あおい お肉を美味しく頂くならすき焼きにし。

ムールん家で鍋でもやろう、と鍋の種目が決まらないままだったところ、TwitterのTLですき焼きの飯テロを個人的に受け、すき焼き熱が一気に高まり、すき焼きと言えば、

ゆるキャン△4巻のクリスマスキャンプですき焼き作ってたのでアレに挑戦してみようと。

IMG_7348.jpg


買い出しで、スマホ片手に調べてると、

【再現レシピ】ゆるキャン△11話。トマトすき焼き~〆のチーズパスタまで。 | 湘南で暮らすキャンパーのブログ

だと、トマトすき焼きに味変してからしかレシピがないので、
(「普通のすき焼きを作る手順は分かりやすいと思うので」だとう)

買い出し中のイオンの生鮮売り場で
Kindleでコミックスのあおいちゃんの調理のシーンを追いかけながら材料を調達。

まず
鍋に牛脂を広げ
牛肉に軽く火を通す
次に砂糖 醤油
酒を入れてひと煮立ち
具材はえのき 椎茸
しめじ まいたけ
なめこ エリンギ きくらげ
松茸 マッシュルーム
大垣「キノコ鍋作ってんのか」
あおい「まー」
(本当の)具材は椎茸 えのき
ネギ 焼き豆腐 しらたき
春菊を乗せたら
フタをして暫し待つ

各種キノコを調達。マッシュルームはアヒージョにしたらうまそうな立派なのがあった。
なめこ、エリンギ、きくらげ、松茸はなし。
(それぞれ買ってたら何人前の鍋になることやら)
(本当の)具材のところで春菊だけ離れて書かれているので忘れかけた。春菊大事。
リンちゃんが食べるシーンでは
まずは…えのきとネギ
次は焼き豆腐
そしていよいよ牛肉
春菊を添えて
と重要。
(そういやキノコ食べてるシーンないな)

IMG_7345.jpg

お肉はA5ランクまではいかないものの。
お肉屋さんで最も高かった100g1300円のスライス。
1枚ごとにビニール2枚で挟まれ、さらにビニールでくるまれているという、ビニールゴミが大量に出る贅沢なお肉。

IMG_7346.jpg

焼くと粉々になってしまう(苦笑)。
今回は砂糖は上白糖ではなくザラメを使用。
醤油は贅沢して上総醤油、日本酒は1年前の越乃景虎「虎七郎」(そのまま飲めば美味しいお酒なんだけど飲みきれないで時間が経ってしまった)
焼いたらそのまま玉子をつけて食べる。

次いで、100g980円のスライスのお肉も焼いて食べる。

(こうやって先に少量はそのまま食べる)

そしたら、100g980円のスライスのお肉の残りと、100g980円の切り落としを焼いて、フツーに関西風のすき焼きにする。
(きりしまはなぜか関西風のすき焼きを作るのだが、ルーツが不明。母親はバリバリ関東風だし)
しかしキノコ多い。

IMG_7348.jpg

椎茸美味しかった。あと、マッシュルームが思いのほかすき焼きの味に合う。

ひとしきり食べたら、

IMG_7356.jpg

味変してトマトすき焼きに。
レシピではさっさとバジルを入れてしまうのですが、せっかくのフレッシュバジルなので、肉に火が通った頃に投入してみました。

IMG_7357.jpg

この味はチーズが合うと思ったので、フライングしてとろけるチーズを少量投入してみる。うまい。

IMG_7358.jpg

そしてシメのチーズパスタ…。
9分のゆで時間を鍋で煮る分を考慮して8分で設定したけど、7分チョイくらいでもうよさそうだったので投入。

ここで
まっちいから「フェットチーネでは?」と突っ込みが入る。
参考にしていたレシピサイトでは「パスタ」としか書いてなかったのと写真がそうだったので太めのスパゲティ買ってきたけど、あらためてKindleアプリでコミックス確認したら、あおいちゃんが「フェットチーネ」って書いてある袋持ってた。

しかし大ボリュームのすき焼きでした。

ネタのためにポテチの大袋買って来たけど、
「ポテチあるけどたべるー?」(コミックス1巻)
って言うだけだった(未開封)。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1659

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2018年11月21日 23:17に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「YouTube Premium をポチった」です。

次の投稿は「iPhone X のディスプレイのタッチの不具合対応を依頼した」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM