FreeNAS Corral は仕切り直しらしい

FreeNAS Corral がダウンロードできなくなったな、と思ってコミュニティを覗いてみたら、

Important announcement regarding FreeNAS Corral

というスレッドが上がっているのに気づきました。

どうやら、不安定性や9.10からオミットされた機能(jails、iSCSIなど)などについて大不評で、UIの開発チームが解散してしまっていることから、作り直したUIもMacで動かないところがあったりして、もう一度9.10から開発し直すみたいです。

続きにGoogle翻訳をベースに多少手直しをしたものを載せておきます。
(自動翻訳、意味の通らないところを文単位で手動翻訳、日本語のテキストを読み直して修正)


FreeNAS Corralに関する重要なお知らせ

Kris Moore
エンジニアリングディレクター
モデレータ
iXsystems

tl;dr: FreeNAS Corralは、当初リリースされていたものを「TECHNOLOGY PREVIEW」ステータスに移行して、FreeNAS 9.10ベースの新機能を再構築することに精力的に取り組むことにしました。

FreeNAS®ユーザーの多くが知っているように、私たちは3月15日にFreeNAS Corralをリリースしました。最初のコミュニティの対応は大部分がポジティブでした。 特に、更新されたUIとVM / Dockerのサポートに関しては、多くの興奮がありました。 しかし、初期ユーザーの半分近くがFreeNAS 9.10に戻っていることもわかりました。 9.10からのアップグレードの手間、全般的な不安定性、9.10にあった機能(Jails、iSCSIなど)の欠如、および一部のユーザーがFreeNAS Corralがより多くのシステム・ハードウェア資源を要求することから期待されるより低いパフォーマンスを経験していること。 FreeNAS Corralプロジェクトからその後の多数のユーザーが離脱していることにより、Corralの機能、利点、および問題点を再検討し、今後の計画を変更することに決定しました。

私たちが新しいプランを発表する前に、少し背景のお話をすることは多分適切でしょう。 ご存じの人もいるでしょうが、FreeNAS Corral GUIは、もともとチームと共に働いていたMontage StudiosのMontageJSフレームワーク上に構築されました。 残念なことに、製品の開発中に、Montage Studioチームが解散し、MontageJSフレームワークの開発が遅れました(これは私たちが経験することになったブラウザの非互換性の一部を説明しています)。 だから、リリース後の私たちの最初の目標は、より一般的なフレームワーク上で同じUXをベースにして、FreeNAS Corral UI(はい、もう一回!... / sigh)を作り直すことでした。 大したことではなく、実際にチームのUI作業を追加するだけですが、今回はより一般的なフレームワークを使用しているため、コミュニティからの貢献度を上げ、より迅速な開発が可能になります。 その新しいフレームワークがUIのために準備されたら、次の段階はFreeNAS 9とFreeNAS Corralコードベースとエンジニアリングチームのマージを開始することでした。

しかし、リリース後のユーザーコミュニティからのフィードバックの量が多かったことに対応して、製品の完全なエンジニアリングレビューを行い、VMがホストのファイルシステムにアクセスできるようにするPlan 9ファイルシステムコードを詳しく調べ始めました。 そうすることで、9pfsを使用してファイルにアクセスすることはエンタープライズ品質では不可能であり、より安全にこの機能を有効にする方法を再考するよう促すいくつかの穴が発見されました。

コミュニティーからのフィードバックとiXでの多くの社内審議の結果、FreeNAS Corral(現時点で構築されているもの)を品質、信頼性、およびデータの完全性の許容基準に引き上げるためにまだ必要とされる作業の量が不合理な時間になると判断しました。 適切に安定したエンタープライズにふさわしいCorralへのより迅速な道筋は、FreeNAS 9.10コードから再構築し、現在のFreeNAS Corralが提供する新機能のいくつかを取り込み、より成熟したプラットフォームにすることです。 このプロセスは、既にVMコンテナのサポートとまったく新しいAngularベースのUIがすでに9.10のナイトリーで既に利用可能となって始まっています(これについては以下を参照)。

当分の間、FreeNAS Corralの現在のリリースは実験的ブランチとして扱われ、 "RELEASE"から "TECHNOLOGY PREVIEW"のステータスに変更されます。これは、冒険的なダウンロードと実験が可能ですが、実稼働環境では使用できません。 これはまた、現在のCorralから次のFreeNAS Corral製品に構成設定を移行することができないことを意味します(ただし、データは常にインポート可能です)。

この新しい方向性は、FreeNAS 9の伝説的な安定性とFreeNAS Corralの素晴らしい新機能を融合させ、GUIを新しいTypescriptフレームワークと交換する次のリリースに注力することができるようになります。 これは、両方の世界(安定性+機能)のベストを提供し、堅固で安定したFreeNASリリースへのはるかに高速なパスであるという利点があります。 実際、FreeNASの元々のチームの多くは、すでに9シリーズを入手して、FreeNAS Corralに導入された次の安定版ですぐにリリースされるFreeNAS Corralのために、いくつかの新機能を併合するプロセスを開始しました。

その間、次回リリースのFreeNAS 9.10.3は現在5月に予定されており、現在のロードマップを見ていきましょう。

  • 新しいAngularベースのWeb UI:9.10.3のリリースに先立ち、9.10ナイトリーで早期の作品を試してみることができます。
    FN11-UI.jpg
  • jailsとjailベースのプラグインのサポートを拡張し、改善する:より軽いシステム要件との最大限の互換性。
  • VMサポート:新しい「VM」メニューを追加しました。このメニューにより、FreeNAS上で独自の仮想マシンをホストし、9.10.3に配置することができます。
  • Dockerのサポート:仮想マシン駆動のサービスとして。
  • DevOpsクラスのアラート、PagerDuty、AWSアラート、OpsGenie、およびSlackのサポートを改善しました(9.10.3を参照)。
  • ローカルおよび分散S3バケットサポート:9.10.3の初期作業着陸。
  • FreeBSD 11-stable base:9.10.3での着地

これらの項目のほとんどはすでに積極的に開発されており、利用可能になって詳細を共有することができるのを楽しみにしています。 いつものように、私たちは、ベータテストコミュニティに、ナイトリーでこれらの機能をテストし、 公式のトラッカーにフィードバックとバグレポートを提供するようお願いします 。

あなたの継続的なサポートとFreeNASの使用に感謝します。 毎日この製品をより良くするすべてのユーザーとファンに感謝します。

iXエンジニアリングチームを代表して、


クリス・ムーア
エンジニアリングディレクター
iXsystems

モデレーターメモ:

Resourcesセクションに FreeNAS Corralから FreeNAS 9.10.2への移行についてのFAQがあります。 あなたはこのリンクで見つけることができます。

- Ericloewe

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kirishima.it/mt/mt-tb.cgi/1593

コメントを投稿

( TypeKey にサインインせずにコメントされる場合は、オーナーが承認するまでコメントが表示されません。 他のMovableType系でも使えますので、TypeKey の取得を絶賛推奨します。)

About

2017年04月18日 10:44に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「EPSON EP-879AB を買った」です。

次の投稿は「YOGA BOOK を半年ぐらい使ってみた」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35
Powered by 鳥繁・COM