PSP システムソフトウェア バージョン 1.50 アップデート

PSPのシステムソフトウェアのアップデートが発表されたようです。
注意:このページでは1.50アップデートを配布しているわけではありません。

さっそくネットワークアップデートを試してみる。 おおー。無線でアップデートしてるぞ。かっちょえー。
3DAYS PRIEST 3rd | PSPアップデート

ネットワークアップデート、家のルーターWR7800Hでは、なぜかワイヤレスLANの接続がうまくいかなくて…。どっかの設定が専用のモードになってるんだろうな…。
トリプルワイヤレス同時通信が問題なのかな…。
でも、VAIOにPCカード付けて高速通信するために買ったのに…。


でもまあ、アップデートの方法はいくつか用意されているようなので、ワイヤレスLANが使えないからと悲嘆しなくてもいいはずです。

■アップデート方法
下記のいずれかの方法により、PSP®のシステムソフトウェアを更新することができます。

ネットワークアップデート
PSP®本体のネットワークアップデート機能を使って、アップデートします。PSP®の取扱説明書もあわせてご覧ください。

パソコン経由でアップデート
アップデートデータをダウンロードして、"メモリースティック デュオ"に保存します。保存したデータをPSP®で起動して、アップデートします。

PSP専用ソフトウェアでアップデート
アップデートデータを含んだゲームを使って、アップデートします。アップデートデータは、図のようなアイコンで表示されます。
“PSP”(プレイステーション・ポータブル)|“PSP” システムソフトウェア バージョン 1.50 アップデート

まあ、ぶっちゃけて言うと、ワイヤレスLANによるインターネット接続か、メモリースティックDUOにアップデータを入れるか、アップデータの入ったゲームを使えばアップデートできるというわけですな。


で、肝心の更新される内容としては、

■PSP® システムソフトウェア バージョン 1.50の更新内容
[設定]
表示言語の増加
[ビデオ]
動画を再生する際、他の動画を再生しても画面モードの設定が解除されないようになりました。
スリープモードから復帰したときに、以前に再生していた動画の続きから再生できるようになりました。
[ミュージック]
スリープモードから復帰した場合、以前に再生していた曲の続きから再生できるようになりました。
MP3形式の音楽データのファイル名やフォルダ名にアクセント付きアルファベットを使用できるようになりました。
[フォト]
画像ファイルのファイル名やフォルダ名にアクセント付きアルファベットを使用できるようになりました
“PSP”(プレイステーション・ポータブル)|“PSP” システムソフトウェア バージョン 1.50 アップデート

まあ、バージョン番号が、1.00から1.50へと大躍進するわりには大した変更ではないような気がしますが、動画の画面モードが動画ごとに記憶されるようになったことと、スリープから復帰したら続きから動画が再生できることは朗報ですね。
もっとも、動画のジャンプ機能が結構手軽に使えるので、まあそんなに不便しているわけではなかったですが。

音楽再生も同様らしいのですが、音楽に関しては、スリープに入る前の場所の続きでなくてもさほど困らないので、どってことないですね。

そういや、リモコンで電源OFFって機能つかないのかなあ…。リモコン使ってないけど、PSP専用ケースに入れてると、電源スイッチはヘッドホンジャックの反対側なので、ケースから一旦取り出さないと電源切れないんですよね…。ささいなことですが。

あと、液晶つきのリモコンが出て欲しいのと、バッテリーを単体で充電できる専用充電器が待ち望まれます。とはいえ、PSPのバッテリーの取り替えは、ハンディカムほどイージーじゃないのが惜しいです。頻繁に取っ替えてたらいずれコワレそう。

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2005年03月29日 09:15に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「耳掛け式ヘッドホン MDR-Q55SL(N)」です。

次の投稿は「Google Desktop Search 日本語版」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM