FreeNAS でブートデバイスをミラー

FreeNAS はブートデバイスをミラーリングして、ブートデバイスの障害に備えることができるようです。

5.3.1. Mirroring the Boot Device

MicroServer で USBメモリを使ってブートしている場合は、内部スロットが1つしかないので、1個外側に来てしまって若干ダサイとは思います。とはいえUSBメモリに障害が発生してもブート環境が失われないので、たいした追加投資でもないので、設定したほうがいいのではないでしょうか?
(もっともユーザー数が限定的で、FreeNASの設定自体もあまりあれこれしていないのであれば、新しい環境を作ってVolumeをインポートするだけでもいいかもしれませんけどね)

注意:もう1つのブートデバイスを追加するときは、既存のものと同じサイズ(または大きいサイズ)でなければなりません。表示上では同一の容量だとしても、型番が違えば必ずしも同じ容量であるとは限りませんので、USBメモリは同一モデルを使うことをおすすめします。

なんて注意もありますので、最初に2本同じものを買っておくほうがいいでしょうね。
(ただ、いざ故障した時にどっちが故障したのか分からない、なんてこともありますので、あえて容量違いやメーカー違いを購入しておく方法もあるかも知れません)

freenas_boot_01.jpg

System - Boot -Status


freenas_boot_02.jpg

freenas-boot という zpool が存在し、シングルドライブの stripe 設定になっているのが分かります。

freenas_boot_03.jpg

freenas-boot を選択すると、下部に Attach が出現するのでクリック

freenas_boot_04.jpg

利用可能なドライブがプルダウンで選べますので、選択して
Attach Disk

freenas_boot_05.jpg

しばらくすると freenas-boot が mirror-0 になって、先ほど追加したデバイスとミラーリング構成になったのが分かります。

仮想環境の仮想ハードディスクなのでResilverは一瞬ですが、USBメモリの時はそれなりに時間がかかります。

freenas_boot_06.jpg

ESXi環境のFreeNASなので、元の起動用の仮想ハードディスクを削除して取り外して実験してみました。

freenas_boot_07.jpg

当然 Alert のランプが赤点灯し、ブートボリュームが縮退モードであることが表示されます。

新しい仮想ハードディスクを追加してから再起動。
BIOSで起動順序を変更して、先ほど追加したデバイスから無事起動できました。

freenas_boot_08.jpg

System - Boot - Status

freenas_boot_09.jpg

片方のデバイスが REMOVED となっています。

freenas_boot_10.jpg

変な文字になってて Status が REMOVED になっている方を選択し、
Replace

freenas_boot_11.jpg

再び使用できるデバイスがあればプルダウンで選択できますので、選択して、
Replace Disk

freenas_boot_12.jpg

しばらくしてUIをリロードすると、 Alert ランプがグリーンに。

System - Boot - Status

で確認すると元通り復元できたのが分かります。

これで、ハードディスクはraidz1やraidz2で保護され、ブートデバイスはミラーリングで保護されていることになります。

解除するときは Shell で

zpool status freenas-boot

で構成を確認して、外したい方(誤操作に備えて片方外してやるといいと思うけど)のデバイスIDを確認して、

zpool detach freenas-boot (確認したデバイスID)

とするとシングル運用に戻せます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1510

コメント (4)

岩崎:

こんちは
FreeNAS でブートデバイスをミラーリングしてクラッシュに備えようと思っているのですが
記事通りに作成して、試験をしたのですが、うまく動作しません、
USBは挿しっぱなしにして、ミラーした、usb起動で
良いのでしょうか?

済みません、素人質問です、よろしくお願いします。

Kirishima [TypeKey Profile Page]:

ハードディスクのミラーと同様に、USBメモリをミラー化したら2本とも挿したままでそのまま使うだけです。
万が一片方が使えなくなったら、新しいUSBメモリと交換する運用なので、何がうまくいかないのかが分かりませんが……

岩崎:

回答ありがとうございます
うまくいかないのは、ミラーで作ったUSBに差し替えて
Freenasを起動させてみましたら動作しないのです。

起動USBが故障しないと、ミラー側のUSBは動作しないのでしょうか、済みませんよろしくお願いいたします

Kirishima [TypeKey Profile Page]:

実機のFreeNAS 9.10.2-U3で再度確認してみましたが、
起動用のボリュームのResilverが結構時間がかかったのを除けば、
仮想マシンでテストしたときのように、Resilver完了後にもとのUSBメモリを取り外して、追加したUSBメモリから起動するように起動順序を変更してやるだけで普通に起動しました。

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2015年07月12日 17:51に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Norton AntiVirus がアップデートしてうるさくなった」です。

次の投稿は「ロジクール Logicool MX1500 MX Anywhere 2」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM