4K対応のために MSI GeForce GT 1030 2G LP OC を買った

LG 24UD58-B を買って、N3700-ITXやJ4205-ITXのオンボードグラフィックスでは、YouTubeの4K動画はごく一部しかまともに再生できないことがわかりました。

とはいえ、4Kの表示はもう元には戻れないもので、メインPCのグラフィックスボードを Geforce 560Ti から4K対応の物に更新することにしました。


とはいえ、現在は特にPCで3Dゲームとかやるわけではないので、たいした性能は必要ありません。

最近必要ないということは、新商品のグラフィックスボードのニュースとか見ても
「ふーん」
ぐらいでスルーしていたので、改めて調べることに。

いつも頼りにしていた

桜PC 最新nVIDIA GeForceの選び方

更新:2016/10/26
ということでもう2年近く更新されていません。

ゲームするなら GTX1060 あたりが分岐点かなと(Geforce 560Tiがだいたい3万円前後のグラフィックスボードで、60という数字がnVidiaでは商品のグレードを示す感じになっています)。

でもゲームしないので、極限的には、4K表示ができればいいかなと。
YouTubeのVP9の動画再生支援が働くのは1080とか。(1080なんか買う気ないのであんまり熱心に調べてませんが)

ということで、調べていると、ドスパラのベンチマークのサイトを発見。

グラフィックカード性能比較ベンチマークテスト|ドスパラ公式通販サイト

Geforce 560Ti が 120 なので、
Geforce GT 1030 ですら 122 と性能が上回っているので、もうこれで十分と
Geforce GT 1030 搭載のカードで探す。

LG 24UD58-B がディスプレイポートとHDMIしか入力がないので、


MSI GeForce GT 1030 2G LP OC グラフィックスボード VD6348

一択。

ローエンドで4K×2画面出力ができるMSIの「GeForce GT 1030 2G LP OC」を買ってみた - AKIBA PC Hotline!

DVI端子は4K環境からすると不要な端子なので、他のモデルは実質出力が1系統しか利用できない物ばかり。
(というか、接続できるディスプレイがなくなる(笑))

OCクロックモデルらしいですが、微々たる物なのでだからどうというほどの魅力ではないです。
あくまで出力のセレクトが4Kデュアルを実現させる、低価格のグラフィックスボード、というところです。

2スロット占有+追加電源8Pだった Geforce 560Ti を取り外して、1スロットで追加電源不要の Geforce GT 1030 に交換。余っているスロットにスロットカバーを装着して交換完了。

電源を入れて、そのまま認識するけど、GeforceのドライバをnVidiaのサイトから最新板をダウンロードして更新。
(560Tiは対応していないのか少し古いバージョンで止まってた)

4KでYouTubeの再生がほとんど引っかからずできるので十分です。

4Kデュアルは広すぎて使いにくいので、
セカンドPCも同グラフィックスボードを搭載してまた双子環境復活。
(N3700とJ4205は再び両方が取り込んでるときと、サイレントなPC利用をしたい時用)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1646

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2018年09月14日 23:41に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「4Kディスプレイ LG 24UD58-B を買ってみた」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM