TrueNAS に SSD を搭載する

FreeNASでは、USBメモリをブートデバイスにして、ハードディスクで共有用のストレージを構築する構成において、キャッシュやログ用にSSDを追加する、というアイデアを試したがる人が多く感じられました。(試してどうなったのかあまり見ないので効果のほどはわかりませんが、文献や理論的には、相当負荷の高い運用で、メモリ増設もできる限りやりきった場合の手法だと思っていました。また現在の1000BASE-TX程度のネットワークはネットワーク速度こそがボトルネックなので、ある程度以上は結局効果がないはずです)

TrueNAS 12.0 がリリースされて(厳密には FreeNAS 11.3 のリリースの頃から)、
ブートデバイスにはUSBメモリではなくSSDを使うべき
という論調になってきているため、

ある意味これも、TrueNAS に SSD を搭載する、ということだな、と思いました。

なお、
TrueNASのブートデバイス(システムデバイス)は共有フォルダを作成する為の領域には使えないので、あまり莫大な容量があっても仕方ないですが、
最低限8GB、できれば16GB以上のほかに、64GB以上あると、16GBのスワップもとることができるようなので、ほどほどの容量のSSDを使うのがいいでしょう。

TrueNAS 12.0 のハードウェア要件

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1825

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2020年11月15日 13:58に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「FreeNASの系譜」です。

次の投稿は「Ryzen 3 3200G + ASRock A320M-ITX に NVMe SSD を搭載する」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM