TrueNAS 12.0-U3.1 がリリースされました

TrueNAS 12.0-U4 がリリースされました



1つ前のバージョン TrueNAS 12.0-U3 がリリースされました

すでに 12.0-U4 がリリースされていますが未訳でしたので。

12.0-U3.1
2021年5月4日

iXsystemsは、TrueNAS 12.0-U3.1の一般提供を開始したことを発表します。このリリースは、TrueNAS 12.0-U3 リリースに含まれていたすべてのバグ修正と品質向上を含むメンテナンスリリースです。

TrueNAS エンタープライズのお客様は、システムをアップグレードして、最新のパフォーマンスの向上、バグ修正、セキュリティの強化を行うことをお勧めします。エンタープライズのお客様は、TrueNAS システムのアップグレードについて iX サポートにご相談ください。


TrueNAS 12.0-U3.1 の変更履歴

セキュリティ勧告

バグの修正

  • NAS-109912 ] - PMC8003/pms(4) での ZFS チェックサム エラー
  • NAS-110171 ] - 12.0-U3 への更新後にハングする 2 つのダッシュボード ウィジェット

既知の問題点

キー 概要 回避策
NAS-110246 [プール] > [Zvol の編集] フィールドに正しくないデータが表示されるか、データが入力されていない zvol を編集するには、追加のプロパティを入力する必要があります。これは 12.0-U4 で対処されます。回避策は、同期、圧縮レベル、ZFS 複製プロパティを選択して、ZVOL の編集時に変更を適用できるようにすることです。
NAS-110097 HA システムで netcli が carp パスワードを生成しない CLI を使用して高可用性 (HA) 機能を構成する場合は、CARP パスワードを設定し、空白のままにしないでください。
NAS-106992 永続的な L2ARC はデフォルトで無効になっています。 根本的な問題は修正されていますが、パフォーマンスをさらに調査するために、この設定はデフォルトで引き続き無効になっています。永続的な L2ARC を手動で再アクティブ化するには、TrueNAS Web インターフェイスにログインし、[システム] > [調整可能] に移動して、次の値で新しい調整可能を追加します。
  • Type = sysctl
  • Variable = vfs.zfs.l2arc.rebuild_enabled
  • Value = 1
TrueNAS の「ルート」ユーザー アカウントは SMB ユーザーになれません。 これは、ソフトウェアのセキュリティとさまざまな環境での展開の適合性を向上させるための意図的な変更です。別のユーザー アカウントを使用するように SMB 構成を更新します。

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2021年06月02日 17:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「LP-2024A+ で高級スピーカーを鳴らしたらどうなるのかって話」です。

次の投稿は「TrueNAS 12.0-U4 がリリースされました」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM