TrueNAS 12.0-U1 がリリースされました

TrueNAS 12.0-U1.1 がリリースされました
ひとつ前のバージョン
TrueNAS 12.0がリリースされました!

マニュアルアップデート用のファイルはhttps://download.freenas.org/12.0/STABLE/U1/にあるみたいです。


TrueNAS 12.0-U1

2020年12月9日

iXsystemsはTrueNAS 12.0-U1の一般提供を発表できることを嬉しく思います!これは、それぞれTrueNAS COREおよびTrueNAS Enterpriseに名前が変更され統合されたFreeNASおよびTrueNASリリースの最初のメンテナンスリリースです。12.0-Releaseが10月20日にリリースされて以来、180を超える新しい改善またはバグ修正がU1リリースに間に合うようにマージされました!

  • 新しいTrueNASRシリーズシステム(NAS-108167)のサポートにより、エンクロージャ管理が改善されました!RシリーズはiXsystemsの新しいTrueNASハードウェアラインであり、最小のコストで最大のストレージの可能性を提供するように設計されています。
  • Gmail(NAS-104374)にOAuthサポートが追加されました。これは、ユーザーがGoogleが最終的に安全性の低いアプリ(LSA)によるGoogleWorkspaceアプリケーションへのアクセスを無効にすることへの準備をするのに役立ちます。
  • SNMPサービスが拡張され、クライアントごとのIP帯域幅を追跡できるようになりました(NAS-108068)。SNMPサービスオプションを開き、ネットワークパフォーマンス統計を有効にすることで、これらの追加の統計を将来のSNMPメッセージで受け取ることができます。
  • Fusion Poolsは、メタデータvdev(NAS-107651)にデータの小さなブロックを追加するためのしきい値を追加しました。ストレージプールにメタデータvdevがある場合、データセットの詳細オプションを開き、Metadata (Special) Small Block Size[メタデータ(特殊)の小さいブロックサイズ]フィールドを見つけることで、各データセットにブロックサイズのしきい値を設定できます。
  • 自動TRIMが新しいプールオプションとして追加されました(NAS-107694)。これを有効にすると、TrueNASはプール内のディスクを定期的にチェックして、再利用可能なデータブロックを探します。これはパフォーマンスに影響を与える可能性があるため、デフォルトでは無効になっています。ZFSでのTRIMの詳細については、zpool.8の autotrim プロパティの説明を参照してください。。
  • さまざまなテーマのレポートページ表示の問題が修正されました(NAS-108032
  • システムがCPUリソースを大幅に消費する結果となるSNMPの問題が修正されました(NAS-108050)。この問題により、アップストリームのOpenZFSリポジトリで関連するパフォーマンスの改善もマージされました。
  • このリリースには、OpenZFS2.0が含まれています。TrueNASファイルシステムへのこのアップデートは、ZFSのUnixおよびLinuxコードベースを統合し、シーケンシャルリシルバー、ZStandard圧縮、永続的なL2ARCなどの新しいファイルシステムレベルの機能を追加しました。

U1リリースでは、TrueNAS Enterpriseのお客様はシステムをTrueNAS12.0に手動でアップデートすることができます。エンタープライズアップデートプロセスのサポートについては、iXサポートにお問い合わせください。Enterprise 12.0アップデートトレインは、12月22日にアクティブ化される予定です。今後のTrueNASリリース日に関する最新情報を入手するには、TrueNASロードマップを確認してください!


これに続く変更ログは気が向いたら翻訳するかも知れません。
とりあえず、Googleの機械翻訳にかけるリンクを張っておきます。

Google翻訳

なお、ラストに割と重要なことがしれっと書いてあったのでそこだけ訳しておきました。

既知の問題点

キー 概要 回避策
NAS-107151 レガシーTrueNAS9.10システムと12.0-BETA1システムの間で複製が失敗します。 複製エンジンとZFSの多くの改善により、FreeNAS / TrueNAS 9.10システム(またはそれ以前)はTrueNAS12.0との間で複製できなくなりました。従来のTrueNASシステムをFreeNAS / TrueNAS11.3以降にアップデートします。
NAS-106992 永続L2ARCは、大量のデータを使用して再構築するとパフォーマンスに影響するため、デフォルトで無効になっています。 永続的なL2ARCを再アクティブ化すると、大量のデータがL2ARCにロードされ、再構築がトリガーされる特定の状況で、UIとミドルウェアのパフォーマンスが低下する可能性があります。永続的なL2ARCを再アクティブ化するには、TrueNAS Webインターフェースにログインし、システム>チューナブルに移動し、これらの値で新しいチューナブルを追加します。
  • タイプ= sysctl
  • 変数= vfs.zfs.l2arc.rebuild_enabled
  • 値= 1
TrueNASの「root」ユーザーアカウントをSMBユーザーにすることはできません。 これは、ソフトウェアのセキュリティとさまざまな環境での展開への適合性を向上させるための意図的な変更です。別のユーザーアカウントを使用するようにSMB構成を更新します。
NAS-108580 U1アップデートは、「本番リリースではない」として誤ってフラグが付けられます この警告は、エンタープライズトレインがまだアクティブ化されていない結果であり、無視しても問題ありません。これは、エンタープライズ更新トレインがアクティブ化された12月22日に自動的に修正されます。

以前は、ユーザーをわざわざ作る代わりに root でやっちゃう例も紹介してましたが、今後はダメみたいです。

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2020年12月11日 18:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「FlashForge Adventurer 3 を買った」です。

次の投稿は「TrueNAS でハードディスクを交換する(2)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM