TrueNAS 12.0-U5.1 がリリースされました

1つ前のバージョン:TrueNAS 12.0-U5 がリリースされました


アップデート手順はTrueNAS 12.0 へのアップデートあたり参考に。

マニュアルアップデート用のファイル TrueNAS-12.0-U5.1-manual-update.tar はhttps://download.freenas.org/から
12.0>STABLE>U5.1にあるみたいです。

以前のFreeNASからアップデートする際は、「まず11.3-U5にアップデートしてから」アップデートするように書かれています。

12.0-U5.1

2分で読めます。

TrueNAS品質ライフサイクル

表は割愛。
TrueNAS 12.0-U2 がリリースされましたを参照してください)

2021年8月17日

iXsystemsは、TrueNAS 12.0-U5.1の一般提供を開始しました。このリリースは、ディスク管理操作のためのミドルウェアの更新を含む、パフォーマンス向上のためのリリースです。このリリースは、TrueNAS 12.0-U5リリース(TrueNAS 12.0-U5 がリリースされました)のすべてのバグフィックスとQuality of Lifeの改善をベースにしています。

TrueNAS 12.0-U5.1 では、ストレージプール操作の応答性が向上しています。この改善は、あらゆる種類の TrueNAS に適用されますが、ディスク数が多い場合には最も大きな効果が得られます。

TrueNAS CORE および Enterprise のユーザーは、システムをアップグレードして最新のパフォーマンスを得ることをお勧めします。エンタープライズのお客様は、TrueNAS システムのアップグレードについて iX サポートにご相談ください。

iXsystemsサポートへの連絡方法については略。


TrueNAS 12.0-U5.1 変更ログ

改善点

  • NAS-111868 - ミドルウェアのプール管理のパフォーマンスを改善しました。

既知の問題は 12.0-U5 と変わらず。
(とはいえ 12.0-U1 から記載のある項目なのですが)

既知の問題点

キー 概要 回避策
NAS-106992 永続的な L2ARC はデフォルトで無効になっています。 根本的な問題は修正されていますが、パフォーマンスをさらに調査するために、この設定はデフォルトで引き続き無効になっています。永続的な L2ARC を手動で再アクティブ化するには、TrueNAS Web インターフェイスにログインし、System > Tunables に移動して、次の値で新しい調整可能項目を追加します。
  • Type = sysctl
  • Variable = vfs.zfs.l2arc.rebuild_enabled
  • Value = 1
  TrueNAS の「root」ユーザーアカウントは、SMB ユーザーにはなれません。 これは、ソフトウェアのセキュリティを向上させ、さまざまな環境での展開に適したものにするための意図的な変更です。SMB 設定を更新して、別のユーザーアカウントを使用してください。

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2021年08月24日 12:27に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「TrueNAS 用のハードウェアを用意する」です。

次の投稿は「TrueNAS のインストールUSBを Rufus で作成する」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM