Casette to MP3 Converter

カセットテープをデジタル化するプロジェクトが迷走気味で、現在ちょっとした往年のカセットデッキの中古を調達しようとヤフオクを覗く日々。
普及機クラスぐらいのメカならベルト交換ぐらいできるだろう、と考えているけど、折からの昭和レトロブームか、なかなか手強い。

ので、どうしようもないよなあ、と思ってたところ、
Amazonで

がステレオなことに気づいた。
単にパソコンにUSBで接続して、USBオーディオとしてカセットの音源を流せるだけのデバイスだとは思うけど。
そんなに高くないし、Amazon配送なのがあったので試しにポチってみた。
(ステレオって書いてあるだけでモノラルだったりすることもあるあるなので)

Amazonでも他にもそっくりなのがいっぱい出品されてるし、
AliExpress でも同じ型のをいっぱい見る。

色違いとか、USBメモリに単体でMP3で記録できるとか、Bluetooth対応とかあるみたいだけど、
価格最優先で、MP3変換も128kbpsだろうし、Bluetoothで飛ばして再生する必要もない。


電池とか入れずにパソコンにUSBケーフルでつなぐだけでデバイスとして認識されるので、
これを
SoundEngine Free
などのソースに指定して録音状態にして、テープを再生するだけ。
Audacity を使う前提みたいだけど、オーディオソースを録音できればなんでもいいと思う)
でMP3変換部分はパソコンのソフト(フリーソフトウェア)で行うって感じで、
このカセット部に何か機能があるわけではない模様。

R0019368.jpg

箱に Reshow って箔押ししてあるけど何か意味あるかな。

R0019369.jpg

一応中身はこんな感じ。

R0019385.jpg

裏側は特に品番らしいモノも表示されていなかった。
Amazonの商品ページには
‎Re-006
って書いてある。

R0019386.jpg

DC 3V 500mA センタープラスらしいけど、
手持ちのオーム電機の3VのACアダプターには合う寸法のプラグがなかった。

3.5mm/1.3mmより外径が細くて、2.35mm/0.7mmより芯が太い感じ。
3.0mm/1.1mmとかかな。

R0019375.jpg

いちおう、ステレオ両方向っぽいヘッドかな。
最小限のシンプルなメカっぽい。

うーん。
何もしてないときのノイズが大きい。
それと、再生とか停止などの操作をしたときに大きなノイズが入る。
USBから電源とってるからかな。

再生ボタンの押し込みがけっこう難しい。
しっかり押し込む必要がある。

微妙~。

音はまあまあ、かな。

ボリュームがUSBへの出力の大きさにも影響するのか。
微妙なような、まあコレはコレで、というべきか。

箱は違うけど実質的に同じモノだと思う動画。

下の動画の人のは SW-168C っていう型番らしきモノが見える。

サンワダイレクトの
400-MEDI002
と同じモノに見える。
(サンワダイレクトは Cassette Mate っていうソフトが添付されているみたい。Windows XP互換モードで実行するみたいだけど)

この動画なんか9年前。

(C-60)
早送り 2:54
巻戻し 2:55
かなり遅い感じ。

About

2022年12月28日 19:15に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ステレオでRCAライン入力のあるオーディオインタフェース(2) TASCAM US-1x2HR」です。

次の投稿は「8インチで1920x1200 の UAUU T30 を買ってみた」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM