BitTorrentのトラッカー依存性

BitTorrentネットワークは、P2Pファイル転送ソフトウェアですが、クライアント同士が情報を交換するために、トラッカーというサーバーを利用する必要があります。

トラッカが落ちたら、まったく機能しない仕組になってますから~!
BitTorrentの有望分野と信頼性向上策の提案 @ zerobase cast

そこで、こんなことが言われてしまうわけですが、一つのファイルは一つのトラッカーだけしかホストできないわけではないので、バックアップトラッカーとして、複数のトラッカーで同じファイルがホストされれば全く問題なく1つのトラッカーは落ちていられます(意味不明)。

このトラッカー自体を複数用意すれば何とかなるんじゃないかっていうことと、トラッカー自体の負荷はファイルサイズに対して、大した物ではない、という点で、そんなに気にするほどのこともないと思います。

また、FTPだと、複数のサイトにミラーを設置するには、その分ファイルを転送しなければならないところを、BitTorrentなら、ユーザーさえ集まってくれば、その作業は不要である、という点もFTPに比べていい点でしょう。

ただ、アンダーグラウンドなファイルを交換できるという点では確かに問題を抱えていないとは言い切れませんが、トラッカーという情報の中継地点を押さえることである程度効果的に抑制できるのではないでしょうか。


2005.8.1追記
私が使用しているBitCometはバージョン0.59からDHTネットワーク機能を搭載しました。オリジナルBitTorrentクライアントと同等の機能で、トラッカーレスで通信ができるそうです。

また、Azureusも、仕様が違うながらも、DHTネットワーク機能を搭載しており、トラッカーがなくても通信できます。

コメントを投稿

(コメントは、オーナーが承認するまで表示されません)

About

2004年10月25日 12:55に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「すくーるらんぶる アニメ放映中」です。

次の投稿は「BitTorrentについての記事」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM