LEDフラッシュライト コレクション

R0017412.jpg

ワンコと夜の散歩や、パソコンのケース内、暗くなってからのバイクの整備などに使っているフラッシュライト(懐中電灯)です。


右から、

R0017402.jpg

LEDLENSER T5 広角

R0017403.jpg

LEDLENSER T5 狭角

以下は比較用に、GR DIGITAL をマニュアルにして、上記と全く変更せずに撮ったものです。壁までの距離も同じです。

R0017404.jpg

ELPA DOP-EM301
エネループ1本で点灯するので、
LEDLENSER T5が来るまで一番稼働していました。
明るさの差は一目瞭然です。
ただ、光自体はムラが少ないので、照射した視野は見やすいです。
眩しいぐらい明るいT5だと、目が明るいところに慣れてしまうので、
使い方によってはこの位の明るさでもいいかもしれません。

R0017405.jpg

OHM スーパーLEDライト LF-226
照射角度調整があるものの視野のムラが激しく、見づらいです。
一応光を絞っています。

R0017406.jpg

ベゼルを回転して明るい部分を最大まで広げたところ。
集光能力がいまいちなおかげで照射角が大きいのは不幸中の幸いか。
まあ、値段なりのデキです。

R0017407.jpg

GENTOS SuperFire X SF-102X
少しは明るいですが、光が集まってしまいます。

R0017408.jpg

減光機能があります。LEDを点滅させて減光しているようです。
振ると少し楽しいです。

また、画像では分からないのでないですが、点滅モードもあります。

R0017409.jpg

GENTOS SuperFire SF-133
割と明るく、 SF-102X より本体がスマートなので使いやすいですが、
テールスイッチのゴムが一回もげたことがあります。
(テールスイッチはサンジェルマンに連絡したら無償で出してもらえました)

それと、電池が消耗してくると、ちょっとした振動の都合で消えてしまいます。

R0017410.jpg

不明
はじめて買ったLEDフラッシュライトです。
写真よりもうちょっと緑っぽい光で安っぽいです。

R0017416.jpg

ついでに比較用。
こんどは左から。

R0017413.jpg

ミニマグライトAA(単3×2本)
まあ、ムギ球のマグライトですからねえ。
しかも、電池はエネループですし。
(アルカリだと最初はもう少し明るい)

R0017414.jpg

型番不明。
リチウム電池2本で5WのLEDですが、結構拡散して使いやすいです。
ただ、本体はやや大きめ。

R0017415.jpg

GENTOS SuperFire SF-301
明るくて小型ですが、光がかなり収束しています。

CR123A×2のフラッシュライトは明るいのですが、点灯時間が大して長くないこと、発熱が大きいこと、ランニングコストが高いこと(2本で1000円ぐらいする)より、主に非常用とか、作業用ですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1244

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2011年09月15日 01:22に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ゴーヤーチャンプルーのレシピ」です。

次の投稿は「Windows 8 Developer Preview」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM