ZIPPO(ジッポー) ハンドウォーマー ブラック #40287

handy_usa_01.jpg

USより直輸入という黒いボディに惹かれて購入してみました。
が、従来品を持っている人は互換性がないので手を出さないほうがいいかもしれません。


まずボディの塗装が、Amazonの写真だけだと、チタンのヘアライン仕上げのようなイメージが湧くのですが、実物は、フツーにツヤのあるブラック塗装です。言うなれば米軍の払い下げ品のような雰囲気、というところでしょうか?
(今は写真の内容が改善されて、そういう勘違いはしにくくなったと思います)

付属の取扱説明書は英語、韓国語、中国語です。

ハクキンカイロのOEMっぽい従来品に対して、こちらは、POCKET WARMER i-HOTのOEMのようです。
Zippo2010USAとi-HOT

handy_usa_02.jpg

バーナー部。従来品と違ってV字型になっていないので、従来品になれている身としては点火距離の感覚がつかめません。

説明書の図はどこをあぶっているか判りませんが、火口の触媒の根元部分をめがけて、従来品よりやや長めにあぶれば良さそうです。
(下の緑色で示されているあたり)
20120119202057deb.jpg
ZIPPO ハンドウォーマー ブラック その後 | エボリアヌーメ

zippo_hw_04.jpg
冬場の寒さ対策にZIPPO(ジッポー) ハンドウォーマー ブラック #40287買ってみたよ│レビュー│OrangeCafe

handy_usa_03.jpg

フリースの袋。ちょっとスエード調で高級感があるかもな、と思いましたが、口がマジックテープでないぶん、締まりが悪いかも。
(というか、ひょっこり中身に顔を出されると火傷モノです)

handy_usa_05.jpg

バーナー(火口)を外したところ。
中綿の交換は、内ケースでも外れないとできなさそうです。

handy_usa_06.jpg

従来品とのバーナー比較。左がUSA版、右が従来品。

handy_usa_07.jpg

USA版はすこし火口部分が大きいので、従来品は奥までささらず、互換性がないのが分かるかと思います。

厳密な能力比較をしたわけではないですが、従来品になれた身にはいろいろと気になる点が多いですが、このモデルから始める人はそれでもいいかもしれません。
ただし、消耗品は専用品を見分けて購入する必要があります。

これも仲間っぽいです。

従来品はこちら。

  


ハクキンカイロは、従来品の銀色の方と消耗品ともども互換性があります。

    


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1266

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2011年12月25日 15:08に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「PSVita の初期設定」です。

次の投稿は「2011年の10大ニュース」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM