SP120GBSS3M55M28 を 2.5インチケースに入れて使う

R0018603.jpg
(SSDを固定するビスの受けの部分にスペーサーがないのが、コスト削減を感じる)

Ryzen 3 3200G のPCの起動用に、NVMeのSSDを使わなくても、M.2ならいいんじゃないかと使ってたのですが、Ultra Fast Boot 設定ができないのに気づいたので、買い換えて、余ってしまいました。

sp120gbss3m55m28.png

ので、2.5インチSSD型に変換するケースに入れてベンチ取ってみました。
(使用PCはかなり古いノートだけど)



シリコンパワー SSD M.2 2280 120GB SATA III 6Gbps 3年保証 M55シリーズ SP120GBSS3M55M28

M.2型で、とにかく安いヤツ、と思って選んだ。120GBしかないけど、ネットサーフィンとかなら楽勝だと思う。
ただ、読み書きの速度より、Ultra Fast Bootができないことによる起動時間が気になったので、NVMeに買い換え。

なお、買い換えたのは、


シリコンパワー SSD 512GB 3D TLC NAND M.2 2280 PCIe3.0×4 NVMe1.3 P34A80シリーズ 5年保証 SP512GBP34A80M28

何個も買ってる。これといって何がどうという訳じゃないけど、Samsung 970 EVOとかより少し安いのと、512GBだと256GBより速いので。1TBは要らない…。


R0018653.jpg


Sabrent M.2 SSD [NGFF]を2.5インチSATA III に変換/アルミ製、エンクロージャアダプタ(EC-M2SA)

ケースはコレ。SATA M.2 SSD (B&M KEY)を組み込める中で安いヤツ。
SP120GBSS3M55M28 は間違いなく、B&M KEY。
コレにNVMeのSSDを突っ込んで動作しない、とかレビュー書いてる人がいるけど、よく読んで欲しい。

R0018604.jpg

で、セットすると、斜めになる。
のでテキトーにシリコンの放熱シート買って挟んでみた。


R0018650.jpg

1mmだと、写真右側半分ぐらいは接してないみたい。


R0018652.jpg

1.5mmだと、左側のビスを効かせると若干基板が反ってる気もするけど、まあこっちでいいや。


840evo120.png

参考までに120GBの容量のSSDとの比較として、
Samsung 840 EVO 120
を同一のノートPCに組み込んでベンチ取ってみた。

十分な性能出てると思う。
840 EVOも2013年~2014年頃に購入したSSDだけど、健闘してる。
(最近は、M.2 SSDにシフトしてるのと、容量が大きくなってきて余りだしてる)

ベンチを取ったマシンじゃないけど、このM.2 SATA SSDが余ることになった動画

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1837

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2020年12月31日 12:22に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「少しレスポンシブ対応」です。

次の投稿は「Google Nest Hub Max を買ってみた」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM