バイクの快感

バイクって、免許はとんなきゃいけないし、車両も安いもんじゃないし、ヘルメットやらグローブやら、ギアの類も用意しなければならないし、でかなーり敷居の高い趣味だと思うのですが、趣味である以上、何らかの快感があって、趣味化しているわけですよね。

そんな考えにたどり着いたのはこのエントリ。

「オレって,バイクに乗ってどんなときに快感?」と素直に考えたら,実は「人前で乗降するときに目立つこと」だったりすることに気づいてしまった。
バイクにまつわるあれこれ

バイクに乗る(ま、所有する、でもいいですけど)ことのプリミティブな快感、これを改めて見直すと本当に乗りたいバイクが見えてくるのではないかと思うのですよ。

で、私の場合はどうかというと、
「手がかかること」
じゃないかと思い始めたんですね。
馬鹿な子ほどカワイイ、とよくいいますが、まさしくそんな感じ。


スカイはタダでもらってきたスクーターだけに、ボロボロでした。
バラして掃除して注油して。
ガソリンがちょっとしか入らないので家に予備のガソリンがおいてあったり(笑)。

VTは大それたことはなんにもせずに乗り続けていましたが、バッテリーが弱く、ちょっと乗らないとセルでエンジンがかからない。1kmぐらいは押しがけしたこともありました。

マグナはすぐに手放しちゃいましたね。

現在のメインバイクSS900は手間がかかる!
倒すと壊れる!
消耗品のサイクルが速い!
消耗品が多い!
ヘッドライトのバルブは気前よく切れるし、
タイヤは大して走らないのに減ってくる。
タンクからはガソリンがにじんでくるし…。
うーん。

現在のセカンドバイクのRGV-250Γも手間がかかる!
15万で買ってきて以来、
ありとあらゆる所に手を入れる羽目に…。
ロングツーリングに出かけると日帰りなのに帰りの途中で2ストオイルの補充が必要だったり…。

まあ、そういう愛機をちょこちょこ面倒見てやってると楽しいんですね。

手間がかかると旅先で壊れるも微妙に違いますね。
旅先で壊れた経験はないので、快感なのかもしれませんが(苦笑)。

と、これだけだと別にバイクじゃなくてもいいと思うので、バイクでは、という要素がもう一つあるわけです。

それは、
「3次元の動きをする」
ということだと思います。

車は前後に進んで左右に曲がる。

それだけなんですな。

バイクは、前後に進んで左右に曲がって左右に倒れる

一つアクションが多いんですね。

ちなみに私はヒコーキのゲーム大好きで、ヒコーキはさらに上昇下降・機首上げ機首下げがあるんですが、ちょっと平均以下のサラリーマンの趣味としては高嶺の花過ぎます。

ということで、左右に倒れるのが快感のものですから、必然的に市街地走行とか高速道路走行とかじゃなくて、ワインディングに出かけていくことになるんですね。
スピード狂じゃないので、命を削って速く走りたいわけでもなし、刺激がない速度と怖い速度の狭間での旋回時のバイクの倒れ込みを楽しんでするわけですね。

そういう意味では、バッタリ倒れるSS900や、ズバッと倒れるガンマなどは面白いわけですね。

まとまりがないですがこの辺で。

コメント (6)

ogoh:

どれも納得なので「コメント」は、
肯定のノーコメントなんですが、
いざ文字になっているのを読むとなるほど、
という感じがします。
ライダー若葉クンとしては、
速度を体感できるのがよいなーと思います。
250TRで高速走って風強くて流されて
どーなったかって、私、笑ってましたもん。

俺は「流して気持ちいい」って所かな。

事故ってもまだ2輪乗ってるのは、駐車場の問題もあるけど、やっぱ楽しいからだと思う。

森や高原を流すのが好き。
バイクは無メンテに等しい。
遅いバイクは嫌だ(沖縄で250シングルにて痛感)

と言うわけで、次も国産を買う(笑)

ああ、確かに、バイクで感じる速度感は独特のものがありますね。
むき出しの身体で感じる風、なんでしょうか。

速くて無メンテならホンダだと思いますが(笑)。

ぜんこ@MGF:

むき出しの体で感じる風っ!

その気になればパンいちオッケーですが、何か?

ああ、だんだん下がってきた(笑)。

ryo:

個人的に至言だと思う一言。
「バイクは、風と、雨と、匂いと、危険を感じる乗り物だ」
by 大泉洋

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2004年08月07日 11:16に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「mixiへの招待はじめました。」です。

次の投稿は「夏休み」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM