アフィリエイトについて

サイトに広告バナーを掲載してもらうことに対価を支払う広告方法だが、
基本的にはお金にならない。

ウェブサイトのデザインに制約を受けてまで広告を掲載するのに、
たいていの人はお金を手にすることはないのではないだろうか。

そんな折、

③ モチベーション向上のため、初期段階で現金を手にする
IDEAL - 新米SE成長記 : アフリエイト弱者の理論

こんなエントリを見つけました。

アフィリエイトは多数存在し、どれも、掲載させる割には現金を支払わない。
ですが、この筆者が提案する、

① アフリエイト登録は1つに絞る

という手法をとる場合、最初の報酬金額を手にするまでのハードルを下げたアフィリエイトプログラムなら、既存の大手のシェアに食い込んでいけるのでは、と思いましたが、まあ、広告費の現金が早く出て行ってしまうわけで、それだけの価値があるかどうかというと、個人のウェブサイトにはあんまりないんじゃないかなあ、なんて後ろ向きに思うわけで。

Googleの広告を試しに載せていますが、どちらかというと、自分のエントリにどんな広告が関連づけられるのかが興味の対象で、稼ぎは全然どうでもよかったりしています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/434

この一覧は、次のエントリーを参照しています: アフィリエイトについて:

» アフリィエイトは日本語の上達で成果があがるんでは? 送信元 penfactory.net
私は、この文章でタイトルを打つのに、ちょっと考えた。 ネット媒体には失礼だが、紙... [詳しくはこちら]

» アフリィエイトは言語の鍛錬で成果が上がるんでは? 送信元 penfactory.net
私は、この文章でタイトルを打つのに、ちょっと考えた。 ネット媒体には失礼だが、紙... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2004年11月15日 11:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「戦国無双 阿国」です。

次の投稿は「会社のPCバラし中」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM