TrueNAS 12.0-U2.1 がリリースされました

TrueNAS 12.0-U3 がリリースされました



1つ前のバージョン
TrueNAS 12.0-U2 がリリースされました

マニュアルアップデート用のファイルはhttps://download.freenas.org/12.0/STABLE/U2.1/にあるみたいです。

TrueNAS 12.0-U2.1

2分

U2からミッションクリティカルな用途にも使えるようになりましたって表は割愛。
TrueNAS 12.0-U2 がリリースされましたを参照してください)

2021年2月23日

iXsystemsは、TrueNAS 12.0-U2.1の一般提供を発表します。これは、TrueNAS Enterprise アップデートトレインが有効になる前に、いくつかの特に目につくバグを修正するためのマイナーなホットパッチリリースです。主な変更点は、Enterpriseのお客様向けに生成されている「コアファイル」アラートの多くをクリアすることです。このリリースに含まれる変更点の詳細については、TrueNAS 12.0-U2 リリースノートを参照してください。

これらの修正が行われたことで、エンタープライズ顧客向けのTrueNAS 12.0アップデートトレインが有効になりました。エンタープライズのお客様は、TrueNAS 12.0の改善されたパフォーマンス、安定性、セキュリティを活用するために、iXsystemsサポートに連絡して、システムのアップデートウィンドウをスケジュールすることを強くお勧めします。


TrueNAS 12.0-U2.1 の変更履歴

バグフィックス

  • [NAS-109434] - Active Directoryドメインの参加に関する問題を解決します。
  • [NAS-109454] - 無関係なコアファイルの警告を抑制します。
  • [NAS-109490] - HAに保留中の更新を適用する際には、正しい表現を使用してください。

既知の問題点

(U2の時と同一に見えます)
キー 概要 回避策
NAS-106992 永続L2ARCはデフォルトで無効になっています。 根本的な問題は修正されていますが、この設定は、追加のパフォーマンス調査のためにデフォルトで引き続き無効になっています。永続的なL2ARCを手動で再アクティブ化するには、TrueNAS Webインターフェースにログインし、System > Tunables に移動し、これらの値で新しい tunable を追加します。
  • Type = sysctl
  • Variable = vfs.zfs.l2arc.rebuild_enabled
  • Value = 1
  TrueNAS「root」ユーザーアカウントをSMBユーザーにすることはできません。 これは、ソフトウェアのセキュリティとさまざまな環境での展開への適合性を向上させるための意図的な変更です。別のユーザーアカウントを使用するようにSMB構成を更新します。
NAS-109078 TrueNAS Enterpriseライセンスサマリーは、名前で拡張シェルフをリストしないかもしれません。これは、エンクロージャーの管理や拡張シェルフの機能には影響しません。  

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2021年02月26日 18:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「パソコンのデータをテレビで見る(2021)」です。

次の投稿は「TeraStation のディスク消去にかかる時間」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM