動する前にMINIO_SERVER_URL を設定する必要があります
  • NAS-113811 ]-TrueNASは、あるzpoolのHDDを使用して別のzpoolを作成することを提案できます!
  • NAS-113814 ]-グラフが空です
  • NAS-113852 ]-13でdmiパーシングをキャッチアップする
  • NAS-113856 ]-SQLAlchemy 1.4 で alembic を通してカラムを追加する際に `default=` が使用されない
  • NAS-113861 ]-SQLAlchemy 1.4との互換性
  • NAS-113868 ]-SyntaxErrorを修正: 'await'が非同期関数の外にある場合
  • NAS-113875 ]-EFIフレームバッファが正しく検出されません
  • NAS-113967 ]-TrueNASの更新に失敗しました
  • NAS-113984 ]-FreeBSDのzvolオープンロックを修正
  • NAS-114020 ]-NAS-110600が解決済みとマークされているにも関わらず、同じバグが2つの古いプールを切断するのを妨げ続けています。
  • NAS-114027 ]-Minio WebコンソールのTLS証明書問題を修正 (12.0-stableから抜粋)
  • NAS-114029 ]-初期化されるプラグインのフルネームを出力します
  • NAS-114042 ]-net/rsync - 3.1.3 にロールバックする
  • NAS-114047 ]-コアファイルが見つかりました
  • NAS-114052 ]-アラートサービスページのチェックボックスの動作がおかしい
  • NAS-114076 ]-プール内のドライブを交換すると、プールが不健全であると表示される
  • NAS-114079 ]-TN 13でwsddが起動しない
  • NAS-114080 ]-TN 13でSMBクォータが動作しない
  • NAS-114113 ]-zettareplのメモリリーク
  • NAS-114116 ]-minioコンソールポートを構成可能にする
  • NAS-114125 ]-snmp-agent.pyのメモリリーク
  • NAS-114146 ]-「プールの作成」ダイアログの改善
  • NAS-114171 ]-スケールとコア:"Serial Shell "のフランス語訳
  • NAS-114177 ]-マルチパスディスクでdisk.syncを修正
  • NAS-114188 ]-基本ユーザークォータに正しいパラメータを使用する
  • NAS-114230 ]-hardware.pyのタイプミスを修正
  • NAS-114231 ]-13のMini XLエンクロージャーのmgmtにおける1つずつのずれを修正
  • NAS-114246 ]-レポートの空のグラフ
  • NAS-114310 ]-zettareplポートを更新
  • NAS-114320 ]-FreeBSDでのdmu_write_uio_dbuf()からのエラーの処理を修正しました
  • NAS-114323 ]-py-libzfsのメモリリーク
  • NAS-114333 ]-`__[POSTCOMPILE_encrypted_provider_1`を有効なSQL構文に展開します
  • NAS-114335 ]-仮想マシンが起動しない
  • NAS-114356 ]-開いているスナップショットハンドルを必ず閉じてください
  • NAS-114384 ]-Samba 4.15.4への更新
  • NAS-114398 ]-同期方式でcall_syncを適切に使用する
  • NAS-114427 ]-起動時にctl.koをロードします
  • NAS-114457 ]-xattr互換処理のエッジケースを修正
  • NAS-114468 ]-CVE-2022-44142(SMB)-sambaを4.13.17(12.0)および4.15.5(13.0およびSCALE)に更新
  • NAS-114469 ]-zvol_cdev_openのロッキングを修正しました
  • NAS-114502 ]-13.0-BETA.1でVMを実行できません
  • NAS-114510 ]-pylibzfs-メモリ割り当てのチェックを追加
  • NAS-114513 ]-13.0 freenas/webuiのナイトリービルドの修正
  • NAS-114529 ]-py-libzfsイテレータのメモリリークを修正
  • NAS-114578 ]-smbd.coreダンプ

既知の問題点

見られる キー 概要 回避策 解決される
13.0-Release NAS-116090 Mini 3.0 E+ View Enclosure で搭載されたドライブベイが空と表示される。 すべてのMini 3.0 プラットフォームのエンクロージャビューで、ドライブが挿入されている場合でも、トップベイが空と表示されることがあります。 13.0-U1(目標)
13.0-BETA1 NAS-114160 jailsまたはプラグインを管理している時の接続の割り込み。 この動作は初期のテストで見られ、現在も調査中です。短時間の中断後に接続が再開されるため、回避策は必要ありません。 13.0-U1(目標)
13.0-BETA1 NAS-114595 VNCはbhyveVMに接続できません。 13.0 Nightliesまたは13.0-U1(利用可能な場合)に更新します。 13.0-U1(目標)
12.0-U8.1および13.0-BETA1 NAS-115838 プラグインのインストールが12.2 FreeBSD releaseのEnd of Life (EoL) により失敗する。 2022年4月19日にTrueNASリリースとは別に解決されました。  
13.0-BETA1 NAS-114480 TrueCommand Cloudに接続できません。 この問題の調査中は、13.0-BETA1システムをTrueCommand Cloudに接続しないでください。 13.0-RC1
N/A N/A TrueNAS 12はTrueNAS 13との間でレプリケーションできません デフォルトでは、TrueNAS 12は古いSSHクライアントライブラリのため、TrueNAS 13との間でレプリケーションを開始できません。TrueNAS 13からTrueNAS 12への、またはTrueNAS 12からのレプリケーションを許可するには、ssh.rsaアルゴリズムを許可する必要があります。セキュリティ上の考慮事項については、 OpenSSH 8.2リリースを参照してください。TrueNAS 13システムにログインし、「Services->SSH」に移動し、SSH Auxiliary Parameterを追加します:
PubkeyAcceptedAlgorithms +ssh-rsa
N/A
12.0-BETA2 NAS-107151 レガシーTrueNAS 9.10システムと13.0-BETA1システム間のレプリケーションは失敗します。 レプリケーションエンジンとZFSの多くの改善により、TrueNAS 9.10システム(またはそれ以前)はTrueNAS 13.0-BETA1との間でレプリケーションできません。レガシーTrueNASシステムを最初に11.3、次に12.0、次に13.0にアップデートします。 N/A

About

2022年05月11日 14:08に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「TrueNAS CORE 12.0-U8.1 がリリースされました」です。

次の投稿は「Creality Ender-3 S1 Pro を買った」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM