J4205-ITX で Windows 7 32ビットは断念

ASRockのサイトで、

ASRock-Windows 7 を Intel 100 / 200 / SoC シリーズと
AMD AM4 シリーズプラットフォームにインストールする方法

というのを見つけて、

N3000 / J3000 シリーズ

USBドライブとその他のマウスまたはキーボードを使用する場合

ソリューションC

というところに、Windows 7のISOイメージからドライバを組み込んだブート可能なUSBメモリを作成できる Win 7 USB Patcher というのが入手できるのに気がついた。

N3000 シリーズとあるので、 Intel Braswell 系列 SoC
http://asrock.pc.cdn.bitgravity.com/Utility/UsbPatcher/Win7UsbPatcher(v2.0.21_Braswell).zip
は当然のこと、
Interl Apollo Lake 系列 SoC
http://asrock.pc.cdn.bitgravity.com/Utility/UsbPatcher/Win7UsbPatcher(v2.0.21_Apollolake).zip
なんてのまで提供されているので、Apollo Lake の J4205-ITX もWindows 7化できたりして、
と思って挑戦。

結論:CSMを有効にすればWindows 7はインストールできるがグラフィックスドライバがない。(厳密には、32ビット版をインストールしようとしたので、32ビット版の当該ドライバが見つけられなかった。64ビット版のグラフィックドライバは見かけたので64ビットならイケるかもしれないけど、レガシーなソフトウェアをエミュレーションなしで動かすためなので関係ないので試さない)

パッチャー自体は簡単なのでいいと思うんだけど、この辺がWindows 7との境界かあ、と言う感じ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1717

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2019年04月04日 23:31に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「FreeNAS 11.2-U3」です。

次の投稿は「コーヒーメーカー選び 2019」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM