リムネット、メールボックスに容量制限

リムネットのメールボックスが2007年4月10日から無制限から200MBの容量制限付きに変更になるようです。

…………………………………………………………………………………………
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
□ サ ー ビ ス 内 容 の 変 更 に つ い て □
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
メールサーバーの切替に伴い、サービス内容を以下のとおり変更致します。

… … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … …
【 1 】メールボックス容量

[現 状] 無制限 ⇒ [変更後] 200 MB

※大量の迷惑メールが送信された場合、ボックス容量が無制限である
ことにより、通常のメールの送受信に遅延が生じるなどお客様のご
利用にご迷惑をお掛けしてしまいます。
メールボックス容量に制限を設けることで、このような不要なご迷
惑を最小限にとどめることが可能であると共に、現在のお客様の通
常利用状況を調査の結果、一度に200MB以上ご利用されている
お客様はいらっしゃらないとの判断により今回の容量制限を設けさ
せて頂きました。

まあ、いいんですけど、メールボックスの容量無制限という部分を保険的に残していた月200円のアカウントがこれで意味のないもの(他のメールアドレスの方が条件がよい)になってしまうので、Windows95時代に初めて取得したアカウントも解約の方向へシフトして行かざるを得ないな、と寂しく思いますが、迷惑メールもそれなりの数を受信し続けているため、いい機会かな、と思ったりもするわけです。

そもそも老舗とはいえ、リムネットは主流プロバイダーの座を降りてから久しいと思いますので、時代の流れでしょうかね。

コメント (2)

ogoh [TypeKey Profile Page]:

たしかに主流の座はすっかり降りたね、リムネット。
shellがどーとか、ずいぶん勉強になったし。
で、なにより、自分がクレジットカードつくれなかった時代に、
唯一、銀行振込に対応してくれた会社なんですよ、リム。
そいった意味じゃ、辞めた今でも感謝してるプロバイダ。
すんごいサービスがよいだけに、どうにか生き残ってほしい
と思うんだけど(辞めといてなんだが)、
どうも時代は大きいのが強くなってる。
スパムメールってほんと、来るもんなぁ。
どっからバレてるんか意識が薄いんだけれども、
さりとて、今さら変えるわけにもゆかず、という。
むしろ、スパムメールを撲滅する方法はないものか、
と憤りともども考えてしまうんですけれども。

コマンドラインシェルが使えるのがリムネットの魅力の一つでしたが、自分は全然使いませんでしたね。

銀行振り込みは、たしかにそんなこともありました。
パソコン通信を使ったオンラインサインアップで30分くらいで開通するのも当時としては画期的だったかと思います。

今は基本的に専用線工事なので、パソコンにモデムすらついていないので、パソコン単体で契約するのは難しいですね。

また、Perlを使おうと思ったときに制限が比較的緩くて便利でしたね。
ウェブサイト専用の共用レンタルサーバーなどのサービスが出てくるまでは、自分のプロバイダーは一つで、アクセスプロバイダー・メール・ウェブを選んで組み合わせる、なんて考え方はなかったですよね。
で、このころは、CGIが自由に使えるところは少なかったですね。

メールに関しては、大昔のメールシステムが未だに大きなパラダイムシフトせずに来ているのが問題で、ウェブ2.0とか言ってる脇で原始的なまま残されています。

ですが、郵便が実は割と世界中にちゃんと届く(住所の末尾が多少間違ってても!)ように、プリミティブな連絡手段として、あまり進化しない方がいいのかもしれません。

迷惑メールフィルタの誤判別もありますし…。

その分、普段はウェブ2.0的な連絡手段を使うのがいいのかもしれませんよ。

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2007年03月26日 13:42に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Wii」です。

次の投稿は「ATOK2007」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM