未来メール

あるウェブログの記事を書かれた方のプロジェクトを見てて、自分の死後、何年も経ってからメールが送信されるというアイデアなんか面白いだろうなあ、と思って「未来メール」などとネーミングまで考えて、ググって見ました。

すると、あるわあるわ(笑)。ただ、けっこうサービスを停止してしまっているところもあるようですね。

MEMORY-GIFT~未来への贈り物

ここは10年後まで、

メールを未来へ送信2

ここは3年後まで、となっているようです。

配信のタイムリミットをもっとずっと未来にしても、確かに、届くかもしれないメールアドレスはないかもしれない率がぐんと上がっているでしょうから、メールアドレスを指定しないで、例えば、自分の子供たちとか、なんか、そういう登録方法で、対象を登録して、分かっている範囲で、それにマッチするアドレスを登録しておく、というのも一つの方法かも…?

やっぱだめそうだな。

しかも、死んだ後を想定して書いたもんだから、死んでなかったりしたら恥ずかしい内容なんか書いちゃって、存命中に届いちゃったりしたら、それこそもう二度と顔を合わせらんないですね、恥ずかしくて。

面白そうかと思ったけどボツで(笑)。

Doblog - 起業家日誌 -

思ひ出アーカイヴ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/228

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2004年04月13日 14:10に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「メモリースティックとSDカードの対決」です。

次の投稿は「素人にも分かるウイルス情報」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM