ZIPPO ハンディウォーマー点火動画

ZIPPO ハンディウォーマーの点火動画を撮ってみた。
我流ですが、これで何年もやってきているので、
炎の当て方と点火時間の参考にでもなればと。
(バーナー/火口部に炎を当てないのと、すすがつかないようにするのが目的の方法です)

もちろん、外で点火する場合など、ハンディウォーマーが冷え切っている場合は手で温めて気化を促してやるなどの対応が必要かもしれません。

ちなみに、USAから直輸入版の

ZIPPO(ジッポー) ハンドウォーマー ブラック #40287

はこうはいきません。

だいたい30秒くらい、しかも、バーナー付近が触ってて熱くなるまであぶる感じです。

ZIPPO ハンディウォーマー 2005
ハクキンカイロ PLATINUM 火口 生産終了

特に寒い日は燃料の気化を促すために、V型の金具をあぶるようにします。
金具から伝導で本体が温められ、内部より気化した燃料が出て来て点火できます。

火口の寿命を長持ちさせるために、できるだけ火口が高温にならないように点火するようにしています。
(が、いずれにしても1シーズン使うと明らかに性能落ちるのでケチらず買い換えるしかないですね)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1348

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2012年11月28日 12:32に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「Nine Eagles AnyLink → General Link」です。

次の投稿は「ZIPPO ハンディウォーマー用燃料を検討する」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM