TrueNAS 12.0 用のハードウェアを考えてみる

TrueNAS 12.0 を利用して新規にNASを構成するために、どのようなハードウェアを選ぶか。
中古のパソコンなどを転用するようなベースがある場合を別として、

FreeNAS 11.3がリリースされた時に公開されたFreeNAS Hardware Guide(部分的に日本語訳したFreeNASハードウェアガイド)や、
TrueNAS 12.0 のハードウェア要件

などを考慮して家庭用で構成するとしたら…と考えてみたものです。
この構成で運用している訳ではないのであしからず。


小型のNASを構築するとしたら、


IN WIN 150W電源搭載 アルミシェルフロント採用 Mini-ITXケース Chopin-Black (型番:IW-BQ696B)

を軸に、Mini-ITXマザーと安いCPU、M.2 SSD、2.5インチ HDD×2台でミラー、
メモリは調達できる限り最大の容量で構成したらどうでしょうか。

仮想マシンなどを使う目的でなければ、CeleronやPentiumなどで十分と思います。
(ちょっとばかりクロックの高いモデルも不要)

 

M.2 SSDも、M.2であればINWIN Chopinの2.5インチベイを占拠しない、というだけですので、64GB以上のサイズであれば、NVMeでなく、SATAでも構わないと思います。


ASRock Intel 第10世代CPU(LGA1200)対応 H470チップセット搭載 Mini-ITXマザーボード 【国内正規代理店品】 H470M-ITX/ac

などは、M.2 スロットが2つもあるので、システムドライブのミラー化などもできていいのではないでしょうか。(M.2 スロットのSATA対応は片方だけのようですのでNVMeで構成する必要がありそうですが)

そこまでしないのであれば、


ASRock Intel 第10世代CPU(LGA1200)対応 H410チップセット搭載 Mini-ITXマザーボード 【国内正規代理店品】 H410M-ITX/ac

でも十分でしょう。
(M.2 に SATA を使うと、SATA3_0 が無効になるらしいですが、SATA は 4ポートあるので問題ないでしょう)

メモリ、
SSD
ハードディスクはお好みのブランド、容量、価格で選んだらいいと思います。
細かな性能や速度はNASの場合、イーサネットがボトルネックになるのであまり関係ありません。
Seagateの2.5インチのハードディスはのきなみSMRになってしまっていますが、頻繁に書き換えるようなら2.5インチのSATA SSDで構成してもいいかもしれません。
ただ、自分の使い方だと、NASは割といったん書き込んだらあまり書き換えないんですよね。


もっとたくさんのハードディスクを搭載したい場合は、3.5インチベイの数を重視して、


Antec ストレージ性能を高めたATX対応サイレントミドルタワーPCケース「P101 Silent」 BLACK


Fractal Design Define R5 Black Pearl PCケース CS4987 FD-CA-DEF-R5-BK


Fractal Design Node 804 black MicroATX PCケース 日本正規代理店品 CS4710 FD-CA-NODE-804-BL-W

などのケースを起点にして構成したらいいのではないでしょうか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1828

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2020年11月18日 23:59に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「TrueNAS の SMB を ACL Manager で説明してみる」です。

次の投稿は「TrueNAS のハードディスク交換手順」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM