FreeNAS 9.2.1 Release on hp MicroServer N54L

FreeNAS 9.2.1 が Release になったので、hp Proliant MicroServer N54Lに試してみた。

・Sambaが4.1.3になり、
  SMB3に対応した
  ドメインコントローラーになれるようになった
・OSXのファインダーでAFPを利用するときの不具合を修正
・ZFSスナップショットのための管理画面を追加
他189個のバグ修正

クライアントとしてWindows 8などを利用しているユーザーにとっては、SMB3対応で共有フォルダへのアクセスのパフォーマンスアップが期待できるかと思います。
また、ビジネス用途の場合も、Windowsのプライマリドメインコントローラーさえあれば、FreeNASをドメインコントローラーとして参加させたりすることもできるようなので、ちゃんと動けば9.2.0からアップデートする価値の高いバージョンかと。ビジネス用途でそんなにチャレンジングなことはできない、というのもあるでしょうが、死にかけている古いNASの代わりとしては十分ではないかと思います。
(なお、Windows 2012 R2ネイティブのドメインコントローラーにはなれないっぽく、手元の設定ダイアログでは 2000,2003,2008,2008_R2 のフォレストレベルが選択できるようです。ドメインコントローラーは2008 R2までっぽい)

手元にUSB外付けCD-ROMドライブがないので、今回はUSBメモリにイメージ書き込みで。

2014年9月3日追記
FreeNAS 9.2.1.7 で下記を見直した記事を作成。
FreeNASの新規インストール後の初期設定

FreeNAS.orgより

Download -> No Thank You, Let Me Download FreeNAS Please

から

Legacy and 32-bit Downloads

の下にある

FreeNAS-9.2.1-RELEASE-x64.img.xz

をダウンロードしてきて、7zで展開。(9.2.1.x の途中のバージョンから展開不要の .usb イメージが配布されています)

Win32 Disk Imager

win32diskimager-v0.9-binary

を使用してUSBメモリに書き込み。
他には、DDforWIN とか VMware 上の仮想マシンでISOイメージをマウントして作業するとかという方法もあるみたい。

手持ちの8GBのを使ってるけど、4GBあればいいのかな?

できたUSBメモリをN54Lの内部のUSBポートに差して起動。

ハードディスクは手持ちの余ってるSATAを4発、ケージに装填。
(最近余りだした1.5TBのBarracuda 7200.12、ST31500341ASと、Barracuda LP ST31500541AS)

FreeNASのRaid-Z2を使うつもりなので、BIOSで、内蔵IDEをAHCI、書き込みキャッシュ無効にしておく。


起動。

フツーに起動する。
(ちなみに内蔵IDEをRAIDにしておくとHALTしてた)

コンソールで、IPアドレスの設定だけ変更して、あとはGUIで設定する。
(デフォルトゲートウェイとDNSの登録も簡単なのでここでやってしまってる)

WindowsのChromeでIPアドレスを叩くと、rootのパスワード設定が要求されるので、いつものを設定。

Settings タブで、

Timezone を Asia/Tokyo に
Language は日本語にするとかえって意味が分からないのでEnglishのまま

Save

Network で、

ホスト名を設定

Save

Account - Users - Add User から

ローカルユーザーとして、自分がWindowsで使っているユーザー名と
パスワードを登録し、ローカルグループを作成すると共に、Wheelのグループにも参加させておく。

Storage -ZFS Volume Manager

Volume Name Oracle で tank 使うみたいなんでなんとなく tank とする。まあ何でもいいんだけど。

"Drag and drop this to resize"
というボタンみたいなのを右にいっぱいにドラッグすると、ドライブ4台の場合は、
RaidZ2
が選ばれる。(ダブルパリティなので、容量は-2台分)

Add Volume をクリックしてボリュームを作成するが、
インターフェースが変わらないので、ブラウザを閉じて再度開き直す。

できたボリューム tank を選択して、

Create ZFS Dataset

Dataset Name に共有フォルダ用の名前をつけて、

Add Dataset
またインターフェースが変わらないので、ブラウザを閉じて再度開き直す。

できたDatasetを選択して、

Change Permissions

Mode で、 Group の Write にチェックが入っていないので入れる。
(無制限やrootで運用してもいいんだけど、会社用の勉強も兼ねてるので、ユーザー管理ができるようにする習慣)

Type of ACL はUnixのまま

Storage - Periodic Snapshot Tasks - Add Periodic Snapshot

スナップショットはZFSの特徴的な機能で変更点が少なければ素早く撮れるので、自分が主に使う時間帯・曜日を指定しておく。会社行ってたり寝てたりしてデータの変更がない時間は外す、という設定方法。
RecursiveはVolumeを指定したときに、作成したその中のDatasetを再帰的に、という意味っぽい。
タスク1つでVolume全体のスナップショット撮るならチェック。
これを設定しておくと、Windowsの「以前のバージョン」でファイルを復元できるようになるらしい。
(CIFSを先に設定してしまった場合は、CIFSを再起動する)

OK

Services - CIFS

DOS charset CP932

あとはそのままOK

Sharing - Windows (CIFS) Shares - Add Windows (CIFS) Share

Name に共有名

Path の Browse をクリックして先ほどの ZFS Dataset を選択

あとはデフォルトのまま OK

CIFSサービスを開始するか聞かれるので開始する。

以上で一応、Windows 向けのNASとして稼働し始める。

#現在、Reportingのいくつかのグラフが更新されないのが気になる。

freenas921.jpg

Windows 7 にドライブ割り当てしてCrystalDiskMarkしてみた。

freenas921w8.jpg

Windows 8 でやってみるとこんな感じ。

9.2.1.1がリリースされました
FreeNAS 9.2.1.1 Release

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1424

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2014年02月19日 21:58に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「メインPCのハードディスクにバッドセクタが」です。

次の投稿は「Seagate の 保証および交換 を利用する」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM