ACE COMBAT 7:VRモード

ACE COMBAT 7のPS4版の目玉特典のVRモード、これをやるためだけにPS VRを1年以上前に購入して、ACE COMBAT 7を1週終わるまで箱に入ったままだったのですが、ついに箱から取り出して接続しました。

ケーブルとかユニットとか多くてめんどい。
VRはこの辺がもうチョイカジュアルになって欲しいなあ。

ACE COMBAT 7は、結局VRモードは専用のミッション3つと、空母の甲板からエアショーを眺めるのだけ。
(ハンガー内で自機体を眺めることもできるけど)



機体はF/A-18F。選択の余地はないみたい。

自分はメビウス1らしい。退役してたんだど呼び戻されてるらしい。
若手の元気のいいのからしたらロートル扱いみたい。
どれ、往年のエースパイロットの片鱗を見せてやるか。
(過去作やってるとメビウス1=自分に違和感がない(笑))

空母のエレベーターで甲板へ。ヘッドトラッキングで周囲が見回せるだけで盛り上がってくる。

発艦。

HUDの表示がコクピットビューの計器の中に組み込まれている。
普段はコクピットの見えないいわゆる「トーマスポジション」でプレイしているのですが、VRモードだとコクピットビューで不足ない感じ。
(足元も透けて見える全天周モニターモードがあってもそれなりに面白いか)
手の部分はコントローラーと無関係なので、自分の腕の位置と違うところにパイロットの腕がある。

空戦開始。

おお。上とか、5時、7時方向とか思った方向が見られる。
(スティックで振り返ると狙った方向が見にくい)
空戦機動もあてずっぽうではなく、敵機の機動を見ながら行えるのでスムーズに後ろを取れる。

フォックスツー。

おおー。爽快な操縦感だ。これはこのモードで全編戦闘シーンだけできたらよかったなあ。
(ムービーシーンは映画館みたいな表示で我慢する)

とはいえ、機体とかのモデルも使い回しじゃないみたいなので、今回はこれが精一杯なのかも。PS4だけの特典だし。
VRのプラットフォームの勝者が決まれば、そこで次の非ナンバリングのVR専用エースコンバットが出たりしてね。

とはいえ、つづけて2ミッションやったら酔った。気持ち悪くなってミッションクリアしたら冷や汗がどっさり。
キャンペーンがVRだとプレイできる時間が限られるかもねえ。

あと、フレームレートと解像感がもう少しアップして欲しい気もするので現時点で贅沢言ってもしょうがないと思った。

たしか体験版がプレイできるらしいので、
PS VR持ちの人は是非試してみてください。

ボリュームが少ないのでこのためにACE COMBAT 7を買うのもどうかと思いますが、プレイしてみてそんのない体験ではないかと思います。

#でこのPS VRどうしてくれよう…。

こちらのレポートが上記で言及してるシーンが揃ってる気がします。

VR版はパイロット体験の「懐石料理」──エースコンバット7開発陣が語る、飛ぶ楽しさへの飽くなき挑戦 – PANORA

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1698

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2019年02月06日 18:23に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ACE COMBAT 7:2周目 EASY 終了」です。

次の投稿は「Samsung 860QVO SSD を買ってみた」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM