3M 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB を使う

IUSE IUM1 のプラットフォームをガラスに変更したわけですが、さすがにラフトなしでの造形は苦しすぎるので、
(しばらく造形できててもあとで途中で外れてたりして、それまでの出力時間とフィラメントが台なしに……)


3M 3Dプリンタープラットフォームシート(3枚入) ABS/PLA対応 3099AB

を投入しました。
ガラスにする前に使ってはいるけど……最初の写真のステージにはもう貼ってある)

先日購入したガラスの表面を清掃して貼り付けるだけ。
少し厚みが増えるので、ヘッドのクリアランス調整をもう一度行う。

のりで苦戦してたのがばかばかしいぐらい、ガッチリくっついて出力される。
しかも表面が平滑なので、シール剥がしを差し込むとペリッとはがれる。

ついでにノズルも0.3mmのものに交換。
IUSE IUM1 に 0.3mm のノズルをつけてみる

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1801

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2020年06月21日 17:50に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「IUSE IUM1 のプラットフォームをガラスに変更する」です。

次の投稿は「IUSE IUM1 に 0.3mm のノズルをつけてみる」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM