USBスピーカー CAMAC CMK-720N usb を買ってみた

パソコンのUSB端子から電源を取れるスピーカーで、
3.5mmのステレオミニプラグ接続で、
エンクロージャーが直方体で左右を片手でつかめる感じので、
できれば木製

という条件で、

CAMAC CMK-720N usb

を買ってみました。


キャビネットが直方体(研修時の持ち運び時、2つをまとめたときに球形とかおさまり悪い)で、木製キャビネットっていうけどMDFで、木目のラッピングが雑。ダイソーとかで手に入る箱とかに近い印象。
高級感はあまりない。

ネジ外してフロント側から可逆的に開けられるので覗いてみたけど、内側にはなにも処理されていないので、ニードルフェルトを設置したり、重りを入れたりすると音質を変化させられるかも。

ドライバーもマグネットが大きくないので、もっとパワーのあるユニットを入れると違うかも知れない。
3インチドライバーと書かれているけど、寸法的には2.5インチってところ。

内蔵されているアンプは、LM4863っていうICが見えるので、ググってみたところ、2.2W×2って出力というところかな。
(この辺の出力の表記がいい加減なのは、LP-2024A+とかLP-2020A+で慣れた)

USB端子は完全に電源用で音声信号は3.5mmステレオミニプラグ。
なぜかマイク用のケーブルと、スピーカーなマイク入力ジャックがある。

リヤバスレフポートがあって、径が小さいけど背面との距離や材質の影響で音が変わる。

たぶんコレも同じ商品じゃないかな。

同じCAMACを冠している商品としては、


CAMAC CMK-878

が見かけられるけど、プラスチックボディだし、直方体でもないので、全然路線が違う感じ。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1733

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2019年09月01日 17:12に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「SONY の液晶テレビ BRAVIA KJ-49X9000F が時折ミュート(消音)になる」です。

次の投稿は「USBスピーカー Edifier ED-R19U2 を買ってみた」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM