TrueNAS CORE で「以前のバージョンを復元」になにも表示されない

no_snapshot_01.png

TrueNAS は Periodic Snapshot Tasks で ZFS のスナップショットを撮って、
それを Windows の Volume Shadow Copy のように提供することで、
「以前のバージョンを復元」が利用できるように構成できるはずなのですが、
過去のバージョンからアップデートしてきている
TrueNAS で表示されなくなっていることに気づきました。

ちょっとググったけどうまく見つからなかったので。


TrueNAS 12.0 になってからセットアップして、「以前のバージョンを復元」が利用できる Windows Shares (SMB) と比較してみると、

no_snapshot_10.png


現象が発生する Windows Shares (SMB) 設定で、

no_snapshot_02.png

Auxiliary Parameters
vfs objects = zfs_space zfsacl streams_xattr
っていう設定が入っているのに気がつきました。
この記述を全部削除することで、
「以前のバージョンを復元」
に Snapshots が表示されるようになりました。
手動で指定した記憶はないので、どこかのバージョンアップの際に、
Auxiliary Parameters
に内容が転記されたのではと。
(そういえば、「共有を作り直せば直る」って見かけたような。結果としては一緒か)

no_snapshot_11.png

無事「以前のバージョンを復元」が並んでいます。
日時が飛び飛びなのは、 Periodic Snapshot Tasks で
□ Allow Taking Empty Snapshots
のチェックを外しているから。
(変更点が少ない場合、以前のバージョンを遡りやすい)


ついでに
Purpose
のバリエーションを確認してみました。

TrueNAS CORE の SMB共有の Purpose のバリエーション

About

2022年03月13日 17:59に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「TrueNAS で Periodic Snapshot Tasks を設定する」です。

次の投稿は「TrueNAS CORE で RTL8125BG を使う」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM