TrueNAS CORE 12.0-U8.1 がリリースされました

より新しいバージョン TrueNAS CORE 13.0-RELEASE がリリースされました
1つ前のバージョン TrueNAS 12.0-U8 がリリースされました

新規インストールはTrueNAS 12.0 のインストール
アップデート手順はTrueNAS 12.0 へのアップデートあたり参考に。

マニュアルアップデート用のファイル TrueNAS-12.0-U8.1-manual-update.tar はhttps://download.freenas.org/から 12.0 > STABLE > U8.1 にあるみたいです。

(12未満の)以前のFreeNASからアップデートする際は、「まず11.3-U5にアップデートしてから」アップデートするように書かれています。

12.0-U8.1

  3分で読めます。

最終変更日2022-04-1415:06EDT

TrueNAS品質ライフサイクル

表は割愛。 (TrueNAS 12.0-U2 がリリースされましたを参照してください) あと、地味に TrueNAS CORE 13.0 が RC1 になってる。割愛してる表だとホームユーザーはこのあたりから乗り換えてもオーケーなことになっている。

2022年4月14日

iXsystemsはTrueNAS 12.0-U8.1の一般提供を発表できることを嬉しく思います!

システムにFreeNASがインストールされている場合は、最初にFreeNAS 11.3-U5アップデートまたはアップグレードし、その後ロールバックオプションを保持するためにシングルクリックでTrueNAS 12.0-U8にアップグレードすることをお勧めします。Web からの更新は簡単ですが、システムの zpool 機能フラグの更新は、パフォーマンスと機能の検証を終えるまで待つことをお勧めします。

TrueNAS HAシステムとサポート契約を結んでいる方は、iXsystemsサポートに連絡してスケジュールを立てることをお勧めします。サポート契約に付属する「ホワイトグローブ」サービスの一環として、システムの状態、構成を確認し、アップグレードプロセスをサポートします。

今日アップグレードしない場合でも、更新されたTrueNASドキュメントをご確認ください。これまでに寄せられたすべての貢献に非常に感謝しており、今後もより多くのユーザーからの提案をお待ちしています。


TrueNAS 12.0-U8.1 変更履歴

バグ

  • NAS-114724 ]-MinioサービスがUIから開始されない
  • NAS-115143 ]-Hyper-VでLSI HBAをパススルーさせるとブートがハングアップする
  • NAS-115532 ]-net/netatalk3-複数のCVEを修正
  • NAS-115556 ]-FreeBSD SA-22:02-03EN-22:08をマージします

既知の問題点

概要 回避策
NAS-113284 Samba CVE-2021-20316:シンボリックリンクの競合エラーにより、エクスポートされた共有の外部でメタデータの読み取りと変更が許可される可能性があります。 SMB1を有効にしないでください(これはTrueNAS 11.2以降ではデフォルトで無効になっています)。下位互換性のためにSMB1を有効にする必要がある場合は、補助パラメーター unix extensions = no Services > SMB 設定フォームに追加して、サービスを再起動します。
TrueNAS 13.0 以前のバージョンでは、ファイルシステムの領域をSMB2またはNFSのいずれかでのみエクスポートすることをお勧めします。両方ではありません。
Minioプロジェクト:docker composeを使用した分散モードでの証明書エラー Minioでワイルドカード証明書が機能しません MinioSAN/ CN構成がワイルドカードドメインを除いて空の場合は、Minioドメイン構成を localhost にリセットしてください。
Asigraプラグインのアップグレード バージョン14.2.0.2以前を実行しているAsigraユーザーは、新しいプラグインバージョンにアップデートするために TrueNAS CLI のアップグレード手順が必要です。TrueNAS Web インターフェイスで **Shell** を開き、 iocage upgrade asigra-plugin-name と入力します。asigra-plugin-name は、プラグイン用に作成された一意の名前に置き換えます。
NAS-106992 永続的なL2ARCはデフォルトで無効になっています。 根本的な問題は修正されていますが、さらなるパフォーマンス調査のために、この設定はデフォルトで引き続き無効になっています。永続的なL2ARCを手動で有効にするには、TrueNAS Webインターフェースにログインし、System > Tunables に移動し、以下の値で新しいチューナブルを追加します。
  • Type = sysctl
  • Variable = vfs.zfs.l2arc.rebuild_enabled
  • Value = 1
TrueNASの「root」ユーザーアカウントをSMBユーザーにすることはできません。 これは、ソフトウェアのセキュリティとさまざまな環境での展開への適合性を向上させるための意図的な変更です。別のユーザーアカウントを使用するようにSMB構成を更新してください。

About

2022年05月01日 12:17に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「FlashPrint 5 のエキスパートモードへの入り方」です。

次の投稿は「TrueNAS CORE 13.0-RELEASE がリリースされました」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM