TrueNAS on Linuxを初公式リリース!(TrueNAS SCALE)

TrueNAS が FreeBSD ベースだから…という人に朗報!?
Linux アプリやKubernetesがTrueNASで利用できるみたい。
(通常のNASとして使っている人は TrueNAS COREのままでいいっぽい。TrueNAS CORE 13.0も来るらしいし。
あとはしばらくチャレンジャーな方などの挑戦待ちでしょうか)

TrueNAS on Linuxを初公式リリース!

オープンソースのSoftware-Defined Storageとして最も広く導入されているTrueNASが、FreeBSD (TrueNAS CORE & TrueNAS Enterprise) とLinux (TrueNAS SCALE) の両方で初めて正式に利用できるようになりました。TrueNAS SCALE 22.02.0 (Angelfish)は、2022/2/22の "2の日"にリリースされました。

TrueNAS-SCALE-First-Release-blog.png

iXsystemsは、LinuxユーザーがTrueNASコミュニティに参加することを歓迎し、嬉しく思っています。OpenZFS、スナップショット、レプリケーション、REST API、WebUI、Windows ACL付きSamba、高可用性、エンクロージャ管理、シングルクリックによるソフトウェアアップデートといった優れた TrueNAS ツールのすべてに、標準の Linux ツールチェーンと慣れ親しんだ Debian Linux システム環境が加わります。私たちは、すべてのLinux管理者、ユーザ、および愛好家に、この製品を実際に試していただき、TrueNASコミュニティに参加することをお勧めします。


TrueNAS SCALEはTrueNASのまま...さらに大幅な追加を実施

TrueNAS SCALE は、iXsystems のエンジニアリングチームと TrueNAS コミュニティの約 3 年に及ぶ共同作業の成果です。 この旅は、iXsystems が OpenZFS 2.0 の主要 OS として Linux と FreeBSD の組み合わせを推進することに貢献したことから始まりました。これにより、TrueNASミドルウェアを両OS間で移植することが可能になり、最終的にはLinuxベースで既存のTrueNAS機能をサポートし、Dockerコンテナ、Kubernetes、KVM、さらにglusterファイルシステムによるスケールアウトZFSなど、Linux特有の機能を解放することを目標に掲げました。

TrueNAS SCALEの一連の追加機能と性能により、TrueNASはオープンソースのハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)とスケールアウト型ユニファイドストレージを提供することが可能になります。Linuxを使用することで、TrueNAS SCALEはその頭文字に恥じないものになります。

image4.png

TrueNAS SCALEのメリット
スケールアウトしたZFS: 容量とパフォーマンス
コンピュートとストレージの融合
アクティブ-アクティブの信頼性
Linuxコンテナ; KubernetesとKVM
簡単なセットアップと管理

TrueNAS SCALEのリリースまでの道のり

開発からALPHA、BETA、RC、そして今回のRELEASEに至るまで、1年半の開発期間と膨大なテスト作業を経ています。10,000人以上のTrueNASコミュニティーのユーザーが参加し、様々なハードウェアプラットフォームやVMでテストを行いました。3ヶ月のRELEASE CANDIDATE (RC) ステージとその2回のQAサイクルを経て、RELEASEへの道が開かれました。10,000 ユーザーへの成長を含む TrueNAS SCALE のライフサイクルの概要は、以下のとおりです。

image1-1.png

RELEASEステージは、お客様がビジネスで使用するシステムの構築とデプロイを開始できるようにする、当社のソフトウェアライフサイクルの大きな節目となるステージです。RELEASEでは、標準的なエンタープライズ・サポート契約を提供しています。今後数ヶ月間、パートナーやお客様と一緒に仕事をすることを楽しみにしています。

iXsystemsは、Linuxに大きく貢献しています

多くのアプリケーションがFreeBSDからLinuxに簡単に移植されますが、TrueNASは多くのOSツールを活用し、アプライアンスのような体験を提供します。新しい OS を追加し、効果的に統合し、そしてそれが強固で信頼できるものであることを確認することは、並大抵のことではありません。iXsystems のエンジニアリングチームと多くの TrueNAS コミュニティの貢献者、テスターは、このリリースを可能にするために、合わせて数百年の開発期間を費やしてきました。この素晴らしい旅に協力してくれたすべての人に、心から感謝します。

TrueNAS SCALE に対する iXsystems の多くの技術的貢献のハイライトは以下のとおりです。

OpenZFS 2.0: FreeBSD と Linux を OpenZFS の徹底的にテストされたピアとして含めることで、TrueNAS CORE と TrueNAS SCALE の間のデータの移行を可能にしました。開発およびテストプロセスの両方がiXsystemsによって貢献されました。OpenZFS 2.0 の統合を完了した後、iXsystems は、大規模システムにおけるプールインポート時間の大幅な短縮を含む、多くのスケーラビリティの改善に貢献しました。

Linux での Windows ACL: デフォルトでは、Linux は、Windows (NFSv4) ACL の小さなサブセットである POSIX.1e ACL のみをサポートします。 iXsystems が Linux 内の OpenZFS に NFSv4 ACL を追加したことで、Windows との SMB 共有互換性が大幅に改善されました。

スケールアウト OpenZFS: iXsystems は、Gluster File System と OpenZFS を統合して、スケールアウト ZFS の特性を持つシステムを構築しています。最近の貢献としては、GlusterとOpenZFSのスナップショットを結びつける機能があり、これは「Bluefin」と呼ばれる次のリリースに登場する予定です。

Kubernetes Apps: iXsystemsはApps機能をFreeBSD Jails/PluginsからKubernetesインフラに移行し、Helm ChartsとDocker ContainersおよびPodsのサポートを提供しました。TrueCharts.org などのパートナーは、ユーザーコミュニティが利用できるアプリケーションの大規模なカタログをさらに可能にしました。

CLIとGUIのユーザビリティ: TrueNAS SCALEには、より効率的なWebUIが搭載されており、ユーザーは1つのWebページでより多くの設定を構成し、表示することができます。コマンドラインインターフェイス(CLI)は、ユーザーがテキストコンソールから TrueNAS REST API のすべての機能を利用できる TrueNAS CLI で強化されています。

image3-1-980x443.png

TrueNAS SCALE 22.02.0での変更点

TrueNAS 22.02 の機能セットは TrueNAS SCALE のデータシートに記載されており、TrueNAS SCALE のドキュメントには、最初のシステムを構築して実行するために必要なほとんどのことが記載されています。足りない情報やアドバイスが必要な場合は、TrueNAS Community のフォーラムが素晴らしい情報源とコミュニティを提供しています。


TrueNAS SCALE 22.02.0の詳細は、リリースノートに記載しています。300以上の新しいバグフィックスと改善点があり、RC2バージョンからの大幅な品質ジャンプを実現します。特筆すべき内容は以下の通りです。

TrueChartsなどのサードパーティアプリリポジトリとのより良い統合。
TrueNAS COREからSCALEへの「サイドグレード」機能
NFSとSMBの両プロトコルでNFSv4 ACLを完全サポート
Mシリーズエンクロージャー管理
高可用性(デュアルコントローラ)初期対応
カスタマイズ可能なダッシュボードページ
TrueNAS SCALE を実現するために多大なご支援をいただいたコミュニティの皆様に感謝いたします。バグの発見と解決に向けた支援は、非常に貴重なものでした。これは非常にエキサイティングな乗り物であり、これからも、さらに多くのことがあります。TrueNAS SCALE の品質を向上させるために、引き続きバグの報告や提案をお願いします。

誰が TrueNAS SCALE を使うべきですか?

ソフトウェア開発ライフサイクルの RELEASE 段階では、TrueNAS SCALE は主に家庭での使用、小規模なプロジェクト、および技術研究所向けです。特に、標準的なストレージのニーズに加えて、Linux アプリや仮想化のニーズがあるユーザーに適しています。スケールアウト ストレージを必要とするユーザーは、特定のユースケースや関心事に合わせたテストを開始することができます。

Linux 開発者にとっては、オープンソースの TrueNAS SCALE プロジェクトに貢献する機会が多くあり、貢献者のための Discord コミュニティも活況を呈しています。 これは、最高のオープンハイパーコンバージドインフラストラクチャを集団で開発するために、よく調整され管理された環境です。Bluefinは、SCALE 22.02の次のメジャーリリースです。スケールアウトZFSスナップショットとレプリケーション、クラスタ化Kubernetes、クラスタ化ハイパーバイザーなど、いくつかの大きな機能強化が含まれる予定です。詳細については、このコミュニティの投稿を参照してください。

iXsystems では、スケールアウトのニーズを持つ大規模な商用ユーザーのために、テストが完了して本番段階に入る前の特定のデプロイメントやアプリケーションをサポートするトライアル・サポート・プログラムを用意しています。TrueNAS SCALE のトライアルにご興味のある方は、iXsystems のアカウント担当者にお問い合わせいただくか、info@iXsystems.com まで電子メールをお送りください。

標準的なNAS(NFS、SMB、iSCSI、S3)を必要とするプロダクションユーザーは、管理下のデータが100倍以上あり、10年以上の運用と安定性を誇るTrueNAS COREおよびEnterpriseを引き続き使用することをお勧めします。TrueNAS SCALEは、その成熟度と自動テストの一部を受け継いでいますが、エンタープライズソフトウェアの品質ライフサイクルはまだ完了していません。並行して、TrueNAS CORE 13.0もBETAリリースでその歩みを始めています。

その他のご質問や新しいプロジェクトに関するアドバイスが必要な場合は、弊社までご連絡ください。私たちは、いつでもお手伝いします。


About

2022年02月23日 19:19に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「一太郎2022 到着」です。

次の投稿は「TrueNAS SCALE 22.02.0」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM