TrueNAS 12.0-U8 は、TrueNAS 13.0 と SCALE 22.02 のための舞台を提供します

TrueNAS 12.0-U8 がリリースされましたが、これが12.0系の最終で、次は、TrueNAS 13.0 と TrueNAS SCALE 22.02 になるらしいです。


TrueNAS 12.0-U8 は、TrueNAS 13.0 と SCALE 22.02 のための舞台を提供します。

2022年2月2日

TrueNAS 12.0-U8は本日リリースされ、FreeNAS、 TrueNAS CORE、およびTrueNAS Enterpriseの最も保守的なユーザーにも推奨されます。これは、すべての新しい TrueNAS システムにデフォルトで搭載されて出荷され、TrueNAS 12.0 の最後のアップデートとして機能します。TrueNAS 12.0が達成した揺るぎない品質に関して、ユーザーからは非常に高い評価を得ています。今後、TrueNAS は、TrueNAS 13.0 と TrueNAS SCALE 22.02 という 2 つの未来へのパスを提供します。



TrueNAS 13.0はTrueNAS 12.0から継続し、COREおよびEnterpriseエディションの両方で一般的なストレージのユースケースに対して品質と信頼性を向上させます。TrueNAS 13.0は、FreeBSD、Samba、OpenZFSのメジャーアップデートを提供しながらも、TrueNAS 12.0からのシンプルなアップグレードを実現しています。TrueNAS 13.0は、2月にBETAステージ、2022年の第2四半期にRELEASE品質となる予定です。


TrueNAS SCALEは、スケールアウトストレージやLinux機能(コンテナやVM)を必要とするユースケース向けのオプションの「サイドグレード」です。TrueNAS SCALE 22.02は現在RC2段階にあり、今月末(22年2月22日)にはRELEASE品質に到達する予定です。


TrueNAS 12.0-U8 は、CORE から SCALE への自然な移行経路を提供します。この移行を検討しているユーザーは、新しい TrueNAS Upgrades のページでサポートドキュメントを参照できます。 TrueNAS SCALE への移行は、TrueNAS 13.0 への更新よりも複雑で、特にプラグインや VM を使用して いるユーザーにとっては、より多くの考慮が必要な場合があります。



TrueNAS 12.0:回顧展


TrueNAS 12.0 をリリースする一方で、TrueNAS CORE と Enterprise のリリースに新しいライフサイクルモデルを作成しました。TrueNAS 12.0 のリリースの歴史は、以下のとおりです。


TrueNAS 12.0 RELEASEは2020年10月20日にリリースされ、多くの新機能とパフォーマンスの強化に加え、OpenZFS 2.0のサポートとFreeBSD 12.2へのメジャーOSアップデートにより、ハードウェア互換性も拡大されました。


TrueNAS 12.0-U1は12月にリリースされ、最も重要なバグを解決し、Fusionプールや効率的なスクラビング/リシルバリングなどの機能を実現しました。


TrueNAS 12.0-U2は2月にリリースされ、バグ修正といくつかのマイナーな機能が含まれています。 


TrueNAS 12.0-U3は2021年4月13日にリリースされ、いくつかのマイナーな機能を含むバグフィックスが含まれています。 このリリースは、ミッション クリティカルなユーザー向けに正式に準備されました。


TrueNAS 12.0-U4は2021年6月1日にリリースされ、堅牢性の向上とバグフィックスが含まれています。


TrueNAS 12.0-U5は2021年8月3日にリリースされ、バグ修正、python のアップグレード、およびセキュリティの向上が含まれました。 このバージョンは非常に安定しており、過去のすべてのFreeNASバージョンを含め、最高の製品版と見なされています。


TrueNAS 12.0-U6は2021年10月5日にリリースされ、多数の修正、約 12 の改善、および少数のプラットフォームの強化が含まれています。


TrueNAS 12.0-U7は2021年12月7日にリリースされ、多数の修正、さらに 12 件近くの改善、および OpenZFS 2.0.6 を含む少数のプラットフォームの強化が含まれています。


TrueNAS 12.0-U8は2022年2月2日にリリースされ、数十の修正といくつかの改善が含まれています。これらには以下が含まれます:



  • OpenZFS 2.0.7   (それ自体、50以上の修正が含まれています。)

  • JBODをケーブルで接続する際の堅牢性の向上


TrueCommand 2.1は、単一ペインの管理プラットフォームです


TrueNAS 12.0、SCALE、およびTrueNAS 13.0には、TrueCommand(DockerまたはVM)およびプライベートネットワークを介して管理するためのVPN機能を含むSaaS版TrueCommand Cloudに対応しています。TrueCommand2.1には次のものが含まれます。



  • 複数のNASシステムにわたるデータセットとファイルのストレージナビゲーション。 

  • 秒単位のリアルタイム統計。

  • 役割ベースおよびチームベースのアクセス制御(RBAC)。

  • シリアル番号とサポート状況によるインベントリの追跡とレポート。 

  • 二要素認証とシングルサインオン。 


 


TrueNASCOREは史上最高の無料NASです


今回の改良で、TrueNASは史上最高の「無料NAS」システムとしての地位をさらに強化することができました。その意味で、TrueNASは今でも、そしてこれからもFreeNASの魂であり続けるでしょう。まだ FreeNASがシステムにインストールされている場合は、最初にWebインターフェイス内からFreeNAS 11.3-U5にアップグレードしてから、TrueNAS12.0-U8にアップグレードしてロールバックオプションを保持することをお勧めします。これは簡単なWeb更新ですが、パフォーマンスと機能を検証するまでプールのアップグレードを待つことをお勧めします。新規ユーザーは、TrueNAS12.0-U8をダウンロードするだけで開始できます。


ご質問やご意見がございましたら、コミュニティフォーラムTrueNAS subreddit、またはこのブログへの返信でお聞かせください。TrueNASがビジネスのデータ管理を合理化、加速、統合する方法に関する追加情報が必要な場合は、お問い合わせいただくか、truenas.comにアクセスして、ニーズに最適なTrueNASバージョンをダウンロードしてください。


True Data Freedomは、新しいTrueNASリリースごとに提供されます!


About

2022年02月05日 20:33に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「TrueNAS 12.0-U8 がリリースされました」です。

次の投稿は「TrueNAS の CUI で IPアドレスを設定する」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM